102件中 71 - 80件表示
  • 江口寿史

    江口寿史から見た30minutes

    30minutes・30minutes鬼(オープニングイラスト)江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見た週刊ヤングジャンプ

    1996年、『週刊ヤングジャンプ』で連載した『ラッキーストライク』にいたっては僅か3回で放棄した。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見たミュージシャン

    佐野元春は同い年ということもあり、江口が敬愛するミュージシャンの一人でもある。また対談したこともあり、佐野から「江口さんもきっと僕と同じように何かと戦っているんだと思う」と言われ、江口が答えに困ったというエピソードがある。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見たイブニング

    2004年12月より「イブニング」にて月1連載の『寿丼」が始まるも、3回にて休載。作者のホームページでは体勢建て直し中との事であったが、イブニング編集部より連載終了が正式に公表されている。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見た漫画アクション

    この頃より集英社との専属契約を終了しフリーに。「weekly漫画アクション」(双葉社)で『エリカの星』、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で『パパリンコ物語』と他社での連載を始めるが、いずれも途中で投げ出す。その中にあって1986年から『日の丸劇場』と同じ形式で「月刊ASUKA」(角川書店)で連載された『江口寿史のなんとかなるでショ!』だけは、落稿も1回に止め、円満終了を迎える。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見たABO式血液型

    江口 寿史(えぐち ひさし、1956年3月29日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。妻は元アイドルの水谷麻里。血液型O型江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見たフィーバーガールズI

    フィーバーガールズI(キャラクターデザイン、三共製パチンコ台)江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見た江口寿史のなんとかなるでショ!

    この頃より集英社との専属契約を終了しフリーに。「weekly漫画アクション」(双葉社)で『エリカの星』、「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で『パパリンコ物語』と他社での連載を始めるが、いずれも途中で投げ出す。その中にあって1986年から『日の丸劇場』と同じ形式で「月刊ASUKA」(角川書店)で連載された『江口寿史のなんとかなるでショ!』だけは、落稿も1回に止め、円満終了を迎える。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見た「エイジ」

    以降作品の発表の場を「フレッシュジャンプ」に移し、『江口寿史の日の丸劇場』(単行本は『寿五郎ショウ』として発売)の連載をはじめる。この作品によって以降の江口漫画の主流となる「一話完結のショートギャグ」というスタイルを確立する。『日の丸劇場』の連載終了の翌月より同誌において、作者唯一のストーリー物の連載作品『「エイジ」』の連載を開始。第一部が終了した時点でいったん筆を休め、翌月から再びギャグ連載である『ラブ&ピース』の連載を開始するが2回で終了。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

  • 江口寿史

    江口寿史から見たCOMIC CUE

    また、1995年には自ら編集長となって「COMIC CUE」を創刊。松本大洋、望月峯太郎、よしもとよしとも、魚喃キリコ、古屋兎丸などの意欲的な作家を集めるとともに、「テーマを決めての競作」「名作漫画のカバー」などの従来の漫画界になかった企画も行った。江口寿史 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「江口寿史」のニューストピックワード