207件中 111 - 120件表示
  • 小島美子

    小島美子から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    福島県生まれ。1949年、当時は専門学校だった日本女子大学国語科から、東京大学に進む。1953年、東京大学文学部国史学科卒業。大学院に1年だけ籍を置いた後、中学校教員となるが、3年で退職し、1958年に東京藝術大学音楽学部楽理科に入学する。1964年、東京藝術大学音楽学部学理科卒業。お茶の水女子大学、早稲田大学、東京藝術大学で非常勤講師、1985年国立歴史民俗博物館教授、1994年定年退官。日本民俗音楽学会会長、江戸東京博物館研究員などを歴任。夫は政治学者・法政大学教授だった小島昭(1929-1987)。小島美子 フレッシュアイペディアより)

  • 川瀬巴水

    川瀬巴水から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「塩原おかね路」 江戸東京博物館所蔵 1918年(大正7年)川瀬巴水 フレッシュアイペディアより)

  • 川瀬巴水

    川瀬巴水から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    よみがえる浮世絵 うるわしき大正新版画展 東京都江戸東京博物館編、東京都江戸東京博物館 朝日新聞社、2009年(平成21年)川瀬巴水 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭亭序

    蘭亭序から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    八柱第三本は馮承素の臨摸といわれる。筆路が鮮明であるのが特徴的で、高校の教科書などで紹介されることが多いが、逆にそれが不自然過ぎると指摘されることもある。割り印として使われた「神龍」の印が、端に半分残っているので神龍半印本ともいわれる。「神龍」は唐時代の年号である(2008年、江戸東京博物館で日本初公開された)。蘭亭序 フレッシュアイペディアより)

  • ひばりが丘団地

    ひばりが丘団地から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    東京都江戸東京博物館では、2015年の常設展示リニューアルの際に、1962年(昭和37年)頃のひばりが丘団地の室内の様子を実物大模型で再現した展示を新設した。ひばりが丘団地 フレッシュアイペディアより)

  • 横山松三郎

    横山松三郎から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    『企画展140年前の江戸城を撮った男 横山松三郎』図録、江戸東京博物館、2011年横山松三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横山松三郎

    横山松三郎から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「旧江戸城写真ガラス原板」29枚(1871年)、東京都江戸東京博物館横山松三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柵

    から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    埋め立て造成で都市を構築した江戸の街は、都内で埋蔵文化財としてしばしばしがらみ遺構が検出される。この参考事例は江戸東京博物館において模型展示されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 八百善

    八百善から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    2004年3月まで江戸東京博物館のレストランとして江戸料理を現代に伝えていた。その後、2013年5月8日に鎌倉十二所にある五大堂明王院境内にて、ほぼ10年ぶりに料理屋としての店舗を、十代目栗山善四郎、栗山雄太郎が復活させた。八百善 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイアールバス関東東京支店

    ジェイアールバス関東東京支店から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    JR化と同時に「つくば号」を受け持つことになり、バス分社化後には常磐高速バス・東関東高速バス・夜行高速バスが次々と運行開始され、車両も急速に増備された。特に三菱エアロクィーンMが大量に配置され、一気に所属台数が増えた。このことだけが理由ではないが、両国(現在江戸東京博物館のある場所)から塩浜へ営業所を移転している。ジェイアールバス関東東京支店 フレッシュアイペディアより)

207件中 111 - 120件表示

「江戸東京博物館」のニューストピックワード