223件中 101 - 110件表示
  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た徳島県立徳島商業高等学校

    夏の甲子園1回戦は、柳川商(福岡)に対江川用の奇策「プッシュ打法」作戦で6回に予選以来の初失点(練習試合含むと146イニングぶり)を奪われが、7回に追いつき、試合は1対1のまま延長戦に突入。甲子園出場校の中でも特に打撃力が弱い作新学園に対して、柳川商業は9回裏、一死満塁、サヨナラ負けのピンチに、中堅手の松藤が三塁手の前、投手の左に守備位置を変え、外野2人の変形シフトをしき、作新ナインはもちろん、4万5千の大観衆を驚かせた。そのシフトに、作新の山本監督は、スクイズをあきらめ強行したが、外野フライすら打てず無得点。その後、柳川商業は12回、13回のピンチも、このシフトを使い、切り抜けたが、15回に作新学園がついに1点を入れ、延長15回作新学院が2対1でサヨナラ勝ちした。この試合を完投した江川は15回の参考記録ながら大会史上2位の23奪三振を記録。1位は板東英二(徳島商)の25奪三振(18回)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た福岡ソフトバンクホークス

    1978年秋のドラフト会議の2日前に帰国し、ドラフト会議前日に巨人と電撃契約した(空白の一日事件)。セントラル・リーグ事務局は即時にこの契約を無効として江川の選手登録を却下したが、それに抗議した巨人はドラフト会議をボイコットした。ドラフト会議では巨人の抜け駆け契約に抗議する意味で南海ホークス、近鉄バファローズ、ロッテオリオンズ、阪神タイガースの4球団が江川を1位指名し、阪神タイガースが江川との交渉権を獲得。巨人は、全12球団が出席していないドラフト会議は無効であると主張して、江川の阪神の交渉権を認めなかった。この問題はこじれにこじれたが、最終的にコミッショナー・金子鋭の「強い要望」により1月にドラフトで指名した阪神に入団した上で、小林繁を相手とする交換トレードで巨人に移籍することとなった。この事件により江川は一躍悪役に祭り上げられ、マスコミは大挙して江川を批判すると同時に、小林を悲劇のヒーローとして報道した(江川事件)。この経緯から、「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)という言葉が流行語にまでなった。また、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (1981年)江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た広島市民球場 (初代)

    初セーブ:1983年7月29日、対広島東洋カープ16回戦(広島市民球場)、8回裏1死に3番手で救援登板・完了、1回2/3を無失点江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た客室乗務員

    幼い頃に父に背負われて散歩に出かけた際、背負われたまま崖の下を覗かされたことで、極度の高所恐怖症になる。そのため妻が元客室乗務員でありながら飛行機嫌いであり、国内の移動はどんなに時間がかかってもいつも電車などを用いている(妻との馴れ初めは、江川が米国開催の日米大学野球選手権大会に出場するため、やむを得ず飛行機に乗っていて青くなっているところを、客室乗務員だった妻が親切にしてくれたことである)。かつて巨人の北海道遠征の取材で東京→盛岡→青森→函館→札幌と1日かけて陸路を乗り継ぎながら出かけたほか、宮崎キャンプの取材でも東京→博多→新八代→鹿児島中央と乗り継ぎ、車で宮崎入りするなど、時間を無駄にしてまで電車移動にこだわっている。松山でのオールスターゲームを取材した時でも、松山→岡山→東京と乗り継いで帰京したために、翌朝の『ザ・サンデー』のエンディングで江川は既に松山を発ったとのフリップが出ていた(同行した女子アナは松山市内でゆっくり買い物をした後に飛行機で帰京し、江川より先に東京に到着した)。名球会のハワイでの取材時に長嶋茂雄から「江川さん、よく飛行機乗れましたね」と言われたほどである。飛行機嫌いの一因に、現役時代に発生した日本航空123便墜落事故も影響していると言われている。この事故で同じ球界関係者である阪神タイガース球団社長の中埜肇も犠牲になっていたため、球界全体にも大きな衝撃を与えていた。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た鍼灸

    1983年夏に再び右肩を痛める。鍼灸の治療などを受けてマウンドに立ち続けたが、スポーツ新聞などからは「百球肩」と揶揄されるようになった。江川はこの事実が知られることを恐れ、投球数を減らすよう工夫し、チーム内でもトレーナー一人以外には知らせなかったという。しかし、この肩痛が最終的に江川を引退に追い込むことになる。また、同年の西武との日本シリーズでは、シリーズ直前に右足ふくらはぎの肉離れを起こしていたため精彩を欠き、第1戦、第6戦で敗戦投手となり、第4戦でも江川自身に勝ち負けは付かなかったがチームは敗戦した。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た阪神甲子園球場

    100勝:1985年6月4日、対阪神タイガース10回戦(阪神甲子園球場)、先発登板で6回2/3を6失点 ※史上88人目江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た大阪近鉄バファローズ

    1978年秋のドラフト会議の2日前に帰国し、ドラフト会議前日に巨人と電撃契約した(空白の一日事件)。セントラル・リーグ事務局は即時にこの契約を無効として江川の選手登録を却下したが、それに抗議した巨人はドラフト会議をボイコットした。ドラフト会議では巨人の抜け駆け契約に抗議する意味で南海ホークス、近鉄バファローズ、ロッテオリオンズ、阪神タイガースの4球団が江川を1位指名し、阪神タイガースが江川との交渉権を獲得。巨人は、全12球団が出席していないドラフト会議は無効であると主張して、江川の阪神の交渉権を認めなかった。この問題はこじれにこじれたが、最終的にコミッショナー・金子鋭の「強い要望」により1月にドラフトで指名した阪神に入団した上で、小林繁を相手とする交換トレードで巨人に移籍することとなった。この事件により江川は一躍悪役に祭り上げられ、マスコミは大挙して江川を批判すると同時に、小林を悲劇のヒーローとして報道した(江川事件)。この経緯から、「エガワる」(周囲をかえりみず強引に自分の意見を押し通すこと)という言葉が流行語にまでなった。また、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (1984年 第3戦)江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た最優秀防御率

    巨人は一連の騒動について全面的に謝罪し、公式戦開幕から5月31日までの約2か月間、江川の出場を自粛させることとした(誤って伝えられることが多いが、あくまで自粛であり出場停止ではない)。デビュー戦となった1979年6月2日の対阪神戦では被本塁打3本、また同月のプロ初勝利となった対広島戦では鼻血出血というハプニングで途中交代したが、その後は活躍を見せた。2年目のには最多勝と最多奪三振を獲得、には20勝6敗、防御率2.29、奪三振221で、最多勝、最高勝率、最優秀防御率、最多奪三振、最多完封と言う投手五冠に輝いた(日本プロ野球史上6人目、2リーグ分立後3人目)。MVPにも選出されたものの、沢村賞は同僚の西本聖が受賞となった(当時の沢村賞はプロ野球担当の新聞記者による投票で決定されたが、現在は歴代の沢村賞受賞者による選考会で選出される)。1981年の日本シリーズ第6戦で、最後の打者の飛球がマウンド上に上がった際に、普段どおり代わって捕球しようとする野手を制してウィニングボールを捕ったことを思い出としている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

223件中 101 - 110件表示

「江川卓」のニューストピックワード