江川卓 ニュース&Wiki etc.

江川 卓(えがわ すぐる、1955年5月25日 - )は、福島県出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、野球解説者、タレント。日本プロ野球史上6人目の投手五冠王に輝くなどの実績を残し、1980年代の日本プロ野球、セ・リーグを代表するエースとして活躍した。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「江川卓 (野球)」のつながり調べ

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た江川卓 (野球)

    はリーグ最多の18敗を喫しチームも最下位に終わった。4月9日の対中日戦で、球団通算3000勝目の勝利投手となる。1980年6月2日の対ヤクルト戦で通算200勝を達成。巨人一筋で200勝を挙げたのは中尾碩志と堀内のみ。しかし、に藤田元司が監督に就任すると、江川卓、西本聖、定岡正二の台頭により登板が急激に減り、同年の日本シリーズでは登板機会がなく、には投手コーチ兼任となる。(堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎弘美

    山崎弘美から見た江川卓 (野球)

    引退直後にスコアラーへ就任し、日本初の先乗りスコアラーとして活動した。1961年に川上哲治が監督に就任すると同時に1軍チーフマネージャーに就任し、V9時代を陰で支えた。1976年からはスカウトへ就任し、角盈男、原辰徳、江川卓らの獲得に関わった。1981年に藤田元司が監督になると再び1軍チーフマネージャーに就任し、王貞治監督時代の1985年まで担当した。1986年以降は球団営業部長、OB会代表幹事を歴任した。2013年5月20日に呼吸不全のため死去。告別式では原辰徳、王貞治が弔辞を読んだ。(山崎弘美 フレッシュアイペディアより)

「江川卓」のニューストピックワード