325件中 41 - 50件表示
  • 牧野茂 (野球)

    牧野茂 (野球)から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    江川卓によれば、ミーティングで「〜の状況のとき、お前ならどうする?」と投手陣に質問し、江川のみが「私は三振を取りに行きます」と発言したためその場で叱責。その後、コーチ室に江川が呼ばれ「お前はあれで良いのだ」と言われたという。牧野茂 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 法明戦

    法明戦から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    特に江川卓が法大で活躍し、法政と明治の二校が台頭していた頃に「法明戦」という言葉が頻繁に用いられた。(1976年頃)法明戦 フレッシュアイペディアより)

  • 植松精一

    植松精一から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    静岡高校では第55回全国高等学校野球選手権大会に出場し、準優勝。高校通算本塁打は36本だが、当時はまだ木製バットしか使われていなかったということを考えると驚異的な記録であることが伺える。法政大学に進学し江川卓、袴田英利、金光興二、島本啓次郎らと四連覇を含む5回の東京六大学リーグ優勝に貢献し法政黄金期を創った。リーグ通算90試合出場、306打数84安打、打率.275、3本塁打、34打点。ベストナイン2回。1977年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。植松精一 フレッシュアイペディアより)

  • 島本啓次郎

    島本啓次郎から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    高校卒業後は法政大学に進学し、江川卓・金光興二・植松精一・袴田英利らと同大学野球部の黄金期を築き、島本啓次郎 フレッシュアイペディアより)

  • イエス玉川

    イエス玉川から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1980年、歌舞伎座にて真打披露、カタカナ名の芸人として初めて歌舞伎座の桧舞台を踏む。1980年代前半には『江川代参』『ひょうきん朝潮太郎』等、自作のケレン読みと客いじりで若手演芸ファンにも浸透を図った。イエス玉川 フレッシュアイペディアより)

  • 1955年のスポーツ

    1955年のスポーツから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    5月25日 - 江川卓(福島県、野球)1955年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 野球どアホウ伝

    野球どアホウ伝から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    コミックスの1、2巻は短編を集めた漫画、3巻は江川卓と田淵幸一のサクセスストーリーが描かれている。野球どアホウ伝 フレッシュアイペディアより)

  • 石山建一

    石山建一から見た江川卓 (野球) 江川卓 (野球)

    その後江川卓を擁する法政大学の後塵を拝する日々が続いたが1978年秋季リーグ戦で三冠王岡田彰布や金森栄治らの強力打線で9シーズンぶりに天皇杯を奪回した。これを置き土産に同年、監督を退いた。石山建一 フレッシュアイペディアより)

  • 佃正樹

    佃正樹から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1973年、迫田穆成監督率いる広島県立広島商業高等学校のエースとして達川光男・金光興二らとセンバツに出場。落差のある縦カーブと抜群の制球力で準々決勝までの3試合を完封。前年地区大会から公式戦139イニング連続無失点を続けていた怪物・江川卓の作新学院高校と準決勝で激突した。五回裏二死二塁から佃が江川の外角高めの速球を振りぬき、ライト前にチーム初安打となるポテンヒットを放ち、二塁ランナー達川が生還、江川の連続無失点記録を止めた。八回裏には金光らがダブルスチールを敢行し、慌てた捕手の三塁悪送球で決勝点を奪い江川を倒した。広島商業がこの試合で江川から放ったヒットは、この回の内野安打と先の佃のポテンヒットの計2本だった。非常にプライドが高く、ゲームセットでチームメイトが歓喜を爆発させる中、『おれは名門・広島商業の背番号1。勝って当然』と一人悠然としていたという。しかし決勝では渡辺元(渡辺元智)監督率いるセンバツ初出場の横浜高校の長打攻勢に敗れ準優勝に終わった。同年夏の甲子園は、佃自身の出来は今一つだったが、粘り強いピッチングで広島商業の5度目の全国制覇をもたらした。静岡高校を九回裏一死満塁から、サヨナラスリーバントスクイズで降した決勝戦は名勝負として有名。また細身で美少年だった佃は、宿舎に女性ファンが雪崩れ込む程のアイドル的人気を得た。佃正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彬

    岡田彬から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1973年11月から1975年12月まで東大野球部監督を務める。1974年春の監督就任第一戦を勝利で飾るとともに、続いて前年度甲子園優勝投手の佃正樹投手(法政)を破り、秋には当時「昭和の怪物」と言われ全勝を続けていた江川卓投手(法政)に初黒星をつけるなど当時の六大学野球ブームの一翼を担い、1975年には12シーズンぶりの最下位脱出を果たした。特に江川攻略についてはその後、文藝春秋より本宮ひろ志作「たかされ江川卓物語」として刊行されている。岡田彬 フレッシュアイペディアより)

325件中 41 - 50件表示

「江川卓」のニューストピックワード