150件中 91 - 100件表示
  • 後藤仁

    後藤仁から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    大英博物館、ヴィクトリア&アルバート美術館、紙の博物館、呉市立美術館、旧岩崎邸庭園、入船山記念館、フェルケール博物館静岡、江戸東京博物館、姫路市書写の里美術工芸館、箱根ラリック美術館、東京芸術劇場、第7回国際シンポジウムin長野(ホテル国際21)、小津和紙博物舗小津ギャラリー、OZONE新宿ショールーム、銀座一穂堂サロン、上方銀花、他多数。後藤仁 フレッシュアイペディアより)

  • ねこまたや

    ねこまたやから見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    未来少年トキオの東京体験 江戸東京博物館(1992年、作画監督・原画・3Dコーディネーション)ねこまたや フレッシュアイペディアより)

  • 石渡江逸

    石渡江逸から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「羽田中町にて(藁造る家)」 木版画 渡辺版画店 昭和6年(1931年)11月 江戸東京博物館所蔵石渡江逸 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立上野高等学校

    東京都立上野高等学校から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    竹内誠(江戸東京博物館長・東京学芸大学名誉教授)東京都立上野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ツァハリアス・ヴァグナー

    ツァハリアス・ヴァグナーから見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    1657年には出島のオランダ商館長に昇進した。恒例となっている将軍謁見のために江戸に赴いたが、そこで1657年3月2日(明暦3年1月18日)に発生した明暦の大火に遭遇した(江戸東京博物館には彼によるスケッチが所蔵されている)。この経験から、ヴァグナーは当時発明されたばかりの消防ポンプとホースを将軍に献上することを思いつき、次の商館長ヨアン・ボウヘリヨンによって実現され、大いに喜ばれた。ツァハリアス・ヴァグナー フレッシュアイペディアより)

  • 渓斎英泉

    渓斎英泉から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「四季美人図」 紙本着色 4幅対 江戸東京博物館所蔵渓斎英泉 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス関東東京支店

    ジェイアールバス関東東京支店から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    JR化と同時に「つくば号」を受け持つことになり、バス分社化後には常磐高速バス・東関東高速バス・夜行高速バスが次々と運行開始され、車両も急速に増備された。特に三菱エアロクィーンMが大量に配置され、一気に所属台数が増えた。このことだけが理由ではないが、両国(現在江戸東京博物館のある場所)から塩浜へ営業所を移転している。ジェイアールバス関東東京支店 フレッシュアイペディアより)

  • 京成バス奥戸営業所

    京成バス奥戸営業所から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    南部ルート:錦糸町駅北口 - 都営両国駅(江戸東京博物館前) - 墨田区役所(勝海舟像入口) - 押上駅 - 錦糸町駅北口京成バス奥戸営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川芳勝

    歌川芳勝から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「頼朝公富士之御将図」 大判3枚続 錦絵 江戸東京博物館所蔵 一勢斎芳勝画の落款歌川芳勝 フレッシュアイペディアより)

  • 松平忠昌

    松平忠昌から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    忠昌は家督相続後、結城秀康から忠直に受け継がれた麹町屋敷(東京都麹町)は相続していない。これは当時、忠直の息子の仙千代(のちの光長)やその他妻妾らが住んでいたため、それらを気遣ってのことともされるが、そもそも当時既に越後高田25万石という立派な大名であった忠昌は、江戸城大手門至近の龍ノ口(現在の東京都大手町)に立派な屋敷を構えていて、移転の必要がなかったためでもある。この上屋敷は現在その遺構建築物は残っていないが、壮麗な建物は模型復元され、江戸東京博物館に常設展示されている。また、江戸を代表する大名屋敷として、出光美術館蔵の「江戸名所図屏風」に松平伊予守上屋敷が、国立歴史民俗博物館蔵の「江戸図屏風」には他の大藩の壮麗な屋敷と共に松平伊予守上屋敷と推測同定される屋敷が描かれている。松平忠昌 フレッシュアイペディアより)

150件中 91 - 100件表示

「江戸東京博物館」のニューストピックワード