443件中 61 - 70件表示
  • 江の島

    江の島から見た長尾景仲

    宝徳2年(1450年) - 関東管領上杉氏重臣長尾景仲による鎌倉公方足利成氏政権転覆の計画が明らかとなり、鎌倉を脱出して江の島に逃れた成氏とこれを追跡してきた景仲の間で江の島を巡って攻防戦が行われた(江ノ島合戦)。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た落合芳幾

    落合芳幾 『福神江の嶋もうで』江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た皇慶

    「江嶋縁起」(11世紀に皇慶が書いたと伝えられる)によれば、欽明天皇13年(552年?)4月に海底より塊砂を噴き出し、21日で島ができたと伝えられている。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た藤原秀衡

    八臂弁財天 - 鎌倉時代初期の作。源頼朝が鎌倉に幕府を開くとき、奥州の藤原秀衡調伏祈願のため、文覚上人に命じて造らせたと伝えられる。「木造彩色弁才天坐像」として県指定文化財(彫刻)。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た辻原登

    辻原登 『片瀬江ノ島』江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た江ノ島

    児玉神社(公式サイト) - 神奈川県藤沢市江ノ島鎮座江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たツバキ

    1994年(平成6年) - 江の島植物園(ツバキ)、かながわ花の名所100選に選定。奥津宮近くに龍宮大神(わだつみのみや)が祀られる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たイセエビ

    江の島の人口は、江戸時代から明治、大正にかけて600から700人台に漸増した。昭和に入って急増し、1,000人を突破する。ピークは1955年(昭和30年)の1372人で、東京オリンピック以後は急減する。人口は、2014年3月時点で江の島一丁目が252人、江の島二丁目が110人、島全体で362人である。年齢別人口構成は一丁目、二丁目で顕著な差はなく、0-14歳が8%、15-64歳が53%、65歳以上が39%程度である。職業別人口の島のみのデータは見当たらないが、第三次産業人口が圧倒的であることは間違いない。第一次産業人口として水産業従事者も若干居住する。伝統的な漁法としては、イセエビの「磯だて網」漁業を中心に、磯場での「テングサ潜り」、「見突き・ツキンボ」、サザエ・アワビの潜り漁業などの沿岸漁業で、漁獲物は古くから島内の宿坊、旅館、飲食店の食膳に上ったり、土産物として販売された。戦前から戦後しばらくは、相模湾から大島沖に5月から9月の間、回遊してくるカツオを追う一本釣りも行われていた。東岸の埋立が行われ、江の島漁港が整備されてから新しい漁法も加わった。江の島沖合の大型定置網漁業や、9月から3月にかけてワカメ養殖も行われている。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た日露戦争

    1918年(大正7年) - 日露戦争で活躍した明治時代の軍人・児玉源太郎を祀る児玉神社が創建された。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た鎌倉市

    1951年(昭和26年) - 伊豆大島から連れてきた54匹のタイワンリスを江の島植物園で飼育。後に台風で飼育小屋が壊れて逃げ出し、弁天橋を渡って鎌倉市内に入り込んで繁殖するようになったといわれる。江の島 フレッシュアイペディアより)

443件中 61 - 70件表示

「江の島花火大会」のニューストピックワード