128件中 61 - 70件表示
  • 文藝春秋漫画賞

    文藝春秋漫画賞から見た江口寿史江口寿史

    だが、後期は「大人漫画」が衰退したため、かつての「児童漫画」であるところのギャグ漫画が選考対象に含まれ、吉田戦車の『伝染るんです。』などが受賞をすることになった。選考基準があいまいになり、誰が何故、受賞するか予測不可能な賞とも言われるようになる。江口寿史、とり・みき等ベテラン作家が受賞した際には、審査委員長が彼らの作品を「初めて読んで感心した」といった内容のコメントをしていた。選考委員のサトウサンペイは「(賞のため)めったに見ないコミック話を山ほど買って持ち帰り、順番に見てきました」と発言している。文藝春秋漫画賞 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤真希

    後藤真希から見た江口寿史江口寿史

    顔のイラストで知られるポッカコーポレーション缶コーヒーの期間限定特別バージョンとして、漫画家江口寿史による似顔絵で登場(同時期には志村けん・佐々木主浩)。後藤真希 フレッシュアイペディアより)

  • ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲ

    ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲから見た江口寿史江口寿史

    2013年10月14日、番組初の公開録音が行われた。会場は、松山市の「Bar SOHO」。イベント「シュガービレッジ」の一環。ゲストに江口寿史を招き、和田とのトークショー(トーク+番組コーナー)の形式で行われた。この日の収録内容は後日、2回にわたり放送された。ニンジニアネットワーク 和田ラヂヲの、聴くラヂヲ フレッシュアイペディアより)

  • 長靴

    長靴から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史 『ストップ!! ひばりくん! コンプリート・エディション 2』長靴 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ヤングサンデー

    週刊ヤングサンデーから見た江口寿史江口寿史

    神を信じなさい(江口寿史週刊ヤングサンデー フレッシュアイペディアより)

  • 江上英樹

    江上英樹から見た江口寿史江口寿史

    『スピリッツ』時代はヒット作を多く担当していたのだが例外もある。運悪く江口寿史の『パパリンコ物語』(1985年 - 1986年/全10回で打ち切り)の担当になってしまい、まったく原稿を描かずに落としまくり逃げまくる江口につきあったために身体を壊すことになった。この連載の休載時、空いたページを埋めるための企画(『落日新聞』)に竹熊健太郎と相原コージを起用し、これが後の『サルでも描けるまんが教室』につながった。江上英樹 フレッシュアイペディアより)

  • オトナの!

    オトナの!から見た江口寿史江口寿史

    大森靖子、江口寿史(2016年5月11日、18日、25日放送)オトナの! フレッシュアイペディアより)

  • 大槻ケンヂ

    大槻ケンヂから見た江口寿史江口寿史

    『グミ編』・『チョコ編』・『パイン編』から成る3部作。イラストは三作とも江口寿史が担当。大槻ケンヂ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の文学

    2005年の文学から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史 『江口寿史の正直日記』(河出書房新社)2005年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋俊昌

    高橋俊昌から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史の『ストップ!! ひばりくん!』においては、作者自身である江口"Candy"寿史の担当を務める“高橋"トド"俊昌”として登場。奇しくも終盤に過労と精神ショックが原因で死去していることを示唆するギャグ内容となっていた。高橋俊昌 フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示

「江口寿史」のニューストピックワード