110件中 71 - 80件表示
  • 上戸 彩

    上戸彩から見た江口寿史江口寿史

    2005年1月から放送されているCMは江口寿史が上戸をモデルに作画したイラストアニメーションで登場上戸彩 フレッシュアイペディアより)

  • 陸奥A子

    陸奥A子から見た江口寿史江口寿史

    軽いタッチが独特の絵柄で、少女心をくすぐる情緒あるラブコメディを得意とした。1970年代から1980年代にかけての『りぼん』の看板作家であった。彼女を代表とする一連の作品はおとめちっく作品と呼ばれた。橋本治の『花咲く乙女たちのキンピラゴボウ』の中にも、おとめちっく作家の代表として論及されている。また、さまざまなパロディの題材にもされ、江口寿史の『寿五郎ショウ』の中にも、陸奥作品のパロディがある。陸奥A子 フレッシュアイペディアより)

  • 安斎レオ

    安斎レオから見た江口寿史江口寿史

    フィギュアックス/江口寿史(原型:寒河江弘)安斎レオ フレッシュアイペディアより)

  • 杉真理

    杉真理から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史(漫画家)…「ストップ!! ひばりくん!」の第4巻において杉の曲が登場している。杉真理 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋俊昌

    高橋俊昌から見た江口寿史江口寿史

    江口寿史の『ストップ!! ひばりくん!』においては、作者自身である江口"Candy"寿史の担当を務める“高橋"トド"俊昌”として登場。終盤では過労と精神ショックが原因で死去していることが示唆されていた。高橋俊昌 フレッシュアイペディアより)

  • カラスヤサトシ

    カラスヤサトシから見た江口寿史江口寿史

    1995年、『海辺の人々』ほか3編により第6回COMICアレ!漫画賞優秀賞を受賞し、ギャグ漫画家としてデビュー。会社勤めの傍ら本名の片岡聰名義で同誌に作品を発表する。この頃は主に10ページ前後のショートコミックを描いていた。1997年にそれらをまとめた作品集『石喰う男』を出版、江口寿史より大絶賛を受けたが、同年に雑誌休刊のため作品発表の場を失う。また『おのぼり物語』によればこのとき同時に会社も辞めており、その後はアルバイトなどをして生計を立てていた。カラスヤサトシ フレッシュアイペディアより)

  • 梶原一騎

    梶原一騎から見た江口寿史江口寿史

    1980年代に入ると真面目に読まれていた梶原作品の生真面目さに、とりわけ『巨人の星』には逆説的にギャグの要素を感じ取る視点が生まれ、数多くの漫画などでパロディーの対象とされた。『マカロニほうれん荘』の鴨川つばめはギャグとして読んでいたと語り、江口寿史の『すすめ!!パイレーツ』などが典型例である。梶原一騎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林まこと

    小林まことから見た江口寿史江口寿史

    『三四郎』連載後すぐ、遅筆の漫画家として知られるようになる。『青春少年マガジン』によれば、週刊漫画を描くのに8日を要したとあり、連載中に穴を開けることも珍しくなく、それが休載扱いでなく誌面で堂々とネタになるほどであった。本当に病気で休載したのは、『シロマダラ』が連載不可能になった時だけだという。他にも新人賞や講談社漫画賞の授賞式で遅刻をしている。一時は江口寿史に次ぐ「日本で2番目に締切を守らない漫画家」の名を譲らなかったが、その後は執筆作品の移行などにより、最も酷かった時期からは立ち直っている。小林まこと フレッシュアイペディアより)

  • 山本直樹

    山本直樹から見た江口寿史江口寿史

    同じく漫画家の江口寿史、とり・みき、吉田戦車らと交友関係がある。山本直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 多奈部聖士

    多奈部聖士から見た江口寿史江口寿史

    好きな漫画家は手塚治虫、つげ義春、諸星大二郎、丸尾末広、江口寿史多奈部聖士 フレッシュアイペディアより)

110件中 71 - 80件表示

「江口寿史」のニューストピックワード