207件中 71 - 80件表示
  • 奴振り

    奴振りから見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    江戸東京博物館編『参勤交代 巨大都市江戸のなりたち』(江戸東京博物館、1997年)奴振り フレッシュアイペディアより)

  • 三浦綾子 (アナウンサー)

    三浦綾子 (アナウンサー)から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    趣味は釣り、友達との旅行。都内の一人散策(一人で江戸東京博物館、両国国技館に探索に出かけたりなど)。特技はフラメンコ。また「ハマランチョ」放送時には番組コーナー中でフラダンスを習っていたこともある。三浦綾子 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 葛飾正久

    葛飾正久から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「全国雷名の諸君見立力競」 大判錦絵3枚続 江戸東京博物館所蔵 ※明治15年葛飾正久 フレッシュアイペディアより)

  • 武田幾丸

    武田幾丸から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    「東京海運橋兜街三井組為替坐西洋形五階造」 大錦3枚続 明治6年 江戸東京博物館所蔵武田幾丸 フレッシュアイペディアより)

  • 甲府勤番

    甲府勤番から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    甲府勤番については近世に『甲陽柳秘録』『甲府略志』『甲陽記録』『裏見寒話』などの地誌類において触れられている。戦後には平沢勘蔵、田渕正和らによる制度史的研究が行われ、『甲府市史』『山梨県史』などの自治体史において関係資料の集成が行われている。『甲府市史』では甲府勤番に関する基本的な史料が集成されているほか、『山梨県史』資料編資料編8近世1(領主)では甲府勤番関係文書を収録し、『県資』9近世2(甲府町方)では甲府町年寄に関する史料が併せて収録されており、甲府町政に関する史料を集成している。また、『県資』8では江戸東京博物館所蔵の甲府勤番士別所家文書や内閣文庫所蔵の多聞櫓文書のうち甲府勤番関係史料を収録しており、甲府勤番士の実態に迫る構成となっているほか、田淵正和「甲府勤番支配就任者変遷一覧」を収録している。甲府勤番 フレッシュアイペディアより)

  • 千両箱

    千両箱から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    なお、東京都墨田区にある江戸東京博物館や大阪市北区にある造幣博物館には、実物と同じ重さの千両箱を実際に持ち上げることができる体験コーナーがある。千両箱 フレッシュアイペディアより)

  • 宮前真樹

    宮前真樹から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    新生〜我が胸中、朱夏にて候〜(2003年10月29日 - 11月17日、江戸東京博物館ホール他)宮前真樹 フレッシュアイペディアより)

  • 中村座

    中村座から見た東京都江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    江戸東京博物館には中村座の正面部分が原寸大で復元されている。中村座 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川慶臧

    徳川慶臧から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    1952年から1953年(昭和27年から28年)の市街化計画に伴い墓所が移転されることになった際、慶臧の墓も詳細な発掘調査が行われた。合計九重もの層で囲まれた非常に堅牢な構造が幸いし、内部の保存状態は極めて良好だった。その中には通常ほとんど残らない紙製品がよく残っており、副葬品として本来庶民の娯楽である浮世絵版画・版本が大量に収められていた。その内訳は、葛飾北斎の『北斎漫画』や歌川広重の風景画、歌川国芳の武者絵など、当時人気を博した作品がほとんどで、特に慶臧の好みからか国芳の武者絵が多い。他にも国芳肉筆の小絵巻『山王祭礼附祭絵巻』、『神田明神祭礼附祭』(徳川美術館蔵、『山王祭附祭絵巻』と繋がりがあると見られる『山王祭礼駿河町付祭行列図』が江戸東京博物館にある(画像))も収められており、大名子弟であってもよほど厳格な家柄でもない限り、浮世絵の収集や鑑賞に手を染めていたと見られる。徳川慶臧 フレッシュアイペディアより)

  • 種田陽平

    種田陽平から見た江戸東京博物館東京都江戸東京博物館

    江戸東京博物館/東京)2014年7月27日~9月15日種田陽平 フレッシュアイペディアより)

207件中 71 - 80件表示

「江戸東京博物館」のニューストピックワード