181件中 81 - 90件表示
  • 江原 啓之

    江原啓之から見た週刊新潮

    2006年3月、『週刊文春』が江原が元信者の女性に暴力を振ったり飼い猫を虐待していたとする『スピリチュアリズム研究所』のかつての女性スタッフの告発記事を載せた。これに対し、『週刊新潮』は当時を知る別の匿名の女性スタッフと江原のそのような事実はなかったとするインタビューを掲載した。その後も、『週刊文春』は江原が相談を受けた芸能人の個人情報を周囲に漏らしたという記事を載せた。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た絶版

    初期の自著は当初2冊共ほとんど売れず、そのうち1冊は間もなく絶版となってしまった。ある人からの「世間の人はいきなり理解するのは難しい世界だから、もっと身近な具体例を挙げるべき」とのアドバイスを受けて書いた3冊目の自著『幸運を引き寄せるスピリチュアル・ブック』がベストセラーとなった。その後、江原の存在が世間一般に広まり、江原啓之への世間一般の関心が高まるにつれて、当初は精神世界に関心を持つ人にのみ認知された最初の著書『人はなぜ生まれいかに生きるのか』(ハート出版)も非常に高い評価を受けるようになり、沢山の読者を獲得するに至る。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見たシルバーバーチ

    また、この頃、『シルバーバーチの霊訓』(ハート出版)という本に出会い、自分が見出した真理が正しかったことが裏付けられ、これまでの自身の経験の意味を改めて理解でき、感動したという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た名刺

    イギリスで学んでいた時に、ある男性ミデーィアム(霊媒)の名刺の肩書であった“スピリチュアル・カウンセラー” という言葉を気に入る(、p206)。 “霊能者”という言葉には現世利益を与える他力本願的なイメージが強く、暗いイメージがあり、そのような拝み屋的な存在としての心霊相談と同一視されたくないという思いもあり、スピリチュアル・カウンセラーと名乗るようになったという。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た瞑想

    人格や波長を高く保ち善きカルマを積めば、低級霊は寄って来ないとアドバイスを受け、自分の力をコントロールするため修験道(真言密教系)の修業を始める。1年間寺で修業した後、高尾山での 2年間の滝行により憑依体質を克服。「日本心霊科学協会」の「精神統一協会」や寺坂の主催する「清玲会」に通い、瞑想や心霊科学を学ぶ。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見たマスメディア

    寺坂を通じて知り合った佐藤愛子の助力でマスメディアに姿を現す。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た千代田区

    1993年(28歳)5月、歌手のイルカの知人の紹介で知り合った女性と結婚し、千代田区の「日枝神社」で挙式。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た全国霊感商法対策弁護士連絡会

    2007年3月1日、霊感商法の被害対策に取り組んできた「全国霊感商法対策弁護士連絡会」が、超能力や心霊現象などを喧伝し、霊魂観や死後の世界についての考え方を断定的に述べているテレビ番組が、霊感商法の被害予備軍を生み出しているとして、行き過ぎないように求める要望書を各局宛に提出した。その中で 2006年12月9日、中学2年生の少年が部活動でレギュラーを外されたのを苦に、「絶対におれは生まれ変わる。もっとできる人間になってくる」などと書き置きして飛び降り自殺した事件に触れ、少年の手紙には霊界の話を紹介するテレビ番組を家族と見たことに触れてあったことから、そのような番組が悪影響を与える懸念を指摘した。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見たサラリーマン

    1964年(昭和39年)12月22日、東京都墨田区の下町で、薬品会社に勤めるサラリーマンの第2子として誕生。7歳上の姉を持つ。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

  • 江原 啓之

    江原啓之から見た人文学部

    和光大学人文学部芸術学科に入学し、美術を専攻(,p127)。彫刻や音楽を学ぶ。大学の近くに移住する。江原啓之 フレッシュアイペディアより)

181件中 81 - 90件表示

「江原啓之」のニューストピックワード