328件中 41 - 50件表示
  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た横浜中学校・高等学校

    関東大会に駒を進めての1回戦では群馬県大会優勝校の強豪・東農大二高と対戦したが、2回2死から5回2死まで9者連続奪三振、6回まで投げて13奪三振1安打零封という素晴らしい投球を見せ、観衆を唸らせた。準決勝は70年代前半から「黒潮打線」と呼ばれて強打で鳴らしていた銚子商と激突したが、銚子商随一の強打者、4番・飯野から3打席3三振を奪うなど、まったく相手にせず、1安打完封20奪三振。銚子商はノーヒットノーランを逃れるのが精一杯というほどの完敗だった。続く決勝では好投手・永川英植(1974年のドラフト1位でヤクルトに入団)を擁する神奈川県大会優勝校の横浜高校と激突した。東農大二、銚子商の試合結果を知る横浜は三振を取られまいとバットを一握り短く持って初球から積極的に打ってくる戦法だったが、まったく寄せ付けず、その打線からも16三振を奪い、完封して優勝した。また、この関東大会3試合で3番に入った江川は、12打数7安打・打率5割8分3厘・6打点・2三塁打・2四球と打撃でもチームの勝利に大きく貢献した。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たGoing!Sports&News

    引退後は、1988年から現在まで、日本テレビの野球解説者に就任。1993年にはメガCD専用ソフト『江川卓のスーパーリーグCD』の開発にも関わり、1994年からは『スポーツうるぐす』のMC、1996年からは『THE・サンデー』のスポーツコメンテーターを務める。2017年現在は『Going!Sports&News』の日曜日メインコメンテーターとナイター中継、主に巨人主催試合の解説を担当している。ワイン好きで「ワインタレント」として知られ、ワインに関する著作があり、名誉ソムリエの資格も持っている。2003年春には法大野球部臨時コーチを務めた。2009年のヤクルト春季キャンプでは球界を代表するストッパーである五十嵐亮太の特別コーチを務め、2011年には千葉・鎌ケ谷で日本ハムの新人合同自主トレを視察、斎藤佑樹の投球を見て「北別府タイプになったら200勝近く勝つ」と分析した。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た埼玉西武ライオンズ

    法大4年生時の1977年秋のドラフト会議(11月22日開催)では、法大の大先輩・根本陸夫新監督率いるクラウンライターライオンズからドラフト1位指名を受けるが、入団を拒否。江川は当時福岡市を本拠地としていたクラウンに対し、福岡は遠隔地という理由で断った。このときのことをのちに江川は、「巨人がだめでも巨人と対戦でき、そして当時交際中だった(のちの)夫人が東京在住だったため、遠距離交際を避けられる在京セ・リーグ球団からの指名なら入団していただろう」と振り返っている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た関西電力

    同年8月9日、柳川商(福岡)との対戦となった夏の甲子園1回戦は、対江川用の奇策「プッシュ打法」作戦により、江川は6回表に練習試合を含めて146イニングぶりの失点を喫するが、延長15回の死闘の末に作新学院が2対1でサヨナラ勝ち。この試合を完投した江川は15回の参考記録ながら大会史上2位の23奪三振を記録した。江川を見るために全国でファンがテレビに釘付けになり、関西電力が大手会社にエスカレーターと冷房のストップを要請する事態となった。8月16日の銚子商(千葉)との2回戦は、好投手・土屋正勝(のち中日)を相手に、栃木県予選のチーム打率が.204だった作新学院打線は点を取れず、0対0のまま延長戦に突入した。試合途中から降り出した雨でボールがすべり、制球を乱した江川は12回裏1死満塁のピンチを招くと、カウント2-3から内野手全員をマウンドに集め、「次の球は力いっぱいのストレートを投げたい」と告げた。江川はそのとき、「ふざけるな、ここで負けたら終わりなんだからちゃんとストライクを入れろ」といわれることも覚悟していたというが、ナインに「おお、いいよ。ここまで来られたのはお前のおかげなんだから、お前の気の済むように投げろ」といわれ、「ああ、このチームにいて本当に良かった」と思ったという。この直後、江川が投じた169球目のストレートは明らかに高く外れるボールで押し出し。0対1でサヨナラ負けとなり、江川にとって最後の甲子園は幕を下ろした。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た新潮社

    『たかが江川されど江川』(江川卓・玉置肇・永瀬郷太郎・西村欣也共著、新潮社、1988年) ISBN 4103703016江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た小学館

    『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて2014年10月24日号より連載開始。江川と西本のライバル関係を描くスポーツ漫画。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た大正製薬

    大正製薬 ‐ 「メンフラハップ」 (同郷の松鶴家千代若と共演)江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た角川書店

    『巨人?阪神論』(江川卓・掛布雅之共著、角川書店、2010年) ISBN 4047102342江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た講談社

    『夢ワイン』(江川卓著、講談社、1997年) ISBN 4062087111江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た武田薬品工業

    武田薬品工業 - タケダ胃腸薬 ザッツ(掛布雅之と共演)江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

328件中 41 - 50件表示

「江川卓」のニューストピックワード