34件中 11 - 20件表示
  • 赤木圭一郎

    赤木圭一郎から見た江木俊夫江木俊夫

    事故直前に同じく『激流に生きる男』出演中で撮影所にいた子役時代の江木俊夫は、赤木からゴーカートに誘われていたが、小林旭から「一緒に行くと危ないぞ、それより飯でも食おうよ」と呼ばれたためと共に食堂で食事をしているところに、外から大きな音と騒ぎが聞こえて赤木の事故を知ったという。赤木圭一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝ファミリーホール特ダネ登場!?

    東芝ファミリーホール特ダネ登場!?から見た江木俊夫江木俊夫

    司会は東芝のCMタレントとして活躍したフリーアナウンサーの押阪忍。解答者は長門裕之・南田洋子夫妻、山本直純、金田正一、山東昭子、江木俊夫、芳村真理、萩本欽一、桂三枝(現・六代目桂文枝)、青島美幸ほかで、男女対抗形式(通常は3対3)。更に毎回ゲスト歌手が1名登場する。江木俊夫がメンバーの一員であるフォーリーブスのメンバー全員(北公次・おりも政夫・青山孝)も度々ゲスト出演していた。日本各地のホールで収録が行われた。東芝ファミリーホール特ダネ登場!? フレッシュアイペディアより)

  • JOHNNY'Sジュニア・スペシャル

    JOHNNY'Sジュニア・スペシャルから見た江木俊夫江木俊夫

    1977.3.21 『ツイスト110番 c/w 片思い日記』(フォーリーブス楽曲提供。「ツイスト110番」作詞:おりも政夫・作曲:青山孝/「片想い日記」作詞:江木俊夫・作曲:青山孝)JOHNNY'Sジュニア・スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • うしおそうじ

    うしおそうじから見た江木俊夫江木俊夫

    自身がアニメ制作のエキスパートでもあり、番組の企画、営業、製作、怪獣のデザインなど1人でこなすマルチプレイヤーだった。自宅を会社にしていて、夫人が経理をしていたこともあり、スタッフとは家族ぐるみの付き合いだった。面倒見がよく、自宅の2階には『マグマ大使』製作中のころ、造形家の大橋史典や江木俊夫らが前後して下宿していた。労働争議の際には退職金をつけ、また第二次怪獣ブームで商品化収入のあった際にはスタッフに臨時ボーナスを出したが、これは業界では極めて異例なことだった 。ロックバット終了後、制作の止まった際には、フリーのスタッフに対し手当金をつけている。スタッフを自宅で入浴させることもあった。うしおそうじ フレッシュアイペディアより)

  • 笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル

    笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャルから見た江木俊夫江木俊夫

    太田光が冒頭で『白い巨塔』に対抗して「黒い巨根」と下ネタを、白い巨塔チームは苦笑い、後日東京スポーツに「太田スランプ!!ネタが浮かばない!」と掲載された。また、この回は太田の暴言が連発。いけまテンSPではダイエットした人に対し「刑務所から出所している」、大事なお客様SPにて、「我修院さんは記憶が消えちゃった」過去の失踪事件をちゃかしたネタを言ったり。擬音祭では口でコインの音のマネをしたプリンセス天功に対し、「馬鹿な引田天功」と発言、バラけまショーでは「私はアソコがかぶったのですが」と下ネタを言ったり、答えも「SMAP」→「江木俊夫」、タモリの番組→「タモリの味噌っ歯でゴメンネ」、メジャーリーガー→「パンチョ伊東」ギャグ→「坂口力」(当時)厚生大臣の頭などと答えた。笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • フィンガー5

    フィンガー5から見た江木俊夫江木俊夫

    正男と同じ建築会社で、大工の後は営業職に転属。退職した後はT.AKIRAとして、また江木俊夫・あいざき進也・狩人の高道とともに結成したs4として現在もライブ活動などの音楽活動を続けている。フィンガー5 フレッシュアイペディアより)

  • ジャニー喜多川

    ジャニー喜多川から見た江木俊夫江木俊夫

    江木俊夫『ジャニー喜多川さんを知ってますか』KKベストセラーズ、1997年7月。ジャニー喜多川 フレッシュアイペディアより)

  • 1952年の音楽

    1952年の音楽から見た江木俊夫江木俊夫

    6月4日 - 江木俊夫、俳優・歌手・タレント(フォーリーブス)1952年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 天国と地獄 (映画)

    天国と地獄 (映画)から見た江木俊夫江木俊夫

    江木俊夫(権藤の息子・純)天国と地獄 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • フォーリーブス

    フォーリーブスから見た江木俊夫江木俊夫

    グループ内での位置付けは、運動能力に優れた北公次はバック転などの華麗なアクロバットを担当してステージを彩った。またステージ上でバック転を披露した初のアイドルでもある。当時全盛を誇る渡辺プロダクションの次世代のスター育成機関であった東京音楽学院特待生でスクールメイツのメンバーでもあったほど高い歌唱力を持つ青山孝は、歌唱面と音楽面においてのリーダー的存在。フルコーラスをソロボーカルで担当したシングルA面曲(2曲)が存在するのは彼だけである。フォーリーブスの楽曲の音楽性の高さは青山に負うところが大きい。日本大学芸術学部の学生でもあった青山は、芸能活動との兼業もありソロ活動は少なかったがグループ内では北と人気を二分した。70年代後半のコンサートでは他のメンバー達からの注文に応じてアレンジやコーラスなどの譜面の書き替えも任されていた。また、ダンスも一番達者であり、NHK紅白歌合戦に出場して「急げ!若者」(1974年)「ハッピー・ピープル」(1975年)を披露した際は、ボーカルはもちろんダンスにおいてもメインの扱いであった。名子役として芸歴の長い江木俊夫と同じく子役出身で最年少のおりも政夫は、前述の二人とは対照的にグループのMC役としてトークや司会進行を担当。バラエティやコントなどでは気味の悪い怪物や道化に徹した役回りや扮装、大胆なリアクションも辞さない軽妙なコメディリリーフ部分を担っていた。江木俊夫は子役の頃から周囲の百戦錬磨のスタッフすら騙されるほどの自然な演技力を身につけていたが、ジャニー喜多川の意向もありグループ内では三枚目キャラクターを担当していた。おりも政夫はのんびりかつ飄々としたキャラクターと司会進行が持ち味。歌唱、アクロバット、演技などそれぞれが1つの長所に特化した他のメンバーと違い、どれも手堅くこなす器用な面も持つ。ピークが過ぎた1974年頃から各自の個性を生かした単独での活動も徐々に増えていった。フォーリーブス フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「江木俊夫」のニューストピックワード