前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
376件中 1 - 10件表示
  • 1978年の野球

    1978年の野球から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    江川卓が南カリフォルニア大学野球部の特別練習生として参加するため、羽田空港発の日航機で渡米。1978年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    、迫田穆成率いる広島商業高校時代、春のセンバツに出場し準優勝。特に江川卓を擁する作新学院を、チーム一丸で待ちと小技で攻め崩す作戦で下した試合は現在でも語り草となっている。同年の夏の甲子園にも出場し優勝。実は捕手にコンバートされたのは高校1年生からである。3年生は引退しており2年生は修学旅行中であり達川ら1年生だけで練習していたところ、1年生捕手が蛸の食中毒で練習を欠席しており、代わりに達川が入った。迫田監督は達川の抜群の肩を見て、すぐさま捕手にコンバートした。このコンバートがなければプロ野球選手・達川はなかったといわれている。3年生時のエースである佃正樹と不仲であったため、春センバツは外野手として出場していたが夏の甲子園では捕手に戻り全国優勝に導いた。また、夏の甲子園では鹿取義隆から本塁打を打っているが、本人曰く高校時代公式戦での唯一の本塁打である。この大会最後のホームランで次の大会から金属バットが採用されたため、甲子園における木製バットでの最後の本塁打であるという。なお、この際ベンチのサインはヒットエンドランだったが、サインを取り違えて強振したため迫田監督からひどく叱責されたと述懐している。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    また森は「巨人は15勝でチーム勝ち頭の桑田真澄が第一戦目の先発投手だったが、2年目で経験が浅く序盤に攻略できた。警戒していた江川卓と槙原寛己は第3、4戦で、2人とも1試合だけ。戦略の間違いがあった」と述べている。1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    ヤクルトと優勝争いを繰り広げる。8月末に2位のヤクルトに4.5ゲーム差をつけ首位に立っていたが、9月以降成績が急降下、ヤクルトに逆転を許し2位に終わる。このときの戦いぶりから長嶋に対して監督としての資質に、次第に疑問が投げかけられてゆくようになる。そして1978年オフ、当時法政大学野球部OBで作新学院職員として米留学の江川卓の獲得を巡って、いわゆる江川事件が起きる。最終的には1979年2月に、江川がいったん阪神タイガースに入団し、その直後に小林繁と交換トレードをすることで決着がつく。だが、この江川事件はマスコミの総攻撃を受けることになった。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の読売ジャイアンツ

    1979年の読売ジャイアンツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    この年の読売ジャイアンツは、長嶋茂雄監督の5年目のシーズンであり、空白の一日を経て、小林繁とのトレードで江川卓が巨人に入団したシーズンである。1979年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年の読売ジャイアンツ

    1978年の読売ジャイアンツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    2年続けて日本シリーズで敗れたチームはドラフト会議で大学ナンバーワン捕手山倉和博を、さらに大洋からジョン・シピンを獲得し万全の戦力でシーズンに臨んだ。序盤は大洋と、6月にはヤクルトを加えた三つ巴の首位争いを展開。しかし7月に入ると、6日の広島戦では2回表に3投手で10四球のプロ野球ワースト記録で大敗、さらに10日のヤクルト戦では初回にシピンが死球に怒り鈴木康二朗に暴行を働き退場、さらに3回には降板を命じられた先発クライド・ライトが激昂し、試合中にもかかわらずシピンの車で帰宅しその後退団という騒動を起こした。それでもチームはそこから9連勝をマークし一気に首位浮上、8月下旬には2位ヤクルトに4.5ゲーム差を付けマジック点灯目前まで迫った。ところが直後の直接対決3連戦を2敗1分で終えるとそこからチームは失速、3試合連続サヨナラ勝ちで勢いづくヤクルトとは対照的に下位相手に取りこぼしが続き、ついにヤクルトにマジックが点灯。10月1日には水原茂がテレビ番組で「巨人軍の敗因は長嶋の采配ミスにある。今年の長嶋の野球を見ていると彼は野球を知らないのではないかと思える」と発言するなど、圧倒的な戦力を有しながら優勝を逃した長嶋采配への批判が起こり始めた。そして11月21日、西武との交渉期限が切れた江川卓と入団契約を強行、江川事件の幕開けとなる。1978年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋久晃

    福嶋久晃から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    9月7日の巨人戦(川崎)で初出場。二軍ではのイースタン・リーグ優勝に貢献したほか、には打率.339でイースタン・リーグ首位打者を獲得。には伊藤勲、大橋勲に次ぐ三番手捕手として一軍に定着。同年は打力を活かし、一塁手、三塁手として15試合に先発出場(捕手としては1試合のみ)。に名前を「久」から「久晃」に変更した。には正捕手の伊藤と併用され62試合に先発マスクを被る。同年は10本塁打を放ち、それ以降6年連続で2桁本塁打をマークする。別当薫が2期目の監督に就任したには伊藤から正捕手の座を奪い、翌にはキャリア唯一の規定打席(36位、打率.249)に達する。同年4月5日の広島戦では横浜スタジアムこけら落としのチーム第1号本塁打を北別府学から放ち、4月5日には開幕戦の巨人戦(横浜)で江川卓からサヨナラヒットを打った。、1977年、にはオールスターゲームに出場。からは辻恭彦・加藤俊夫との併用になったが、からは若菜嘉晴の加入で出場機会が減少し、には一塁での起用が主となる。に広島へ移籍し、開幕戦の阪神戦(広島市民)で山本和行からサヨナラヒットを放つなど右の代打としても活躍したが、同年限りで現役を引退。福嶋久晃 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回選抜高等学校野球大会

    第45回選抜高等学校野球大会から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    作新学院の江川卓が選抜大会記録の60奪三振を記録した。第45回選抜高等学校野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 黄桜

    黄桜から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    大塚製薬や日産自動車とともに読売グループとのつながりが深く、読売新聞の第一面の2ベタ広告や、後楽園球場時代にスポンサーとして協賛してから、その後1988年に開場した東京ドームで以後のスポンサー活動など、現在に至るまで長い関係が続いている。そんな中、2007年10月11日から同年11月までの間、かつて野球界を揺るがせた「空白の一日」と呼ばれる「江川事件」の当事者同士である、江川卓(元巨人投手、日本テレビ野球解説者)と小林繁の両人が"初共演"した、「和解の酒」CMが放映された。黄桜 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の阪神タイガース

    1979年の阪神タイガースから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    この年の阪神タイガースは、ドン・ブレイザー監督の1年目のシーズンであり、いわゆる空白の一日で渦中にあった江川卓をドラフト1位指名し、江川とのトレードで小林繁が阪神に入団したシーズンである。1979年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
376件中 1 - 10件表示

「江川卓」のニューストピックワード