77件中 41 - 50件表示
  • 飛ぶ教室 (雑誌)

    飛ぶ教室 (雑誌)から見た江國香織江國香織

    石森延男、今江祥智、尾崎秀樹、栗原一登、河合隼雄、阪田寛夫らが編集委員となって、1981(昭和56)年発刊。河合隼雄『あなたが子どもだったころ』『子どもの本を読む』『ファンタジーを読む』、池澤夏樹『南の島のティオ』、梨木香歩『西の魔女が死んだ』などは、「飛ぶ教室」での連載から出版化された。年2回の作品募集を行い、入選・佳作を含めた受賞者には、内田麟太郎、石井睦美、江國香織、牧野節子などがいる。1990(平成2)年から1994(平成4)年の間は、版元を遷し楡出版から発行された。1995(平成7)年、休刊。飛ぶ教室 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 藤田宜永

    藤田宜永から見た江國香織江國香織

    恋の魔法をかけられたら(江國香織・柴門ふみ 他との恋愛対談、2003年8月 角川春樹事務所 / 2005年5月 ハルキ文庫)藤田宜永 フレッシュアイペディアより)

  • 東直子

    東直子から見た江國香織江國香織

    江國香織著『すきまのおともだちたち』(集英社文庫)東直子 フレッシュアイペディアより)

  • 中原昌也

    中原昌也から見た江國香織江國香織

    以後中原の小説は毀誉褒貶にさらされており、2006年に中編『点滅……』が第135回芥川賞(2006年上半期)候補作品に選ばれた時には1票も入らずに落選、中原がこれを受けて『SPA!』誌上で選考委員全員の批判を記し一部で話題になった。一方で短編集『名もなき孤児たちの墓』は、審査員の大方の支持を受け同年の第28回野間文芸新人賞を受賞。群像誌上の選評では唯一の反対票を投じた江國香織からも「二重の×をつけた」とされ、ほぼすべての選考委員が『名もなき…』についてのみ言及、結果として、完全無視された芥川賞の選考と好対照をなした。中原昌也 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝

    文藝から見た江國香織江國香織

    島本理生 - 2010年春季号/荒木経惟 - 2010年夏季号/江國香織 - 2010年秋季号文藝 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ウィーズナー

    デヴィッド・ウィーズナーから見た江國香織江國香織

    『1999年6月29日』江國香織訳、BL出版、1993年デヴィッド・ウィーズナー フレッシュアイペディアより)

  • 成海朱帆

    成海朱帆から見た江國香織江國香織

    好きな本は、江國香織著「つめたいよるに」。成海朱帆 フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮塔子

    雨宮塔子から見た江國香織江國香織

    ボクらの時代(フジテレビ、2009年9月13日)学生時代の同級生である江國晴子と、その姉江國香織とともに出演。雨宮塔子 フレッシュアイペディアより)

  • 相沢友子

    相沢友子から見た江國香織江國香織

    江國香織クリスマス・ドラマスペシャル「温かなお皿」(「カリュアード」名義で源孝志と共作)(2001年)相沢友子 フレッシュアイペディアより)

  • リスベート・ツヴェルガー

    リスベート・ツヴェルガーから見た江國香織江國香織

    『クリスマスのまえのばん』クレメント・C・ムーア詩、江國香織訳、BL出版、2006年リスベート・ツヴェルガー フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示