325件中 61 - 70件表示
  • ピート・ラコック

    ピート・ラコックから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    当時巨人の江川卓に強く、ホームランも打っている。ピート・ラコック フレッシュアイペディアより)

  • 佐久間町

    佐久間町から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    江川卓(元読売巨人軍投手)佐久間町 フレッシュアイペディアより)

  • 織田淳哉

    織田淳哉から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    プロでは活躍の機会に恵まれなかった織田であるが、学生時代は90年代前半の東京六大学を代表する選手だった。チームの投手事情から入学以来「織田・織田また織田、1週挟んでまた織田」といわれるほどに毎試合のようにマウンドに上がった。4年間で史上5位タイの74試合に登板、527 1/3投球回も関根潤三・若林忠志・末吉俊信・江川卓らに次ぐ史上6位にランクされる。織田淳哉 フレッシュアイペディアより)

  • 第一不動産

    第一不動産から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1985年(昭和60年)には、東京・平河町の「イトーピア平河町ビル」を伊藤忠不動産から約120億円で買収、これは従来の「更地買収」に代わる「既設ビル買収」型の大型不動産投資であり、米国流ビジネスの先駆けともいわれた。その後のバブル期にかけても事業を急拡大し、国内では三井不動産販売のフランチャイジーとして同社の「リハウス」事業を展開していた他、ニューヨークのティファニー本社ビルを買収するなど海外にも進出。ピーク時の1991年(平成3年)には年商938億円を売り上げていた。当時は元読売ジャイアンツの江川卓が社外役員を務めるなど、スポーツ界とも深い関わりがあった。第一不動産 フレッシュアイペディアより)

  • 小野塚康之

    小野塚康之から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1999年後期連続テレビ小説・『あすか』のドラマ中、主人公・宮本あすか(竹内結子)がかじりついて聴くラジオの野球中継の実況アナウンサーとして声の出演。当時、江川卓の空白の一日にまつわる衝撃のトレードで阪神タイガースに移籍してきたばかりの小林繁が巨人相手に力投するさまを、のちの名調子の萌芽を思わせるテンションで高らかに演じ上げた。小野塚康之 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦真一郎

    三浦真一郎から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    厳格を旨とする審判の世界において、遊び心旺盛な審判であり、さまざまなエピソードを残している。「巨人・江川卓の恋人」(江川が先発で、三浦が球審の時の江川の勝敗は12勝1敗1S。1983年の日本シリーズ出場時も、当時の富澤宏哉審判部長に球審日の希望を聞かれ、江川先発日にあわせて球審志願したという。三浦と江川は偶然にもともに横浜市の緑区(当時。三浦の住所は現在では青葉区)に住んでいた)、「阪神・掛布雅之の愛人」(掛布が打席に入る前、三浦の身体に触ると、掛布はよく本塁打を連発した)とも呼ばれた。また、大洋の田代富雄も、三浦の身体に触れるとよく本塁打を打ったと述懐している。三浦真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田填一郎

    吉田填一郎から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    日本シリーズではこの他にも後楽園決戦と言われた1981年の日本シリーズ対日本ハム第4戦(江川卓の好投(2失点で完投勝利)と、原のシリーズ初ホームランなどで2勝2敗のタイに持ち込む)、1983年の日本シリーズ対西武第5戦(ヘクター・クルーズのサヨナラホームランで巨人が王手をかけるも、後の第6、7戦を連敗し、日本一を逃す。ちなみにニュース用に製作した第7戦の最後のシーンを実況したのが吉田である)、後楽園最後の年の1987年の日本シリーズ対西武第3戦(江川の現役最後の登板となった試合で、8回まで好投するも、ジョージ・ブコビッチと石毛宏典にホームランを打たれ、敗戦投手になる。ちなみに西武の先発は郭泰源で、こちらは中畑清のタイムリーによる1失点で完投勝利を挙げている)、1990年の日本シリーズ対西武第1戦(槙原がオレステス・デストラーデにホームランを打たれた試合。なおデストラーデの一発で流れが西武に傾いた。ちなみに中継の冒頭で「敗れて悔いなし」とコメントしている)、巨人以外のチームが出場したシリーズに限ると1999年のダイエー対中日第1戦(福岡ドーム。工藤公康がシリーズ新記録となる1試合13奪三振で完封勝利)など、印象に残るシーンを実況している。吉田填一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    流目監督がスカウトしようとした大学野球選手。常に不敵な笑顔の持ち主。学生時代に肩を壊し、プロ選手としては使い物にならなくなっていたが、契約金に目のくらんだ父に堅く口止めされている。カントクの教えで打者転向を決意するが…。モデルは名前の通り江川卓1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • 1993年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1993年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    日本テレビ 実況:山下末則 解説:江川卓、掛布雅之 リポーター:今井伊佐男、村山喜彦1993年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    (セ) 江川(巨)、○尾花(ヤ)、高木宣(広)、斉藤(洋)、S山本和(神)?山倉(巨)、若菜(洋)1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

325件中 61 - 70件表示

「江川卓」のニューストピックワード