110件中 31 - 40件表示
  • コンダラ

    コンダラから見た江口寿史江口寿史

    1990年代前期には、漫画家・江口寿史がギャグ漫画『江口寿史の爆発ディナーショー』の中で、「コンダラ」をタイトルとした『巨人の星』のパロディ短編を描いている。コンダラ フレッシュアイペディアより)

  • ケンとエリカ

    ケンとエリカから見た江口寿史江口寿史

    『ケンとエリカ』は江口寿史によるギャグ漫画の単行本。「BOXERケン」(ボクサーケン)と「エリカの星」(エリカのほし)シリーズが収められている。ケンとエリカ フレッシュアイペディアより)

  • おたくの星座

    おたくの星座から見た江口寿史江口寿史

    ストーリーを本宮ひろ志、キャラクターデザインを江口寿史が担当した。おたくの星座 フレッシュアイペディアより)

  • ティン・パン・アレイ

    ティン・パン・アレイから見た江口寿史江口寿史

    PVには朝倉世界一、有賀幹夫、安齋肇、江口寿史、しりあがり寿、ATSUSHI(ニューロティカ)、廣瀬洋一、ROLLY、マサヨ(ロリータ18号)などが出演している。監督は番場秀一。ティン・パン・アレイ フレッシュアイペディアより)

  • 湯村輝彦

    湯村輝彦から見た江口寿史江口寿史

    コミックCUE -江口寿史が編集していた漫画雑誌。湯村が全ての号の表紙を担当。湯村輝彦 フレッシュアイペディアより)

  • MISSLIM

    MISSLIMから見た江口寿史江口寿史

    シングルバージョンとは2番の始めの歌詞が微妙に違っており、随所に松任谷正隆のマンドリンによるオブリガートが絡むアレンジになっている。ユーミンファンである江口寿史が1992年に自著『江口寿史の爆発ディナーショー』でこの曲を「ニューミュージックイメージコミック」としてギャグ調にコミカライズした。1976年に早乙女愛・1993年沢田知可子・1994年中森明菜がカバーした。2006年NHK総合『あの歌がきこえる』で特集される。シングルバージョンは『YUMING BRAND』に収録された。MISSLIM フレッシュアイペディアより)

  • エルフ・17

    エルフ・17から見た江口寿史江口寿史

    帝室情報部員。カリマとコンビを組みマスカット殿下を帝星へ連れ帰ろうとするが、殿下の非常識な行動や、K・Kとルウの妨害に遭い、使命を果たせずにいる。モデルは江口寿史の元担当編集者N。エルフ・17 フレッシュアイペディアより)

  • 大平かずお

    大平かずおから見た江口寿史江口寿史

    主人公のニャンコをはじめとする擬人化された猫たちと、ニャンコの飼い主一家などの人間たちが活躍するご町内ギャグ。1977年後期赤塚賞で佳作をとり、1978年1号に掲載されデビュー(ちなみにこの年の前期では江口寿史が『8時半の決闘』で準入選している)。その後同年32号に続編が読み切りで掲載され、44号から連載開始。週刊少年誌では新連載3-5本程度を1週ずつずらして連載をはじめることが多いが、新連載同期作品に寺沢武一『コブラ』があった。『ニャンコ』の連載自体は1979年1号で終了。大平かずお フレッシュアイペディアより)

  • まるいミカ

    まるいミカから見た江口寿史江口寿史

    鳥山明と江口寿史に憧れて漫画家を目指す。1993年、『ヤングマガジン』(講談社)で入賞する。その後鳴かず飛ばずのまま、担当編集者が異動したため、某ビジネス漫画雑誌に投稿するも掲載に至らず、北道正幸、浦川佳弥・浦川まさる姉妹のアシスタントやイラストレーターをしていた。まるいミカ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県野球場

    千葉県野球場から見た江口寿史江口寿史

    漫画家・江口寿史の連載デビュー作『すすめ!!パイレーツ』(1977年 - 80年、週刊少年ジャンプに連載)に登場する架空のプロ野球チーム「千葉パイレーツ」の本拠地・「千葉球場」のモデルであるとの説が一部であるが、作者の江口は言明していない。なお、作中には「千葉球場」の所在地には流山市にあることが示されている。千葉県野球場 フレッシュアイペディアより)

110件中 31 - 40件表示

「江口寿史」のニューストピックワード