107件中 11 - 20件表示
  • 早川良一郎

    早川良一郎から見た江國香織江國香織

    大切がらないふうに書く - 本の話WEB(江國香織早川良一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 800 (小説)

    800 (小説)から見た江國香織江國香織

    『動』の中沢と『静』の広瀬を巧みに描き分けたその文体は特筆すべきものがあり、思春期の若者たちを的確に捉えたその密度は重松清に勝るとも劣らず、細部にいたるまで丹念に描かれている。この作品が今なお読み継がれているのは、その徹底的な描写に加えて、溢れんばかりのユーモアとサディスティックなまでの二人の対決、そして複雑な恋愛模様を掬いあげたところにある。また、江國香織が本作の熱烈なファンで、文庫版のあとがきにも文章を寄せている。このような点からも優秀な作品として、中学校国語1(伝え合う言葉 教育出版)で推奨図書として紹介されている。800 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • スイートリトルライズ

    スイートリトルライズから見た江國香織江國香織

    『スイートリトルライズ』は、江國香織による日本の恋愛小説。幻冬舎の文学小冊子『星星峡』に1998年2月号(創刊号)から2000年1月号まで12回に渡って連載されたのち、加筆・修正を加え、2004年に単行本として幻冬舎から刊行された。2006年には幻冬舎文庫より文庫化、2010年には実写映画が公開された。スイートリトルライズ フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ文庫

    ポプラ文庫から見た江國香織江國香織

    夕闇の川のざくろ(江國香織ポプラ文庫 フレッシュアイペディアより)

  • ルドウィッヒ・ベーメルマンス

    ルドウィッヒ・ベーメルマンスから見た江國香織江國香織

    『マドレーヌのクリスマス』江國香織訳、BL出版、2000年ルドウィッヒ・ベーメルマンス フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際文芸フェスティバル

    東京国際文芸フェスティバルから見た江國香織江國香織

    青山南、浅田次郎、阿部公彦、市川真人、江國香織、円城塔、奥泉光、小野正嗣、角田光代、辛島デイヴィッド、川上弘美、川上未映子、北方謙三、北村薫、桐野夏生、桜木紫乃、桜庭一樹、柴崎友香、柴田元幸、島田雅彦、管啓次郎、辻村深月、都甲幸治、中島京子、西加奈子、長谷川義史、蜂飼耳、幅允孝、林真理子、原田マハ、平野啓一郎、古川日出男、松家仁之、松田青子、松田奈緒子、道尾秀介、宮部みゆき、本谷有希子、綿矢りさ東京国際文芸フェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・ワイズ・ブラウン

    マーガレット・ワイズ・ブラウンから見た江國香織江國香織

    日本語題:おおきなあかいなや、えくにかおりマーガレット・ワイズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビドラマ (日本)

    2011年のテレビドラマ (日本)から見た江國香織江國香織

    原作:江國香織『思いわずらうことなく愉しく生きよ』(光文社文庫刊)2011年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • LOVERS 恋愛アンソロジー

    LOVERS 恋愛アンソロジーから見た江國香織江國香織

    江國香織 「ほんものの白い鳩」LOVERS 恋愛アンソロジー フレッシュアイペディアより)

  • おぞましい二人

    おぞましい二人から見た江國香織江國香織

    日本語訳担当の柴田元幸は、日本版発行以前に東京都と大阪府のクレヨンハウスで本作を紹介し、本作の日本での出版について意見を募ったところ、東京では反対が多く、大阪はほとんどが賛成だったというエピソードがある。2002年に行われた座談会でも、作家の江國香織、日本で初めてゴーリーのウェブサイトを立ち上げた濱中利信(河出書房新社)らが日本版発行に強く賛同しており、江國は「ぜひ読みたい」と語っていた。おぞましい二人 フレッシュアイペディアより)

107件中 11 - 20件表示

「江國香織」のニューストピックワード