192件中 131 - 140件表示
  • 江原啓之

    江原啓之から見た日本心霊科学協会

    警備員のアルバイトをする傍ら、心霊現象の解決のため何人もの霊能者を訪ねるも解決できず、 自殺まで考えるほど精神的にも金銭的にも追い詰められた中で、20人目に出会った日本心霊科学協会の講師・寺坂多枝子に信頼を置く。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見たスーパーインポーズ (映像編集)

    テレビ出演の際はスタジオにろうそくやヤナギの木を置いたり、血の滴るようなテロップやおどろおどろしい「再現ビデオ」などを見せる心霊番組特有の局側の演出を不要だと再三訴え、やめてもらうようにしたという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た守護霊

    自分は、心の目により人のオーラや前世を見たり、守護霊や亡くなった人の思いやメッセージを想像したりする。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た江原啓之 スピリチュアルトライ!

    江原啓之 スピリチュアルトライ!(文化放送)2004年4月-2005年9月江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た絶版

    初期の自著は当初2冊共ほとんど売れず、そのうち1冊は間もなく絶版となってしまった。ある人からの「世間の人はいきなり理解するのは難しい世界だから、もっと身近な具体例を挙げるべき」とのアドバイスを受けて書いた3冊目の自著『幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック』が70万部を超えるベストセラーとなった。2001年(36歳)、カウンセラーの中森じゅあん(「日本算命学協会」 代表)から紹介を受けて三笠書房より出版された。。その後、江原の存在が世間一般に広まり、江原啓之への世間一般の関心が高まるにつれて、当初は精神世界に関心を持つ人にのみ認知された最初の著書『人はなぜ生まれいかに生きるのか』(ハート出版)も非常に高い評価を受けるようになり、沢山の読者を獲得するに至る。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た名刺

    イギリスで学んでいた時に、ある男性ミーディアム(霊媒)の名刺の肩書であった“スピリチュアル・カウンセラー” という言葉を気に入る(、p206)。 “霊能者”という言葉には現世利益を与える他力本願的なイメージが強く、暗いイメージがあり、そのような拝み屋的な存在としての心霊相談と同一視されたくないという思いもあり、スピリチュアル・カウンセラーと名乗るようになったという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た霊感

    なお、日本民間放送連盟が定める放送基準 第8章には「非科学的な迷信や、これに類する運命・運勢鑑定、霊感、霊能等を取り上げる場合は、これを“肯定的に取り扱わない”」と記述されている。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た全国霊感商法対策弁護士連絡会

    2007年3月1日、霊感商法の被害対策に取り組んできた「全国霊感商法対策弁護士連絡会」が、超能力や心霊現象などを喧伝し、霊魂観や死後の世界についての考え方を断定的に述べているテレビ番組が、霊感商法の被害予備軍を生み出しているとして、行き過ぎないように求める要望書を各局宛に提出した。その中で 2006年12月9日、中学2年生の少年が部活動でレギュラーを外されたのを苦に、「絶対におれは生まれ変わる。もっとできる人間になってくる」などと書き置きして飛び降り自殺した事件に触れ、少年の手紙には霊界の話を紹介するテレビ番組を家族と見たことに触れてあったことから、そのような番組が悪影響を与える懸念を指摘した。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見たサラリーマン

    1964年(昭和39年)12月22日、東京都墨田区の下町で、薬品会社に勤めるサラリーマンの第2子として誕生。7歳上の姉を持つ。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原啓之

    江原啓之から見た渋谷区

    2002年、「La strada-イタリアへの道」を東京都渋谷区の音楽ホール「ムジカーザ」で開催。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

192件中 131 - 140件表示

「江原啓之」のニューストピックワード