223件中 41 - 50件表示
  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た広島東洋カープ

    には王貞治の年間本塁打記録55本に迫る阪神のランディ・バースに対し、他の巨人の投手が敬遠をする中で真っ向勝負をしている。このシーズンのオフに中国鍼治療で復肩した江川は新ストライクゾーンが導入された翌は好調で、6月26日に7試合連続本塁打の日本タイ記録が掛かったバースに真っ向勝負を挑んでいるが、最終打席で本塁打を許した。9月20日対広島戦で小早川毅彦から打たれたサヨナラ本塁打をきっかけに、球団の慰留を押し切って現役を引退した。任意引退ではなく自由契約になったが、これは球団側の意趣返しとも言われた。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た江川有未

    引退後は、日本テレビの野球解説者に就任。1994年からは『スポーツうるぐす』のMC、1996年からは『THE・サンデー』のスポーツコメンテーターを務める。2010年現在は『Going!Sports&News』のコメンテーター、ナイター中継の解説を担当している。ワイン好きでワインタレントとして知られ、名誉ソムリエの資格も持っている。遠縁に元タレント・俳優の江川有未がいる。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たTBSテレビ

    PU-PU-PU-(TBS系)小峰政男役江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た有田二三男

    3月27日、第1日目第1試合。初めて甲子園球場という全国区に登場した「怪物」江川に日本中の高校野球ファンが試合のテレビ放送を注目した。江川見たさと、開幕直後の地元北陽高校戦とあって甲子園球場は観客5万5千人の超満員となった。満を持して登場した江川は1回、剛速球全開で北陽の選手のバットに一度も触れさせず三者連続三振。続く2回も先頭打者に1球もボールに触れさせず三振。強打北陽高校打線の1番冠野から2番慶元(クラウン→西武→近鉄)、3番広瀬、4番藤田の北陽が誇る上位打線が1人もバットにボールをかすることすらできず、高校生の中で1人だけプロ野球選手が混じって試合が行われていると揶揄された、あまりの実力差を見せつけられ、甲子園球場は異様などよめきに包まれた。続く5番有田(近鉄)がこの試合23球目に初めてバットにボールを当てると(一塁スタンドへのファウル)、有田に対して超満員の観客から大きな拍手が巻き起こっている。初回先頭打者から4回2死までアウト11者連続三振、秋季大会で打率4割2分3本塁打21打点の成績を残した北陽一の強打者4番藤田からは4打席4奪三振(すべてスイングアウトでの三振)、最終9回も2番慶元からの好打順に対して3者連続三振で締め、結局、この試合4安打19奪三振完封と鮮烈な甲子園デビューを飾った。試合後のインタビューで北陽・高橋監督は「生徒にはまっすぐを狙わしたが、スピードがありすぎてバットに当たろうともしなかった。途中から作戦をかえて、短打打法に切り替えたが、全くだめだった。」と語っている。(ちなみに、この北陽高校はこの年の夏の甲子園にも出場し、ベスト8になっている。)大会前から豪腕と騒がれたが、初めて全国に姿を現した「怪物」の実力に多くの高校野球ファンが驚嘆し、この試合を契機にこの大会が江川大フィーバーに包まれた。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た岸本正治

    4月5日、準決勝は広島商業(達川光男が所属)戦、広島商業迫田監督は、試合前、「他のチームのことは一切考えなかった。江川をいかに崩すか。それだけを頭に描いて選手を鍛えてきた」と語っている。試合では全選手が徹底して、バットを短く持って、バッターボックスにおおいかぶさって構えてファウルを打ち、球数を増やし、江川の精神面を崩す作戦に出た。試合は2安打(内野安打とポテンヒット)毎回の11奪三振とほぼ完璧な投球だったが、広島商業は8回2死1、2塁からダブルスチールを敢行、捕手の悪送球で二塁走者の金光興二(法大→三菱重工広島→広島商監督→法大監督)が生還し、これが決勝点となりベスト4で敗退した。江川はこの大会で通算60奪三振を記録、1930年(昭和5年)選抜優勝の第一神港商・岸本正治の作った54奪三振の従来記録を塗り替えた。60奪三振は現在でも選抜大会記録である。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た大石大二郎

    1984年のオールスターゲーム第3戦では8連続奪三振を記録(このとき対戦した落合博満は「球は現役投手で一番速い。なぜこれほどの投手が打たれるのかわからない」と述懐している)。しかし9人目に迎えた打者・大石大二郎にカーブを投げて当てられてしまい、二塁ゴロとなり9者連続はならなかった。江川は、3回で10人連続三振を狙っており、9人目の大石を2ストライクまで追い込んだので、暴投を投げて振り逃げ三振を狙い、次打者で10三振の予定であったが、球場の雰囲気に呑まれて10三振を忘れてしまい、通常の投球をして大石にゴロを打たれている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たマイク・ラインバック

    初奪三振:同上、1回表にマイク・ラインバックから江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た西村欣也

    『たかが江川されど江川』(1989年、新潮社) - 玉置肇・永瀬郷太郎・西村欣也との共著江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た小川光明

    『耳をすませば』 - 声優。プロ野球解説者役。ちなみに実況アナウンサーは小川光明江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た金光興二

    4月5日、準決勝は広島商業(達川光男が所属)戦、広島商業迫田監督は、試合前、「他のチームのことは一切考えなかった。江川をいかに崩すか。それだけを頭に描いて選手を鍛えてきた」と語っている。試合では全選手が徹底して、バットを短く持って、バッターボックスにおおいかぶさって構えてファウルを打ち、球数を増やし、江川の精神面を崩す作戦に出た。試合は2安打(内野安打とポテンヒット)毎回の11奪三振とほぼ完璧な投球だったが、広島商業は8回2死1、2塁からダブルスチールを敢行、捕手の悪送球で二塁走者の金光興二(法大→三菱重工広島→広島商監督→法大監督)が生還し、これが決勝点となりベスト4で敗退した。江川はこの大会で通算60奪三振を記録、1930年(昭和5年)選抜優勝の第一神港商・岸本正治の作った54奪三振の従来記録を塗り替えた。60奪三振は現在でも選抜大会記録である。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

223件中 41 - 50件表示

「江川卓」のニューストピックワード