1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示
  • 江國香織

    江國香織から見た世田谷区

    東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見たフェミナ賞

    1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見たアメリカン・コッカー・スパニエル

    夫は銀行員。喫煙者で、阪神ファンであり、好きな選手は中野佐資(1986年 - 1993年阪神)。ギャンブルでは競艇のファンでもある。チョコレートが大好きで、結婚する際夫に、「他の女性にチョコレートを贈らない」という約束をさせた。雨が大好きで、子どもの頃は雨が降ると母や妹と一緒に眺めていたという。また、入浴が長時間に及ぶことも多いため、夫からその様子を「籠城」と形容されることもあったという(『とるにたらないものもの』の記述より)。ペットは、アメリカン・コッカー・スパニエルの「雨」(オス)。エッセイ『雨はコーラがのめない』では、雨と音楽との生活を綴っている。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見たユリイカ (雑誌)

    1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見た国文学

    東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見たアテネ・フランセ

    東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見た翻訳家

    江國 香織(えくに かおり、1964年3月21日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、詩人。 江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見た新宿区

    東京都世田谷区出身。出生地は東京都新宿区。順心女子学園(現広尾学園中学校・高等学校)、目白学園女子短期大学国文学科卒業。アテネ・フランセを経て、デラウェア大学に留学。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見た《小さな童話》大賞

    1985年、20歳で『ユリイカ』に詩作品「綿菓子」を初投稿、「今月の作品」に選ばれ掲載される。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に『草之丞の話』で、《小さな童話》大賞大賞。1989年、アメリカ留学時の体験を題材にした小説『409ラドクリフ』でフェミナ賞受賞。同年に初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。1991年、童話集『こうばしい日々』で産経児童出版文化賞、翌年坪田譲治文学賞受賞。江國香織 フレッシュアイペディアより)

  • 江國香織

    江國香織から見たNHK BSプレミアム

    神様のボート(2013年3月10日 - 3月24日、全3話、BSプレミアム、主演:宮沢りえ)江國香織 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
90件中 81 - 90件表示

「江國香織」のニューストピックワード