前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示
  • 老人Z

    老人Zから見た江口寿史江口寿史

    大友克洋と江口寿史がコンビを組み、メカニックデザインとキャラクターデザインを担当した。予告編では、全編「文字」・音声は「太鼓の音のみ」・内容は「いいわけ」というものだった。老人Z フレッシュアイペディアより)

  • COMIC CUE

    COMIC CUEから見た江口寿史江口寿史

    「読み捨てにできない漫画雑誌」を目指し、独自の作風を持つ作家を起用する漫画雑誌。創刊号からVol.3まで、漫画家の江口寿史を責任編集長に迎え、Vol.4以降は、イースト・プレスの堅田浩二が編集長を担当している。Vol.2以降の全ての号で、「特集」と称し、誌面まるごとひとつの決められたテーマに沿った作品を掲載するという編集方針をとる。1994〜1998年は年1回刊、1999年、2000年に年2回刊となり、2001年から年1回刊に戻された。10号目以降は通し番号がVol.100、200と百単位になっている。現在までの最新刊は、2003年に発売されたVol.300で実質休刊状態である。COMIC CUE フレッシュアイペディアより)

  • まつもと泉

    まつもと泉から見た江口寿史江口寿史

    専門学校在学中、高校時代の友人と2人で漫画作品を描き、いくつかの出版社に“持ち込み”をした結果、集英社「週刊少年ジャンプ」編集部の高橋俊昌(初代担当編集者)に認められ、本格的にデビューへの道を歩み出す。実は1980年代当初、硬派・劇画・スポーツ・ギャグを主軸としていたジャンプでは、売り上げの減少を食い止めるために他誌で人気を博していたラブコメと美少女キャラの要素を取り入れる方向で模索していた。ちょうどその路線に合致するまつもとの絵柄を気に入り担当となった高橋とともに、その後は連載企画を練って打ち合わせを続けつつ、原稿が落ちた『ストップ!! ひばりくん!』(江口寿史)の穴埋め短編漫画や懸賞ページのイラストなどを描いていたが、友人は連載デビューまでの年間のギャラが数万円という経済状況に耐えきれず脱落。以降はひとりで活動を続ける。まつもと泉 フレッシュアイペディアより)

  • 漫画アクション

    漫画アクションから見た江口寿史江口寿史

    キャラ者(江口寿史)『Weeklyぴあ』(ぴあ)に移行する。漫画アクション フレッシュアイペディアより)

  • 山上たつひこ

    山上たつひこから見た江口寿史江口寿史

    山上たつひこ撰集・全5巻(小学館クリエイティブ) 2008年から江口寿史監修、フリースタイルの吉田保編集。山上たつひこ フレッシュアイペディアより)

  • 無人惑星サヴァイヴ

    無人惑星サヴァイヴから見た江口寿史江口寿史

    NHKオリジナルアニメの第7作目である。これまでのNHKオリジナルアニメが基本的に1話完結型の構成をとっていたのに対して、本作は連続ものの構成となっている。キャラクター原案は江口寿史が担当。アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルムとマッドハウス。全52話。無人惑星サヴァイヴ フレッシュアイペディアより)

  • TKman

    TKmanから見た江口寿史江口寿史

    漫画内で何度も募集した上に、読売新聞に広告まで出している。募集期間は1999年7月5日-28日。8月にオーディション。小学館から白井勝也、長崎尚志、漫画家から江口寿史、赤塚不二夫、ミュージシャンから野口五郎、マーク・パンサーなどが1次選考を通過している。最終的に合格者は2名だったが、もう1人は顔出しNGだったために辞退し、清水まなぶ1人が合格。TKman フレッシュアイペディアより)

  • 奥脇三雄

    奥脇三雄から見た江口寿史江口寿史

    早稲田大学卒業後、1972年に集英社入社。週刊少年ジャンプ編集部に配属。江口寿史の『ストップ!! ひばりくん!』などの編集を行う。その後異動となる。奥脇三雄 フレッシュアイペディアより)

  • A-ZERO

    A-ZEROから見た江口寿史江口寿史

    江口寿史イラスト - No.006、No.011A-ZERO フレッシュアイペディアより)

  • ラッキーストライク (漫画)

    ラッキーストライク (漫画)から見た江口寿史江口寿史

    『ラッキーストライク』 (LUCKY STRIKE) は江口寿史によるボウリング・ギャグ漫画作品。ラッキーストライク (漫画) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
110件中 1 - 10件表示

「江口寿史」のニューストピックワード