181件中 91 - 100件表示
  • 江原 啓之

    江原啓之から見た吉備国際大学

    江原 啓之(えはら ひろゆき、1964年(昭和39年)12月22日 - 歳)は、自称スピリチュアリスト、作家、オペラ歌手(バリトン)、吉備国際大学短期大学部客員教授、九州保健福祉大学客員教授江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見たベストセラー

    2001年 (36歳) カウンセラーの中森じゅあん(「日本算命学協会」 代表)から紹介を受けた三笠書房より出版した3冊目の自著『幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック』が70万部を超えるベストセラーになる。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た仮説検定

    テレビ番組などで行う江原の前世霊視は、イメージの良いものにばかり偏っていないか?などと疑問視されることもある 。『週刊文春』の2007年2月1日号によると、『オーラの泉』中で行った芸能人の霊視では、公家、武士、巫女、貴族、修道士、思想家といった職種ばかりで、日本、イギリス、フランス、イタリアといった国家の人間になぜか偏っているという。しかし、それを裏付ける集計やこの主張が統計的に有意であると検定した資料は示されていない。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た下町

    1964年(昭和39年)12月22日、東京都墨田区の下町で、薬品会社に勤めるサラリーマンの第2子として誕生。7歳上の姉を持つ。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た卒業論文

    しかし、國學院大學の卒業論文を書いている時に『ブラザー・サン シスター・ムーン』という映画を目にした江原は、すべてを投げ打って真理に従ったアッシジのフランチェスコの生き方に感動し、自身も「我」を持たず、霊界(天)が望む通りに、スピリチュアリズムを広める霊界の道具になろうと決意したという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た彫刻

    和光大学人文学部芸術学科に入学し、美術を専攻(,p127)。彫刻や音楽を学ぶ。大学の近くに移住する。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見たアルバイト

    警備のアルバイトをする傍ら、心霊現象の解決のため何人もの霊能者を訪ねるも解決できず、 自殺まで考えるほど精神的にも金銭的にも追い詰められた中で、20人目に出会った(財)「日本心霊科学協会」の講師(当時)寺坂多枝子に信頼を置く。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た渋谷区

    2002年、「La strada-イタリアへの道」を東京都渋谷区の音楽ホール「ムジカーザ」で開催。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た出家

    また、江原の指導霊は戦国時代に京都御所を護衛しており、後に出家して修験道の行者になり、加持祈祷で人々の病気を治していた「昌清之命(まさきよのみこと)」という人物であったとした。そして、この霊は江原が自身の霊能力を世の中の人のために使うことを望んで働きかけているとした。他の霊能者のWや佐藤永郎も寺坂と同様の霊視をしたことで、江原はそれが事実であると確信したという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た他力本願

    イギリスで学んでいた時に、ある男性ミデーィアム(霊媒)の名刺の肩書であった“スピリチュアル・カウンセラー” という言葉を気に入る(、p206)。 “霊能者”という言葉には現世利益を与える他力本願的なイメージが強く、暗いイメージがあり、そのような拝み屋的な存在としての心霊相談と同一視されたくないという思いもあり、スピリチュアル・カウンセラーと名乗るようになったという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示

「江原啓之」のニューストピックワード