376件中 61 - 70件表示
  • 五十嵐洋一

    五十嵐洋一から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1980年のオールスターゲーム第3戦で球審(巨人・江川卓のオールスター初登板)五十嵐洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    流目監督がスカウトしようとした大学野球選手。常に不敵な笑顔の持ち主。学生時代に肩を壊し、プロ選手としては使い物にならなくなっていたが、契約金に目のくらんだ父に堅く口止めされている。カントクの教えで打者転向を決意する。モデルは名前の通り江川卓1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • MANGAオールマン

    MANGAオールマンから見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    たかされ(原作:江川卓、漫画:本宮ひろ志)1996年10号 - 1996年14号MANGAオールマン フレッシュアイペディアより)

  • 松鶴家千代若・千代菊

    松鶴家千代若・千代菊から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    千代若は大の読売ジャイアンツファンでもあり、大正製薬の「メンフラハップ」CMに江川卓と競演している。松鶴家千代若・千代菊 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻良文

    江尻良文から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    清武球団代表の造反においては、告発内容である「岡崎郁ヘッドコーチを解任し、後任を江川卓をとするよう渡邉が指示した」ということに関しては「ファンにも受け入れられるだけのインパクトがあったのに、暴露されて白紙に」と書き渡邉を評価している。それに対して清武を「補強に失敗した責任はフロントにある」という渡邉の方針を引用し、高橋信二、大村三郎の補強を「ピンボケ」、橋上秀樹、秦真司のコーチ就任を「首をかしげるしかない人事」と評し、「渡辺会長の威光を借りて、これまで好き勝手をやっていた清武GM」、「2年連続V逸の元凶だったフロントを束ねる清武氏」として批判。「清武が退任すれば巨人再生の道が開ける」としている。江尻良文 フレッシュアイペディアより)

  • 佃正樹

    佃正樹から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1973年、迫田穆成監督率いる広島県立広島商業高等学校のエースとして達川光男・金光興二らとセンバツに出場。落差のある縦カーブと抜群の制球力で準々決勝までの3試合を完封。前年地区大会から公式戦139イニング連続無失点を続けていた怪物・江川卓の作新学院高校と準決勝で激突した。五回裏二死二塁から佃が江川の外角高めの速球を振りぬき、ライト前にチーム初安打となるポテンヒットを放ち、二塁ランナー達川が生還、江川の連続無失点記録を止めた。八回裏には金光らがダブルスチールを敢行し、慌てた捕手の三塁悪送球で決勝点を奪い江川を倒した。広島商業がこの試合で江川から放ったヒットは、この回の内野安打と先の佃のポテンヒットの計2本だった。非常にプライドが高く、ゲームセットでチームメイトが歓喜を爆発させる中、『おれは名門・広島商業の背番号1。勝って当然』と一人悠然としていたという。しかし決勝では渡辺元(渡辺元智)監督率いるセンバツ初出場の横浜高校の長打攻勢に敗れ準優勝に終わった。同年夏の甲子園は、佃自身の出来は今一つだったが、粘り強いピッチングで広島商業の5度目の全国制覇をもたらした。静岡高校を九回裏一死満塁から、サヨナラスリーバントスクイズで降した決勝戦は名勝負として有名。また細身で美少年だった佃は、宿舎に女性ファンが雪崩れ込む程のアイドル的人気を得た。佃正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井大輔

    酒井大輔から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    野手として期待しての獲得で本人も乗り気だったが、思いのほか投手としての力があったため、投手1本で行くことになった。カープキャンプを視察に来ていた江川卓も投球を見て「山口高志の再来。野手で育てると言うことだが、これだけのボールなら投手で見たい。」とその年のカープ指名選手の中でも特に高く評した。酒井大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 西村欣也

    西村欣也から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    大学卒業後報知新聞社に入社。1980年より読売ジャイアンツの番記者となり、主に当時ジャイアンツのエースピッチャーだった江川卓を担当する。その関係で江川とは懇意の仲となり、江川が引退後に出版した自叙伝「たかが江川されど江川」では共著者を務めている。ただし、いわゆる江川事件(空白の一日事件)については当時から一貫して批判的な立場で、特に江川が法学部出身であることから「法律を学んだものなら『空白の一日』なんて存在しないことは容易にわかったはずだ」と本人に直言している。西村欣也 フレッシュアイペディアより)

  • 丸尾千年次

    丸尾千年次から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    1973年に阪急がドラフトで1位指名した作新学院の江川卓を担当。江川の実家がある栃木県小山市に元旦に訪ねたが、門前払いされて獲得を断念。1975年に阪急を退職した後はスポーツメーカー勤務を経て、1978年から日本ハムファイターズに移籍。1989年まで在籍した。丸尾千年次 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田省三 (野球)

    藤田省三 (野球)から見た江川卓 (野球)江川卓 (野球)

    退任後は中日ドラゴンズヘッドコーチ(1955年 - 1956年)を務め、選手兼任監督の野口明を支えた。その後は会社役員の傍らで日大三高・法大などを指導。慶大を不合格になった江川卓の入学に積極的に動き、「江川の陰のコーチ」と言われた。藤田省三 (野球) フレッシュアイペディアより)

376件中 61 - 70件表示

「江川卓」のニューストピックワード