223件中 71 - 80件表示
  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たザ・マサダ

    『マウンドの心理学』(2001/07 ザ・マサダ) ISBN 4883970701江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た羽川豊

    現役引退の年、自宅に近い横浜市緑区霧が丘に喫茶店「きりんこ」を開店した。元々は巨人で打撃投手をしていた同僚が転職を考えているという話を聞き、その支援目的で当時近所に住んでいた黒澤久雄や羽川豊らと共同で出資したのがオープンのきっかけだという。しかし、住宅地で回りにほとんど店が無いこと、すぐ隣に老舗の喫茶店があったことなどから、数年で閉店。現在は駐車場となっており、建物の遺構の一部が駐車場の壁として残っている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た山本和行

    打撃の優れた投手としても知られているが、最初はさすがにプロのボールについていけなかったのか、初安打はデビューから36打席目だった。プロ入り最初の打席で、阪神の山本和行が初球に投げたストレートがあまり速くなかったため「プロってこんなレベルか」と思っていたところ、そのあと「打ちごろ」と見て振った球をいずれも空振りして三振を喫した。江川はそれがフォークボールであったと気づき、「これは、やばいぞ。プロはこんな高いレベルなのか」と思ったと回想している。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た小早川毅彦小早川 毅彦

    には王貞治の年間本塁打記録55本に迫る阪神のランディ・バースに対し、他の巨人の投手が敬遠をする中で真っ向勝負をしている。このシーズンのオフに中国鍼治療で復肩した江川は新ストライクゾーンが導入された翌は好調で、6月26日に7試合連続本塁打の日本タイ記録が掛かったバースに真っ向勝負を挑んでいるが、最終打席で本塁打を許した。9月20日対広島戦で小早川毅彦から打たれたサヨナラ本塁打をきっかけに、球団の慰留を押し切って現役を引退した。任意引退ではなく自由契約になったが、これは球団側の意趣返しとも言われた。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見たキン肉マン

    ゆでたまご原作のプロレス漫画『キン肉マン』の主人公「キン肉スグル」の名前は江川にちなんだものだといわれている。また、兄の「キン肉アタル(=キン肉マン・ソルジャー)」の名前も江川の実弟、中(あたる)に同じ。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た沢村栄治賞

    巨人は一連の騒動について全面的に謝罪し、公式戦開幕から5月31日までの約2か月間、江川の出場を自粛させることとした(誤って伝えられることが多いが、あくまで自粛であり出場停止ではない)。デビュー戦となった1979年6月2日の対阪神戦では被本塁打3本、また同月のプロ初勝利となった対広島戦では鼻血出血というハプニングで途中交代したが、その後は活躍を見せた。2年目のには最多勝と最多奪三振を獲得、には20勝6敗、防御率2.29、奪三振221で、最多勝、最高勝率、最優秀防御率、最多奪三振、最多完封と言う投手五冠に輝いた(日本プロ野球史上6人目、2リーグ分立後3人目)。MVPにも選出されたものの、沢村賞は同僚の西本聖が受賞となった(当時の沢村賞はプロ野球担当の新聞記者による投票で決定されたが、現在は歴代の沢村賞受賞者による選考会で選出される)。1981年の日本シリーズ第6戦で、最後の打者の飛球がマウンド上に上がった際に、普段どおり代わって捕球しようとする野手を制してウィニングボールを捕ったことを思い出としている。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た引退

    には王貞治の年間本塁打記録55本に迫る阪神のランディ・バースに対し、他の巨人の投手が敬遠をする中で真っ向勝負をしている。このシーズンのオフに中国鍼治療で復肩した江川は新ストライクゾーンが導入された翌は好調で、6月26日に7試合連続本塁打の日本タイ記録が掛かったバースに真っ向勝負を挑んでいるが、最終打席で本塁打を許した。9月20日対広島戦で小早川毅彦から打たれたサヨナラ本塁打をきっかけに、球団の慰留を押し切って現役を引退した。任意引退ではなく自由契約になったが、これは球団側の意趣返しとも言われた。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た早稲田大学

    慶大受験に失敗した江川は、法政大学法学部二部法律学科へ進み(後に一部へ転籍)、1年生時に東京六大学史上最年少ベストナインを受賞するなど主戦投手として活躍。からの法大4連覇(4回とも対戦校すべてから勝ち点を奪う完全優勝)にエース、ときには5番打者として貢献した。中でも1976年秋季リーグでは、打席数が野手と比較して少ないにもかかわらず、38打数13安打、打率3割4分2厘(リーグ2位)、本塁打2本(同2位)、打点10(同1位)の好成績をあげている。このときはもちろん法政の規定打数以上の選手の中では3部門においてトップである。通算47勝は山中正竹の48勝に次ぐ史上2位。1977年10月22日、対明大1回戦を5安打完封し47勝目を挙げた翌23日、リーグ最終戦の対明大2回戦に勝てば通算勝利で東京六大学タイ記録になったが、江川は「うちには投手は他にも沢山いますから」と、あっさり登板を鎗田に譲っている。完封数17はリーグ記録、ベストナインにも6度選ばれた。これは高田繁(明大→巨人)の7度に次いで、谷沢健一(早大→中日)の6度と並ぶ2位の記録である。奪三振数(443個)もに当時早大4年生だった和田毅に更新されるまでは歴代最多だった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た栃木県立宇都宮商業高等学校

    1971年、江川1年生の夏、第53回全国大会栃木県予選2回戦(対足尾戦)を救援で5回無安打無四球7奪三振のパーフェクトリリーフで高校生として初登板初勝利を飾った。翌3回戦(対足利工大付戦)は高校生として初先発、8回を3安打完封し、5対0の中、9回を後続ピッチャーに譲っている。準々決勝(対烏山戦)でも先発し、栃木県高校野球史上初の快挙となる完全試合を達成。中学を卒業して4ヶ月の1年生ながら素質と能力の高さを証明した。準決勝(対宇都宮商戦)は先発するも延長11回で降板、後続ピッチャーが失点して敗退し、1年夏の甲子園出場はならなかった。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 江川卓 (野球)

    江川卓 (野球)から見た東京農業大学第二高等学校

    1972年、第25回秋季関東地区大会栃木県予選は、4試合登板29回無失点45奪三振、2試合完封で優勝。関東大会準々決勝(対東農大二戦)を6回1安打完封13奪三振。準決勝は70年代前半から「黒潮打線」の強打で鳴らしていた銚子商と激突したが、1安打完封20奪三振。続く決勝の横浜高校戦も16奪三振完封で優勝した。江川は秋の県大会と関東大会を無失点で優勝(秋季大会成績:7勝0敗 / 53回 / 被安打12 / 奪三振94 / 奪三振率15.96 /失点0 / 自責点0 / 防御率0.00)。新チーム結成以来、練習試合を含む23戦全勝負けなし、113回無失点という前人未到の驚異的な記録で3年時(73年)の春の選抜大会出場を初めて手にした。なお、決勝で江川に16三振完封負けした横浜高校も同じく春の選抜大会に出場しているが、この大会で優勝しており、江川の素質と能力の高さを間接的に証明している。江川卓 (野球) フレッシュアイペディアより)

223件中 71 - 80件表示

「江川卓」のニューストピックワード