376件中 21 - 30件表示
  • 東京大学運動会硬式野球部

    東京大学運動会硬式野球部から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1974年秋季法大1回戦では江川卓に初黒星をつけ、TV中継(テレビ神奈川)が予定外の放送延長を行い、1981年春季には早大を史上初の連続完封、慶大からも勝ち点を挙げ優勝争いに加わり、TBSが急遽対立大4回戦をTV中継するなど話題を集めた。また、2010年10月2日には開幕戦初登板以来白星を献上し続けて来た早大の斎藤佑樹に初めて黒星を付け話題を呼んだ(早大1回戦・東大4-2早大。勝利投手は2失点完投の1年生・鈴木翔太)。東京大学運動会硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤博一

    加藤博一から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1979年からは「つちのこバット」を使用するようになり、阪神と因縁のある江川卓に強い男として売り出した。プロ入り後の初本塁打も甲子園初登板の江川から打ったものであり、1980年も含めて江川から3本の本塁打を放っている。この年より監督に就任したブレイザー監督にそのガッツを買われた。1980年には一気にレギュラーに定着。打率.314で打率ベストテンの5位に入ると共に、高橋慶彦(広島)と盗塁王争いを演じ、阪神から1956年(吉田義男)以来の盗塁王誕生かと思われたが、高橋の38盗塁に及ばず34盗塁でタイトルを逃した(阪神の盗塁王はその後世紀を超えて赤星憲広が出現するまで誕生しなかった。また、当時の甲子園の土は盗塁に不利と言われていた)。1981年オフのファン感謝デーでは福間納や似鳥功(打撃投手)と共にイモ欽トリオの形態模写を披露し、阪神ファンの人気を不動のものとする。加藤博一 フレッシュアイペディアより)

  • たけし・所のドラキュラが狙ってる

    たけし・所のドラキュラが狙ってるから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    現役時代の癖が治らずベッドの上でも一発病だ。(2つとも江川卓たけし・所のドラキュラが狙ってる フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の読売ジャイアンツ

    1982年の読売ジャイアンツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    連覇を目指すチームは開幕3連勝と好スタートを切り、4月下旬には6連勝で首位に立った。6月に広島に首位を明け渡し、一時は3位に後退するが、7月に再び首位に返り咲き前半を折り返す。後半戦に入ると広島は脱落し中日との優勝争いとなるが、8月下旬の首位攻防3連戦を全勝し、8月終了時点で中日に4ゲーム差を付ける。しかし9月に入ると松本匡史と河埜和正の1・2番が故障で相次いで離脱し中日に差を詰められ、9月28日の直接対決では9回に江川卓が4点差を追いつかれて逆転負けを喫しマジック点灯を許す。その後も星を伸ばせず、10月9日の大洋との最終戦では2年連続20勝がかかった江川がソロ本塁打3発を浴びて敗れシーズン終了。中日が最終戦で優勝を決めたのはその9日後であった。1982年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • THE・サンデー

    THE・サンデーから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1996年に放送時間を30分拡大するとともにスタッフを一新してからは、ワイドショー的な演出手法を取り入れ、芸能コーナーも設置。また、熱狂的なプロ野球・読売ジャイアンツファンとしても知られる徳光と、元巨人で日テレ野球解説者の江川卓との「激論バトル」がスポーツコーナーの大半を占めるようになった(一時期、この2人に加えてこちらも巨人OBの元木大介を入れた3人でバトルを繰り広げたこともあった。なお、元木は日本テレビやラジオ日本の野球解説者ではなく、TBSラジオの野球解説者である)。THE・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代の日本

    1970年代の日本から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    プロ野球で江川卓による空白の一日起こる。1970年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 東京六大学野球連盟

    東京六大学野球連盟から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1974年秋季、東大が法大の江川卓から勝ち星を挙げた試合ではテレビ神奈川が異例の中継延長に踏切った。それを知ってか試合終了後に東大ナインがテレビカメラに向かって一礼する一幕もあった。東京六大学野球連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1969年秋季からはエース横山晴久らを擁して最初の4連覇を果たし、4連覇から5年後の1976年からは江川卓や後に同大学野球部監督となる金光興二らを中心に2回目の4連覇を果たす。この4連覇はすべて勝ち点5の完全優勝であり、東京六大学に6例ある4連覇のなかでは唯一の記録である。法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 植草貞夫

    植草貞夫から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    といった様々な名言を残し、高校野球ファンの支持を集めた。彼が44年間のなかで実況できなかった大物選手といえば江川卓と松坂大輔ぐらいである。植草貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉パイレーツ

    千葉パイレーツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    法経大学(法政大学と包茎のもじり)野球部のエースで、大学球界を沸かせた大物新人。注目されないと実力を発揮できない性格なのを自覚しており、マスコミが依怙贔屓してくれる読売ジャイアンツを希望していたが、ドラフトで指名権を得たのがクラウンライターライオンズ(現在の埼玉西武ライオンズ)で苦悩している間に、吾作と国家の陰謀によりパイレーツに入団する羽目になる。パイレーツ入団後しばらくは「僕はなんでこんな球団にいるんでしょーね?」とかなり引き摺っていたが、乱闘騒ぎでスポーツ紙一面を取るなどして「パイレーツも目立つ」となってからは、吹っ切った模様。ただし、目立ちたがり屋の割りに、勝負弱く“ガラスの心臓”の持ち主で、良く「江川を見習え」と犬井に言われている。酒癖が悪い。風貌はクラウンにドラフト指名された頃の江川卓、名前は江川と原辰徳を掛け合わせたもの。身長186cm・体重85kg。昭和30年8月10日生まれ。千葉パイレーツ フレッシュアイペディアより)

376件中 21 - 30件表示

「江川卓」のニューストピックワード