443件中 71 - 80件表示
  • 江の島

    江の島から見た姫路城

    文化元年(1804年) - 姫路城主 酒井雅楽頭源忠道が中津宮境内に「江島弁財天女上宮之碑」を建立。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た木喰

    四囲を海蝕崖に囲まれた険阻な地形、海蝕洞「岩屋」の存在は、古来宗教的な修行の場として江の島を特色づけてきた。奈良時代には役小角が、平安時代には空海、円仁が、鎌倉時代には良信(慈悲上人)、一遍が、江戸時代には木喰が参篭して修行に励んだと伝えられている。寿永元年(1182年)に源頼朝の祈願により文覚が弁才天を勧請し、頼朝が鳥居を奉納したことをきっかけに、代々の将軍や御家人が参拝したといわれる。鎌倉時代以後も、その時々の為政者から聖域として保護され、参詣されてきた。弁才天は水の神という性格を有し、歌舞音曲の守護神とされたため、歌舞伎役者や音楽家なども数多く参拝した。ことに音曲に関連する職業に多い視覚障害者の参拝も見られ、中でも関東総検校となる杉山和一の存在は特筆すべきである。参拝者のための宿坊も門前に軒を連ね、関東一円に出開帳を行うなどの活動も見られた。宿坊の中でも岩本院(江嶋寺=こうとうじとも呼ばれた)は有名で、現在の旅館「岩本楼」の前身にあたる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た伊豆大島

    1951年(昭和26年) - 伊豆大島から連れてきた54匹のタイワンリスを江の島植物園で飼育。後に台風で飼育小屋が壊れて逃げ出し、弁天橋を渡って鎌倉市内に入り込んで繁殖するようになったといわれる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たタイワンリス

    1951年(昭和26年) - 伊豆大島から連れてきた54匹のタイワンリスを江の島植物園で飼育。後に台風で飼育小屋が壊れて逃げ出し、弁天橋を渡って鎌倉市内に入り込んで繁殖するようになったといわれる。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た前田亘輝

    『江ノ島ブギウギ』- 作詞:前田亘輝・作曲:春畑道哉・歌:TUBE江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た磯部俶

    『緑の雨江の島』- 作詞:赤城芙士夫・作曲:磯部俶・歌:ボニージャックス江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た山縣有朋

    山縣有朋歌碑 「越えはまた里やあらむと頼みてし 杖さへ折れぬ老いの坂道」児玉神社境内江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たASIAN KUNG-FU GENERATION

    『江ノ島エスカー』 - 作詞:後藤正文・作曲:後藤正文・歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見た月岡芳年

    江の島を描いた浮世絵師 - 歌川国明、歌川国丸、二代目歌川国盛、歌川国安、歌川国芳、歌川貞秀、歌川豊春、二代目歌川豊国、三代目歌川豊国、四代目歌川豊国、歌川広重、二代目歌川広重、落合芳幾、勝川春章、勝川春好、二代目勝川春好、葛飾北斎、菊川英山、北尾重政、北尾政美、喜多川歌麿、二代目喜多川歌麿、喜多川月麿、窪俊満、玉川舟調、月岡芳年、魚屋北渓、豊原国周、昇亭北寿、柳々居辰斎。江の島 フレッシュアイペディアより)

  • 江の島

    江の島から見たボニージャックス

    『緑の雨江の島』- 作詞:赤城芙士夫・作曲:磯部俶・歌:ボニージャックス江の島 フレッシュアイペディアより)

443件中 71 - 80件表示

「江の島花火大会」のニューストピックワード