150件中 71 - 80件表示
  • 竹内誠

    竹内誠から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    竹内 誠(たけうち まこと、1933年 - )は、日本の歴史学者・江戸時代学者、江戸東京博物館館長、徳川林政史研究所所長。竹内誠 フレッシュアイペディアより)

  • 中村座

    中村座から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    東京都江戸東京博物館……中村座の正面部分が原寸大で復元されている。中村座 フレッシュアイペディアより)

  • 三笑亭笑三

    三笑亭笑三から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    2012年現在も健在で、いまなお寄席に出演する落語芸術協会の最長老の一人である。江戸東京博物館の音声ガイドも担当している。三笑亭笑三 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川芳富

    歌川芳富から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「両国祇園会之図」 大判3枚続 錦絵 江戸東京博物館所蔵歌川芳富 フレッシュアイペディアより)

  • NTTドコモ墨田ビル

    NTTドコモ墨田ビルから見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    NTTドコモが所有する超高層ビルで、両国国技館、江戸東京博物館に隣接し両国駅が最寄り駅となる。NTTドコモ墨田ビル フレッシュアイペディアより)

  • 徳川慶臧

    徳川慶臧から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    1952年-53年(昭和27-8年)の市街化計画に伴い墓所が移転されることになり、慶臧の墓も詳細な発掘調査が行われた。合計九重もの層で囲まれた非常に堅牢な構造が幸いし、内部の保存状態は極めて良好だった。その中には通常殆ど残らない紙製品がよく残っており、副葬品として本来庶民の娯楽である浮世絵版画・版本が副葬品として大量に収められていた。その内訳は葛飾北斎の北斎漫画や、歌川広重の風景画、歌川国芳の武者絵など当時人気を博した作品が殆どで、特に慶臧の好みからか国芳の武者絵が多い。他にも国芳肉筆の小絵巻『山王祭礼附祭絵巻』、『神田明神祭礼附祭』(徳川美術館蔵、『山王祭附祭絵巻』と繋がりがあると見られる『山王祭礼駿河町付祭行列図』が江戸東京博物館にある(画像))も収められており、大名子弟であってもよほど厳格な家柄でもない限り、浮世絵の収集や鑑賞に手を染めていたと見られる。徳川慶臧 フレッシュアイペディアより)

  • 蹄斎北馬

    蹄斎北馬から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「隅田川百花園図」 絹本着色三幅対 江戸東京博物館所蔵 TOKYO DIGITAL MUSEUMに画像あり蹄斎北馬 フレッシュアイペディアより)

  • 川村修就

    川村修就から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    後年、川村家の子孫は、家に残った史料を、江戸時代のものは新潟市歴史博物館に、明治以降は江戸東京博物館にそれぞれ寄贈しており、新潟市歴史博物館には、修就の肖像画や、修就が300両で明珍に作らせたという腹巻など、ゆかりの品々が所蔵されている。川村修就 フレッシュアイペディアより)

  • 凌雲閣

    凌雲閣から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    江戸東京博物館 - 10分の1で復元された模型が常設展示されている。凌雲閣 フレッシュアイペディアより)

  • ブラタモリ

    ブラタモリから見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    取材協力:中野区立歴史民俗資料館、国土交通省、荒川下流河川事務所、彦根市観光振興課、東京都江戸東京博物館、墨田区立緑図書館、東日本橋やげん堀商店会、野口恵一郎、奥浅草観光まちづくり協会、松竹衣裳、藤浪小道具、北かつら、床山 寿々芽屋、顔師 岡田、吉原神社、吉原地区七々町町会、浅草防犯健全協力会、よし原 鷹福、台東区フィルム・コミッション、松木伸也、鈴木健人、深沢但、すみだ郷土文化資料館、網中貞男、日本測量協会、日本不動産研究所、歌舞伎町商店街振興組合、土木学会附属土木図書館、佃一丁目町会、NPO法人 神田学会、中央区立郷土天文館、神田多町二丁目町会の皆様、神田浩、飯野亮一、永山久夫ブラタモリ フレッシュアイペディアより)

150件中 71 - 80件表示

「江戸東京博物館」のニューストピックワード