110件中 21 - 30件表示
  • キャラ者

    キャラ者から見た江口寿史江口寿史

    『キャラ者』(キャラもの)は江口寿史によるギャグ漫画。『weekly漫画アクション』・『Weeklyぴあ』において連載された。2011年に実写化されている。キャラ者 フレッシュアイペディアより)

  • 江上英樹

    江上英樹から見た江口寿史江口寿史

    『スピリッツ』時代はヒット作を多く担当していたのだが例外もある。運悪く江口寿史の『パパリンコ物語』(1985年 - 1986年/全10回で打ち切り)の担当になってしまい、まったく原稿を描かずに落としまくり逃げまくる江口につきあったために身体を壊すことになった。この連載の休載時、空いたページを埋めるための企画(『落日新聞』)に竹熊健太郎と相原コージを起用し、これが後の『サルでも描けるまんが教室』につながった。江上英樹 フレッシュアイペディアより)

  • 魔球

    魔球から見た江口寿史江口寿史

    一方、1970年代半ば以降、「スポーツを題材としたギャグ漫画」が登場すると、それまで隆盛を誇ったスポ根漫画のパロディとして、魔球もまたパロディの題材とされるようになる。江口寿史の『すすめ!パイレーツ』やいしいひさいちの『がんばれ!!タブチくん!!』といった作品にはパロディの魔球(あるいはその試み)がいくつか登場した。魔球 フレッシュアイペディアより)

  • ミュゥモ

    ミュゥモから見た江口寿史江口寿史

    例:秋山莉奈リアルフィギュア、T-ROCKS江口寿史 白ワニTシャツ、浜崎あゆみ ayupanフィギュア 他の販売。2005年にエイベックス ネットワークに合併されたハウディ・インターナショナル(当時の名称はショッピングアリーナ)の流れで運営している。ミュゥモ フレッシュアイペディアより)

  • リュウ (雑誌)

    リュウ (雑誌)から見た江口寿史江口寿史

    第15号(1982年1月号)で誌名を『アニメージュ増刊 SF & FANTASY リュウ』に改名。この時期以降、緩やかに誌面リニューアルが行われ、ふくやまけいこ、道原かつみ、めるへんめーかー、水縞とおる、高橋葉介、藤原カムイらニュー・ウェーブ作家あるいは耽美的な作風の作家を多く起用するようになる。これらは表紙に掲載作家陣と無関係なイラストを使い、ことに江口寿史、立原あゆみ、岡崎つぐおら美少女の描写の得意な作家を起用するようになった事にも顕著である。また1985年には同出版社からの『月刊少年キャプテン』の創刊に伴い、安彦良和、柴田昌弘、たがみよしひさ、粉味ら『リュウ』の連載で知られた作家陣が同誌に移籍。誌面の変化がいっそう加速された形になった。リュウ (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • すすめ!!パイレーツ

    すすめ!!パイレーツから見た江口寿史江口寿史

    『すすめ!!パイレーツ』は江口寿史による日本の漫画作品。『ストップ!! ひばりくん!』と並ぶ江口の代表作である。すすめ!!パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • プロトコーポレーション

    プロトコーポレーションから見た江口寿史江口寿史

    上戸彩 - 江口寿史による作画でアニメイラストでも出演プロトコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 狩撫麻礼

    狩撫麻礼から見た江口寿史江口寿史

    一度だけ合作をしたことがある江口寿史の『江口寿史の正直日記』によると、狩撫のマンションに招かれると、冷蔵庫の中はすべてビールであるとか、サンドバッグがあるとかの、「完全に狩撫麻礼的なハードボイルドな部屋」で、圧倒されたという。狩撫麻礼 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿志

    江口寿志から見た江口寿史江口寿史

    スタジオジュニオ出身。漫画家の江口寿史とはよく間違えられるが別人である。江口寿志 フレッシュアイペディアより)

  • 田村信

    田村信から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史・泉晴紀・久住昌之らは友人である。田村信 フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「江口寿史」のニューストピックワード