前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示
  • 達川光男

    達川光男から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    、迫田穆成率いる広島商業高校時代、春のセンバツに出場し準優勝。特に江川卓を擁する作新学院を待球戦術などで下した試合は現在でも語り草である。同年の夏の甲子園にも出場し優勝。実は捕手にコンバートされたのは高校1年生からである。3年生は引退しており2年生は修学旅行中であり達川達1年生だけで練習していたところ、1年生捕手が蛸の食中毒で練習を欠席しており、代わりに達川が入った。迫田監督は達川の抜群の肩を見て、すぐさま捕手にコンバートした。このコンバートがなければプロ野球選手・達川はなかったと言われている。3年生時のエースである佃正樹と不仲であった為、春センバツは外野手として出場していたが夏の甲子園では捕手に戻り全国優勝に導いた。また、夏の甲子園では鹿取義隆から本塁打を打っているが、本人曰く高校時代公式戦での唯一の本塁打である。この大会最後のホームランで次の大会から金属バットが採用されたため、甲子園における木製バットでの最後の本塁打であるという。なお、この時はヒットエンドランのサインだったのにゴロを転がせなかったため迫田監督から怒られたという。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    この年のオールスターゲームは前年同様に全パの打線が開花。第1戦は5回までに12点を叩きだし、第2戦もブーマー・ウェルズ(阪急)の2安打で全パが早くも勝ち越しを決めた。全セは前年来の5連敗を喫した。2年連続全敗を避けたい全セは第3戦の開催地中日ドラゴンズの選手のみで先発オーダーを組んだ。そして2番手の江川卓(巨人)が登板したことで試合の流れが一気に全セに傾く。1971年第1戦の江夏豊の9連続奪三振に並べとばかりの毎回連続奪三振を記録し、迎えた9人目の最終打者大石大二郎に投じた3球目のカーブがバットに当たり2塁ゴロ。江夏の記録に1人足りなかったものの、堂々のMVPに輝いた。1984年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤博一

    加藤博一から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1976年に阪神タイガースの鈴木照雄と五月女豊(後述する大洋時代に同僚となる)との2対2の交換トレードで片岡新之介と共に阪神タイガースに移籍し、レギュラーに定着。1979年に阪神と因縁のある江川卓に強い男として売り出した。プロ入り後の初本塁打も甲子園球場初登板試合の江川から打ったものであり、翌年を含めて江川から3本の本塁打を放っている。加藤博一 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    実況:山下末則 解説:江川卓、掛布雅之 ゲスト解説:清原和博(西武、このシリーズ後巨人へFA移籍)1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 千葉パイレーツ

    千葉パイレーツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    法経大学(法政大学と包茎のもじり)野球部のエースで、大学球界を沸かせた大物新人。本当は読売ジャイアンツに入団したかったがクラウン(今の埼玉西武ライオンズ)ドラフト指名された後、吾作と国家の陰謀によりパイレーツに入団する羽目になる。意外なところで度胸が無く、ここぞと言う場面で「なんでこんな球団に僕がいるの?」病がでることがあり、アマチュア時代のすごみは示せないでいる。酒癖が悪い。風貌はクラウンにドラフト指名された頃の江川卓、名前は江川と原辰徳を掛け合わせたもの。身長186cm・体重85kg。昭和30年8月10日生まれ。千葉パイレーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    (巨)●江川(1敗)、水野?山倉1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大リーグボール

    大リーグボールから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    まず、1977年の師走、久々に一徹を捕手にして投球練習。「寒いときに力んで投げると肩に悪い」という一徹の助言もあって球速は問題外で、半速球で練習。年越し寸前の大晦日の夜に左の大リーグボールの練習のように伴が打者兼捕手として参加。一徹は伴に「消える魔球の逆じゃよ」と説明。年明けの1978年初めに3人がハワイで特訓。ここでは「肩の冷え」など心配いらなくなったせいか、豪速球で練習し、現地の人が飛雄馬を江川卓と勘違いした。このとき、古巣の巨人に戻っていたウォーリー与那嶺がハワイで飛雄馬たちと会い、長嶋に報告している。大リーグボール フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1969年秋季からはエース横山晴久らを擁して最初の4連覇を果たし、4連覇から5年後の1976年からは江川卓や現監督の金光興二らを中心に2回目の4連覇を果たす。この4連覇はすべて勝ち点5の完全優勝であり、東京六大学に6例ある4連覇のなかでは唯一の記録である。法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    監督の落合博満は、山井を交代させた理由は右手中指のマメ(肉刺)をつぶして出血していたことと、右肩痛が再発してクライマックスシリーズへの登板を回避していたこと、山井のメンタルでは難しいことを説明した。後日のうるぐすでの江川卓のインタビューでは、「もしマメができていなくても岩瀬に代えていたかも知れないな」とも述べた。監督退任後の著書『采配』(ダイヤモンド社)で「記録やタイトルが選手を大きく成長させる」として「プロ野球OBの立場としては山井の完全試合が見たい」「せめて3、4点取っていれば山井の記録にかけられるのに」と思ったが、ドラゴンズの監督として53年ぶりの日本一のために最善の策を取ったと記している。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • 黄桜

    黄桜から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    大塚製薬や日産自動車とともに読売グループとのつながりが深く、読売新聞の第一面の2ベタ広告や、後楽園球場時代にスポンサーとして協賛してから、その後1988年に開場した東京ドームで以後のスポンサー活動など、現在に至るまで長い関係が続いている。そんな中、2007年10月11日から同年11月までの間、かつて野球界を揺るがせた「空白の一日」と呼ばれる江川事件の当事者同士である、江川卓(元巨人投手、日本テレビ野球解説者)と小林繁の両人が"初共演"した、「和解の酒」CMが放映された。黄桜 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示

「江川卓」のニューストピックワード