150件中 101 - 110件表示
  • 龍馬伝

    龍馬伝から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    番組と並行して2010年NHK大河ドラマ特別展「龍馬伝」と称し、江戸東京博物館、京都文化博物館、高知県立歴史民俗資料館、長崎歴史文化博物館と四箇所で坂本龍馬に関する展示会が行われた。坂本龍馬の手紙や遺品など170点を一堂に集めた過去最大の龍馬展であり、入場者数は東京14万1千人、京都6万7千人、高知3万2千人、長崎4万6千人を記録した。また、 NHK大河ドラマ「龍馬伝」全国巡回展と称して全国各地で龍馬伝に関する写真展覧会も行われた。龍馬伝 フレッシュアイペディアより)

  • 星晃

    星晃から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    ヨーロッパ出張中に鉄道撮影の面白さに目覚め、設計から試作、試運転、そして営業運用開始に至るまでの各段階で、自分たちが開発した車輌を写真に収めた。『鉄道ピクトリアル』、『鉄道ファン』などに多くの記事を寄稿し、戦後国鉄客車・電車史の貴重な語り部として、鉄道趣味の世界でも広く知られている。2007年7月に江戸東京博物館にて開催された大鉄道博覧会に多くの資料を提供した。晩年に至るまで鉄道友の会の名誉会員だった。星晃 フレッシュアイペディアより)

  • 電気パン

    電気パンから見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    岩城正夫は「一升瓶の米つき器」「タバコ巻き器」とともに「電気パン焼き」敗戦直後の三種の神器とし、木の箱とブリキ板だけででき、パン種自体が熱を発して出来上がることを江戸東京博物館の学芸員に説明したと記している。電気パン フレッシュアイペディアより)

  • 吉田博

    吉田博から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「藤之庭 原画」 江戸東京博物館所蔵 1935年(昭和10年)吉田博 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局6000形電車 (軌道)

    東京都交通局6000形電車 (軌道)から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    荒川電車営業所に保管中。1978年の廃車後、都内の個人宅で長期にわたって静態保存されていたが、その後解体の危機を免れ、2008年(平成20年)6月8日に荒川車庫へ約30年ぶりの里帰りを果たし、同年9月27日に開催された「荒川線の日」記念イベントで初展示された(この里帰りに際しては鉄道博物館の学芸員であった岸由一郎の尽力によるものといわれる)。東京都交通局では今後の保存方法などは未定としているものの、末永く保存していく方針である。2009年(平成21年)6月14日には2度目の撮影会が行われた。その後、外装の補修工事も行われている。2011年(平成23年)には江戸東京博物館の特別展「東京の交通100年博」(7月14日 - 9月10日開催)において、博物館の屋外で展示されている。東京都交通局6000形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

  • 新版画

    新版画から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    平成21年、江戸東京博物館で大正新版画と題して回顧展が開かれ、好評を博した。新版画 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤武 (服飾学者・生活文化学者・歴史学者)

    遠藤武 (服飾学者・生活文化学者・歴史学者)から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    日本服飾学会会長、日本風俗史学会東京副支部長、文化財保護審議会専門委員、日本常民文化研究所理事、江戸東京博物館資料収集委員などを務める。遠藤武 (服飾学者・生活文化学者・歴史学者) フレッシュアイペディアより)

  • 狩野派

    狩野派から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    特別展図録『狩野派の三百年』東京都江戸東京博物館、1998狩野派 フレッシュアイペディアより)

  • 平賀源内

    平賀源内から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    江戸東京博物館2003年11月29日?2004年1月18日、東北歴史博物館2月14日?3月21日、岡崎市美術博物館で4月3日?5月9日、福岡市博物館5月27日?7月4日、香川県歴史博物館7月17日?8月29日に「平賀源内展」が開催された。エレキテル等の復元品も展示された。平賀源内 フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    手塚治虫とは1960年代から手塚の晩年に至るまで親交があり、やなせは手塚が虫プロダクションで制作した劇場アニメ『千夜一夜物語』(1969年)に美術監督として参加し、キャラクターデザインも手がけた。手塚はそのお礼として、やなせの原案によるアニメ映画『やさしいライオン』を制作している(大藤信郎賞を受賞)。2009年に東京都江戸東京博物館で開催された「手塚治虫展」では、「ぼくが学んだのは、手塚治虫の人生に対する誠実さである。才能は努力しても、とてもかなわないが、誠実であることはいくらかその気になれば可能である。もちろん遠く及ばないにしても、いくらかは近づける。手塚治虫氏はその意味でぼくの人生の師匠である。」というやなせのコメントが紹介された(ちなみに、やなせは手塚より9歳年長である)。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

150件中 101 - 110件表示

「江戸東京博物館」のニューストピックワード