223件中 91 - 100件表示
  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た中日ドラゴンズ

    慶大受験に失敗した江川は、法政大学法学部二部法律学科へ進み(後に一部へ転籍)、1年生時に東京六大学史上最年少ベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。からの法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。中でも1976年秋季リーグでは、打席数が野手と比較して少ないにもかかわらず、38打数13安打、打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(同2位)、打点10(同1位)の好成績をあげている。このときはもちろん法政の規定打数以上の選手の中では3部門においてトップである。通算47勝は山中正竹の48勝に次ぐ史上2位。1977年10月22日、対明大1回戦を5安打完封し47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で東京六大学タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり登板を鎗田に譲っている。完封数17はリーグ記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ2位の記録である。奪三振数(443個)もに当時早大4年生だった和田毅に更新されるまでは歴代最多だった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た明治大学

    慶大受験に失敗した江川は、法政大学法学部二部法律学科へ進み(後に一部へ転籍)、1年生時に東京六大学史上最年少ベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。からの法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。中でも1976年秋季リーグでは、打席数が野手と比較して少ないにもかかわらず、38打数13安打、打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(同2位)、打点10(同1位)の好成績をあげている。このときはもちろん法政の規定打数以上の選手の中では3部門においてトップである。通算47勝は山中正竹の48勝に次ぐ史上2位。1977年10月22日、対明大1回戦を5安打完封し47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で東京六大学タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり登板を鎗田に譲っている。完封数17はリーグ記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ2位の記録である。奪三振数(443個)もに当時早大4年生だった和田毅に更新されるまでは歴代最多だった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た東京六大学野球連盟

    慶大受験に失敗した江川は、法政大学法学部二部法律学科へ進み(後に一部へ転籍)、1年生時に東京六大学史上最年少ベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。からの法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。中でも1976年秋季リーグでは、打席数が野手と比較して少ないにもかかわらず、38打数13安打、打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(同2位)、打点10(同1位)の好成績をあげている。このときはもちろん法政の規定打数以上の選手の中では3部門においてトップである。通算47勝は山中正竹の48勝に次ぐ史上2位。1977年10月22日、対明大1回戦を5安打完封し47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で東京六大学タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり登板を鎗田に譲っている。完封数17はリーグ記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ2位の記録である。奪三振数(443個)もに当時早大4年生だった和田毅に更新されるまでは歴代最多だった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た福岡市

    法大4年生の1977年秋のドラフト会議ではクラウンライターライオンズからドラフト1位指名を受けるが、入団を拒否。江川は当時福岡市を本拠地としていたクラウンライターに対し、福岡は遠隔地という理由で断った。この時のことを後に江川は「巨人がだめでも巨人と対戦でき、そして当時交際中だった(のちの)夫人が東京在住だったため遠距離交際を避けられる、在京セ・リーグ球団からの指名なら入団していただろう」と振り返っている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たピーマン

    1978年秋のドラフト会議の2日前に帰国し、ドラフト会議前日に巨人と電撃契約した(空白の一日事件)。セントラル・リーグ事務局は即時にこの契約を無効として江川の選手登録を却下したが、それに抗議した巨人はドラフト会議をボイコットした。ドラフト会議では巨人の抜け駆け契約に抗議する意味で南海ホークス、近鉄バファローズ、ロッテオリオンズ、阪神タイガースの4球団が江川を1位指名し、阪神タイガースが江川との交渉権を獲得。巨人は、全12球団が出席していないドラフト会議は無効であると主張して、江川の阪神の交渉権を認めなかった。この問題はこじれにこじれたが、最終的にコミッショナー・金子鋭の「強い要望」により1月にドラフトで指名した阪神に入団した上で、小林繁を相手とする交換トレードで巨人に移籍することとなった。この事件により江川は一躍悪役に祭り上げられ、マスコミは大挙して江川を批判すると同時に、小林を悲劇のヒーローとして報道した(江川事件)。この経緯から、「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)という言葉が流行語にまでなった。また、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た愛媛県立今治西高等学校

    4月3日、準々決勝では、秋季大会愛媛県大会優勝、四国地区大会でも優勝し、春の大会でも優勝候補の一角であった今治西(愛媛)と激突した。(ちなみに、この今治西はこの年の夏の甲子園にも出場し、ベスト4になっている。)この今治西に対して、速球、変化球ともに冴え、「怪物」ぶりを発揮した江川は7回2死まで1人のランナーも許さず14奪三振。完全試合の期待もあったが、その直後に中前打された。しかし、気持ちを切らさず8回9回もアウト6者連続三振で締め、結局、8連続を含む毎回の20奪三振で1安打完封と完璧に抑えた。この試合で8連続奪三振は1926年(大正15年)夏の和歌山中学・小川正太郎の記録に並ぶ大会記録。試合後のインタビューで今治西・矢野監督は「選手にバットを短く持って当てていくように指示したが、どうしても打てなかった。もう1度対戦しても打てませんね。選手には内緒ですが、完全試合にならなくてホッとしましたよ。」と語っている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た高所恐怖症

    幼い頃に父に背負われて散歩に出かけた際、背負われたまま崖の下を覗かされたことで、極度の高所恐怖症になる。そのため妻が元客室乗務員でありながら飛行機嫌いであり、国内の移動はどんなに時間がかかってもいつも電車などを用いている(妻との馴れ初めは、江川が米国開催の日米大学野球選手権大会に出場するため、やむを得ず飛行機に乗っていて青くなっているところを、客室乗務員だった妻が親切にしてくれたことである)。かつて巨人の北海道遠征の取材で東京→盛岡→青森→函館→札幌と1日かけて陸路を乗り継ぎながら出かけたほか、宮崎キャンプの取材でも東京→博多→新八代→鹿児島中央と乗り継ぎ、車で宮崎入りするなど、時間を無駄にしてまで電車移動にこだわっている。松山でのオールスターゲームを取材した時でも、松山→岡山→東京と乗り継いで帰京したために、翌朝の『ザ・サンデー』のエンディングで江川は既に松山を発ったとのフリップが出ていた(同行した女子アナは松山市内でゆっくり買い物をした後に飛行機で帰京し、江川より先に東京に到着した)。名球会のハワイでの取材時に長嶋茂雄から「江川さん、よく飛行機乗れましたね」と言われたほどである。飛行機嫌いの一因に、現役時代に発生した日本航空123便墜落事故も影響していると言われている。この事故で同じ球界関係者である阪神タイガース球団社長の中埜肇も犠牲になっていたため、球界全体にも大きな衝撃を与えていた。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た読売ジャイアンツ

    慶大受験に失敗した江川は、法政大学法学部二部法律学科へ進み(後に一部へ転籍)、1年生時に東京六大学史上最年少ベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。からの法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。中でも1976年秋季リーグでは、打席数が野手と比較して少ないにもかかわらず、38打数13安打、打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(同2位)、打点10(同1位)の好成績をあげている。このときはもちろん法政の規定打数以上の選手の中では3部門においてトップである。通算47勝は山中正竹の48勝に次ぐ史上2位。1977年10月22日、対明大1回戦を5安打完封し47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で東京六大学タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり登板を鎗田に譲っている。完封数17はリーグ記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ2位の記録である。奪三振数(443個)もに当時早大4年生だった和田毅に更新されるまでは歴代最多だった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たメロン

    カーブ以外有効な変化球を持たなかった江川は、プロ入り以後は投球術で打ち取るテクニックを覚えている。また、1983年に肩を痛めてからはスライダー系の変化球を投げるようになった。1985年頃から投げ始めた「相手の腰を引かせるスライダー系のボール」コシヒカリが話題になり、本当にコシヒカリが贈られてきたエピソードがある。このことに味をしめた江川は、今度はメロンを貰おうと「相手のマスク(顔)をメロメロにしてしまう顔の前を通すボール」マスクメロンを開発している。2010年3月14日放送の「SUPERうるぐす」ではコントロールがよく、ストレートのスピードとコースを投げ分けることができたので、カーブ以外の変化球を使わなかったと語った。現役時代のライバルだった掛布雅之は、「ストレートへの強いこだわりを持ったボールを感じさせてくれる」唯一の投手だったと述べている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た群馬県立前橋工業高等学校

    1971年秋、第24回秋季関東地区大会栃木県予選で4試合に登板、30回2失点37奪三振防御率0.67。1回戦(対足利工戦)ではノーヒットノーランを記録し、決勝の宇都宮学園では3安打11奪三振で完封勝ちして優勝し、関東大会に駒を進めた。関東大会では、1回戦前橋工戦に先発して、1回2死から4回まで10連続奪三振4回まで無安打無失点と絶好調の投球内容であったが、5回打席で前橋工業小池投手より頭部死球を受け退場。リリーフ投手が打たれて敗退、優勝候補の一角とも評判だった2年春の甲子園は出場はならなかった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

223件中 91 - 100件表示

「江川卓」のニューストピックワード