前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
223件中 1 - 10件表示
  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た小林繁

    1978年秋のドラフト会議の2日前に帰国し、ドラフト会議前日に巨人と電撃契約した(空白の一日事件)。セントラル・リーグ事務局は即時にこの契約を無効として江川の選手登録を却下したが、それに抗議した巨人はドラフト会議をボイコットした。ドラフト会議では巨人の抜け駆け契約に抗議する意味で南海ホークス、近鉄バファローズ、ロッテオリオンズ、阪神タイガースの4球団が江川を1位指名し、阪神タイガースが江川との交渉権を獲得。巨人は、全12球団が出席していないドラフト会議は無効であると主張して、江川の阪神の交渉権を認めなかった。この問題はこじれにこじれたが、最終的にコミッショナー・金子鋭の「強い要望」により1月にドラフトで指名した阪神に入団した上で、小林繁を相手とする交換トレードで巨人に移籍することとなった。この事件により江川は一躍悪役に祭り上げられ、マスコミは大挙して江川を批判すると同時に、小林を悲劇のヒーローとして報道した(江川事件)。この経緯から、「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)という言葉が流行語にまでなった。また、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た掛布雅之

    ジャイアンツ入団時に背番号19を提示されるも、さすがに小林繁の着けていた背番号なので拒否。昭和30年生まれにちなみ、空いていた背番号30を着ける。なお、阪神時代の背番号は3である。これはたまたま3番が欠番だったからということもあるが、巨人移籍後は(永久欠番のため)使用できない番号を故意に着けさせた阪神側のせめてもの抵抗とも受け取れる。ただし、引退時は引退記念登板(巨人対阪神のオープン戦)でライバルであった掛布雅之を打席に立たせるなど、阪神サイドも一定の配慮を見せている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た長嶋茂雄

    シーズン終了後の巨人軍の納会では、長嶋茂雄の引退試合のコメント(「わが巨人軍は永久に不滅です」)をもじって「巨人軍選手会は永遠に不滅です」と最後の挨拶を行った。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た落合博満

    1984年のオールスターゲーム第3戦では8連続奪三振を記録(このとき対戦した落合博満は「球は現役投手で一番速い。なぜこれほどの投手が打たれるのかわからない」と述懐している)。しかし9人目に迎えた打者・大石大二郎にカーブを投げて当てられてしまい、二塁ゴロとなり9者連続はならなかった。江川は、3回で10人連続三振を狙っており、9人目の大石を2ストライクまで追い込んだので、暴投を投げて振り逃げ三振を狙い、次打者で10三振の予定であったが、球場の雰囲気に呑まれて10三振を忘れてしまい、通常の投球をして大石にゴロを打たれている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た西本聖

    巨人は一連の騒動について全面的に謝罪し、公式戦開幕から5月31日までの約2か月間、江川の出場を自粛させることとした(誤って伝えられることが多いが、あくまで自粛であり出場停止ではない)。デビュー戦となった1979年6月2日の対阪神戦では被本塁打3本、また同月のプロ初勝利となった対広島戦では鼻血出血というハプニングで途中交代したが、その後は活躍を見せた。2年目のには最多勝と最多奪三振を獲得、には20勝6敗、防御率2.29、奪三振221で、最多勝、最高勝率、最優秀防御率、最多奪三振、最多完封と言う投手五冠に輝いた(日本プロ野球史上6人目、2リーグ分立後3人目)。MVPにも選出されたものの、沢村賞は同僚の西本聖が受賞となった(当時の沢村賞はプロ野球担当の新聞記者による投票で決定されたが、現在は歴代の沢村賞受賞者による選考会で選出される)。1981年の日本シリーズ第6戦で、最後の打者の飛球がマウンド上に上がった際に、普段どおり代わって捕球しようとする野手を制してウィニングボールを捕ったことを思い出としている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た日本テレビ放送網

    引退後は、日本テレビの野球解説者に就任。1994年からは『スポーツうるぐす』のMC、1996年からは『THE・サンデー』のスポーツコメンテーターを務める。2010年現在は『Going!Sports&News』のコメンテーター、ナイター中継の解説を担当している。ワイン好きでワインタレントとして知られ、名誉ソムリエの資格も持っている。遠縁に元タレント・俳優の江川有未がいる。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た板東英二

    夏の甲子園1回戦は、柳川商(福岡)に対江川用の奇策「プッシュ打法」作戦で6回に予選以来の初失点(練習試合含むと146イニングぶり)を奪われが、7回に追いつき、試合は1対1のまま延長戦に突入。甲子園出場校の中でも特に打撃力が弱い作新学園に対して、柳川商業は9回裏、一死満塁、サヨナラ負けのピンチに、中堅手の松藤が三塁手の前、投手の左に守備位置を変え、外野2人の変形シフトをしき、作新ナインはもちろん、4万5千の大観衆を驚かせた。そのシフトに、作新の山本監督は、スクイズをあきらめ強行したが、外野フライすら打てず無得点。その後、柳川商業は12回、13回のピンチも、このシフトを使い、切り抜けたが、15回に作新学園がついに1点を入れ、延長15回作新学院が2対1でサヨナラ勝ちした。この試合を完投した江川は15回の参考記録ながら大会史上2位の23奪三振を記録。1位は板東英二(徳島商)の25奪三振(18回)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た浅香唯浅香 唯

    カネボウ デバイス(浅香唯と共演、1989年)江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た大鵬幸喜

    1978年秋のドラフト会議の2日前に帰国し、ドラフト会議前日に巨人と電撃契約した(空白の一日事件)。セントラル・リーグ事務局は即時にこの契約を無効として江川の選手登録を却下したが、それに抗議した巨人はドラフト会議をボイコットした。ドラフト会議では巨人の抜け駆け契約に抗議する意味で南海ホークス、近鉄バファローズ、ロッテオリオンズ、阪神タイガースの4球団が江川を1位指名し、阪神タイガースが江川との交渉権を獲得。巨人は、全12球団が出席していないドラフト会議は無効であると主張して、江川の阪神の交渉権を認めなかった。この問題はこじれにこじれたが、最終的にコミッショナー・金子鋭の「強い要望」により1月にドラフトで指名した阪神に入団した上で、小林繁を相手とする交換トレードで巨人に移籍することとなった。この事件により江川は一躍悪役に祭り上げられ、マスコミは大挙して江川を批判すると同時に、小林を悲劇のヒーローとして報道した(江川事件)。この経緯から、「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)という言葉が流行語にまでなった。また、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た渡邉恒雄

    2011年11月11日、2012年シーズンから江川を巨人ヘッドコーチに起用すべく招聘する案が球団会長渡邉恒雄によって進められていたことが、球団代表清武英利による記者会見で明らかになっているが、江川自身は球団側から正式な要請を受けていないとしており、仮にコーチの話を受けたとしても入団時の経緯もあり、この年のヘッドコーチである岡崎郁に迷惑を掛けられないので受けないだろうと江川は述べている。結果、岡崎は留任となり、江川の入閣は行われなかった(清武の乱参照)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
223件中 1 - 10件表示

「江川卓」のニューストピックワード