376件中 51 - 60件表示
  • GO ANd GO

    GO ANd GOから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    スピードはないがカーブ、スライダー、シュートをコーナーに投げ分け、テンポのいいピッチングして守備のリズムを良くし、士気を高める。肩のスタミナがなく、それを補うため変化球を覚えようとするもオーバーワークで肘を故障し、半年のブランクを経て戦列復帰するが実はまだ完治しておらず、都内大会の準決勝で先発として登板し、試合中に肘の悪化して途中降板することになるが、チームメイトの協力で勝利投手として引退する。入部当初は一般入部のために特待生の川原たちから「チビ」と呼ばれバカにされていたが、上級生のイジメを通じて結束し認められる。幼いときに見た江川卓が投げたボールの風を切る音と英吾の投げるボールが同じだと言い、年下でありながら英吾に憧れている。また、エースとしてチームを引っ張る姿に、英吾すら唯一敬語を使われるほど尊敬されている。GO ANd GO フレッシュアイペディアより)

  • ロボッ太くん

    ロボッ太くんから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    臨海学校では「エイガワ30号」のように魚介類とプロ野球選手の背番号をもじったロボットたちが、運動会では読者募集のロボットたちが、それぞれ数体登場。他にKP団を蹴散らした「マアクロース」や、格闘技大会で戦った「ゲーハー84号」もあるが、いずれも助兵衛博士の作ったもの。ロボッ太くん フレッシュアイペディアより)

  • 蒲谷良充

    蒲谷良充から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    高校、大学と野球選手として活躍。特に、立教大学時代は四番打者として江川卓投手と対戦するなど東京六大学リーグで活躍する。卒業後は、社会人野球の大丸(京都市)に所属し小林繁投手らとともに活躍した。蒲谷良充 フレッシュアイペディアより)

  • ピート・ラコック

    ピート・ラコックから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    当時巨人の江川卓に強く、ホームランも打っている。ピート・ラコック フレッシュアイペディアより)

  • キース・カムストック

    キース・カムストックから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1985年シーズン中、2試合を残して王貞治の持つシーズン最多本塁打記録55本にランディ・バースが54本と迫っていた。残り2試合の対戦相手は巨人であり、巨人投手陣は江川卓以外、ランディ・バースを事実上敬遠する。カムストックは、後日自らの著書で当時を振り返り、「ある投手コーチから、彼にストライクを投げた場合、1球につき罰金1000ドルが課せられていた」と後述している。キース・カムストック フレッシュアイペディアより)

  • 萩原宏久

    萩原宏久から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    ジャイアンツ時代は第1期藤田元司監督、王貞治監督、第2期藤田元司監督、第2期長嶋茂雄監督、第1期原辰徳監督時代を通して一軍チーフトレーナーとして在籍、江川卓、桑田真澄、松井秀喜を始めとする選手たちの体調管理等に腐心した。萩原宏久 フレッシュアイペディアより)

  • 荻野一雄

    荻野一雄から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    現在に至るまで、北海道高校野球史上最高の投手という評価を受けている。また、著名なスポーツアナウンサーでもある西田善夫も、「自分が見た高校生の投手では作新学院高の江川卓と北海高の荻野一雄が双璧」と後年語っている。荻野一雄 フレッシュアイペディアより)

  • 魚住弘人

    魚住弘人から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1974年の東京六大学野球秋季大会の1回戦で、 法政大学の江川卓から3安打を放つ。魚住弘人 フレッシュアイペディアより)

  • 中二美夫

    中二美夫から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    高校名と名前の由来は、元・作新学院の江川卓、江川の父親・江川二美夫、江川の弟・江川中。中二美夫 フレッシュアイペディアより)

  • 水野博介

    水野博介から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    「「江川問題」の新聞報道とその影響(上) 新聞の意見形成力を中心に」,『桃山学院大学社会学論集』, 13(2), 1980水野博介 フレッシュアイペディアより)

376件中 51 - 60件表示

「江川卓」のニューストピックワード