423件中 61 - 70件表示
  • 江の島

    江の島から見た富崎春昇

    『春の江ノ島』- 箏曲、1935年(昭和10年) 作曲:富崎春昇 作詞:笹川臨風。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た藤原秀衡

    八臂弁財天 - 鎌倉時代初期の作。源頼朝が鎌倉に幕府を開くとき、奥州の藤原秀衡調伏祈願のため、文覚上人に命じて造らせたと伝えられる。「木造彩色弁才天坐像」として県指定文化財(彫刻)。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た狩野派

    江島縁起絵巻 - 5巻。金界天地金箔切砂子紙本。延寶年間、狩野派絵師の筆。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た辻原登

    辻原登 『片瀬江ノ島』江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たツバキ

    1994年(平成6年) - 江の島植物園(ツバキ)、かながわ花の名所100選に選定。奥津宮近くに龍宮大神(わだつみのみや)が祀られる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た姫路城

    1804年(文化元年) - 姫路城主 酒井雅楽頭源忠道が中津宮境内に「江島弁財天女上宮之碑」を建立。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た木喰

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。1182年(寿永元年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た伊豆大島

    1951年(昭和26年) - 伊豆大島から連れてきた54匹のタイワンリスを江の島植物園で飼育。後に台風で飼育小屋が壊れて逃げ出し、弁天橋を渡って鎌倉市内に入り込んで繁殖するようになったといわれる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たイセエビ

    江の島の人口は、江戸時代から明治、大正にかけて600から700人台に漸増した。昭和に入って急増し、1,000人を突破する。ピークは1955年(昭和30年)の1372人で、東京オリンピック以後は急減する。人口は、江の島一丁目が285人、江の島二丁目が121人、島全体で406人である。年齢別人口構成は一丁目、二丁目で顕著な差はなく、0-14歳が8%、15-64歳が53%、65歳以上が39%程度である。職業別人口の島のみのデータは見当たらないが、第三次産業人口が圧倒的であることは間違いない。第一次産業人口として水産業従事者も若干居住する。伝統的な漁法としては、イセエビの「磯だて網」漁業を中心に、磯場での「テングサ潜り」、「見突き・ツキンボ」、サザエ・アワビの潜り漁業などの沿岸漁業で、漁獲物は古くから島内の宿坊、旅館、飲食店の食膳に上ったり、土産物として販売された。戦前から戦後しばらくは、相模湾から大島沖に5月から9月の間、回遊してくるカツオを追う一本釣りも行われていた。東岸の埋立が行われ、江の島漁港が整備されてから新しい漁法も加わった。江の島沖合の大型定置網漁業や、9月から3月にかけてワカメ・コンブ養殖も行われている。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たタイワンリス

    1951年(昭和26年) - 伊豆大島から連れてきた54匹のタイワンリスを江の島植物園で飼育。後に台風で飼育小屋が壊れて逃げ出し、弁天橋を渡って鎌倉市内に入り込んで繁殖するようになったといわれる。江の島 フレッシュアイペディアより)

423件中 61 - 70件表示

「江の島花火大会」のニューストピックワード

  • ASUS 最新ビデオカード紹介&What’s PC VR?