前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示
  • Gメン'75

    Gメン'75から見た江波杏子江波 杏子

    津村冴子警部補:江波杏子Gメン'75 フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (2006年の映画)

    大奥 (2006年の映画)から見た江波杏子江波 杏子

    フジテレビで放送されたテレビドラマ「大奥」の集大成的な作品であるため、監督と脚本はそのままシリーズを担当した林徹と浅野妙子が担当し、テレビドラマ版に出演したキャストが多数出演した。2003年版の「大奥」からは、浅野ゆう子、鈴木砂羽、本田博太郎、原田龍二、井之上淳が、「大奥〜第一章〜」(2004年版)からは、松下由樹、高島礼子、藤田まこと、西島秀俊、山田夏海、「大奥〜華の乱〜」(2005年版)からは、谷原章介、平泉成、中山忍、徳井優、佐藤仁美、火野正平が出演した(大奥スリーアミーゴスの鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希の3人も出演した)。1983年版からも杉田かおるが出演した。1983年版及び「華の乱」にも出演した江波杏子が出演し、1983年版及び「第一章?」にも出演した梶芽衣子はナレーションを担当する。「大奥スペシャル?幕末の女たち?」及び「第一章」にも出演した園英子、星野真里や、「第一章」及び「華の乱」にも出演したかとうあつきや、「大奥」「第一章」「華の乱」とシリーズ3作に出演した木下ほうか、山田明郷、北村一輝や「大奥」「第一章」に出演した小松みゆき、紅萬子、木村多江も出演し、シリーズの集大成らしさが伺える。また、女子アナ31名が出演することも話題になった。フジテレビからは平井理央、阿部知代、遠藤玲子の現役3名と2005年12月退社の千野志麻、そしてフジテレビ系列27局から各1名ずつである。大奥 (2006年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 津軽じょんがら節

    津軽じょんがら節から見た江波杏子江波 杏子

    『津軽じょんがら節』(つがるじょんがらぶし)は、1973年の日本のドラマ映画である。斎藤耕一が監督を務め、江波杏子、織田あきら、中川三穂子が主演を務めている。津軽じょんがら節 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た江波杏子江波 杏子

    出演:今井美樹、市川染五郎、佐藤藍子、北浦共笑、江波杏子、宇津井健、吉田栄作 他2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 緋牡丹博徒シリーズ

    緋牡丹博徒シリーズから見た江波杏子江波 杏子

    当時の東映常務兼企画製作本部長・岡田茂(のち、同社社長)の企画。岡田は1964年から東映京都撮影所(以下、京撮)を俊藤浩滋と組んで任侠路線へ転換させたが1966年から江波杏子主演の大映映画『女賭博師シリーズ』を横目に「東映も女版の任侠映画をやらない手はない」と製作に着手した。第1作封切り3ヵ月前の1968年6月、岡田は鈴木則文と企画事務係だった佐藤雅夫を呼び、「女剣劇物ができないか、『女狼』というタイトルで書いてみろ。女優は藤純子」と命じ、脚本に着手させた。また「片肌脱いで刺青を見せる場面を必ず入れること」を条件につけた。途中から日下部五朗が参加し、鈴木と佐藤、日下部と三名のディスカッションによってプロットが練られた。緋牡丹博徒シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ラブコンプレックス

    ラブコンプレックスから見た江波杏子江波 杏子

    一方、男二人も裏には本当の顔があった。竜崎は真面目で知的に見えるが、仮面をはがせば、いい加減でアバウト、嘘つき。そして下半身がだらしなかった。真行寺も二枚目の外見とは裏腹に、いざとなると女性に近づけない。母親(江波杏子)に対するコンプレックスから真剣に女性と交際したことがなかった。ラブコンプレックス フレッシュアイペディアより)

  • ヤクザ映画

    ヤクザ映画から見た江波杏子江波 杏子

    東宝は、1971年にヤクザ映画を作る(製作は傍系会社の東京映画)。東映の倍以上の予算をかけ、仲代達矢主演(脇には他社では主演級の安藤・丹波・江波杏子らを揃えた)の『出所祝い』を上映するが、同時期に東映が上映した高倉の『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』の前に惨敗した。その後、東宝はヤクザ路線から撤退し、同年からは東宝が得意とする特撮映画『ゴジラシリーズ』を1975年まで制作した他、『日本沈没』や『ノストラダムスの大予言』といったパニック映画を制作した。ヤクザ映画 フレッシュアイペディアより)

  • 薔薇刑

    薔薇刑から見た江波杏子江波 杏子

    撮影場所は、おもに東京都大田区南馬込の三島邸で、その他目黒区の舞踏家土方巽の稽古場「アスベスト館」や、江東区亀戸の廃工場跡、港区青山教会跡地の建築工事現場など。協力モデルは土方巽と女優の江波杏子、土方夫人の元藤燁子。三島は自邸での撮影に際し、「家族の教育上よくない」との理由により、瑤子夫人と長女の紀子(当時2歳)を、文京区目白台にある夫人の実家に里帰りさせていた。そして家族の写真は一切撮影を許さなかったという。薔薇刑 フレッシュアイペディアより)

  • 大奥 (フジテレビの時代劇)

    大奥 (フジテレビの時代劇)から見た江波杏子江波 杏子

    2005年10月13日から12月22日まで放送。12月30日に「金曜エンタテイメント」でスペシャルが放映され、綱吉が館林藩主だったころのエピソードが描かれた。前作に引き続き、木曜劇場枠での放映となった。主演は内山理名。他に藤原紀香、小池栄子、高岡早紀、江波杏子ら。キャッチコピーは「見るは天国、入るは地獄。」大奥 (フジテレビの時代劇) フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た江波杏子江波 杏子

    長谷川一夫、三益愛子、京マチ子、船越英二、根上淳、菅原謙二、市川雷蔵、山本富士子、若尾文子、川口浩、勝新太郎、田宮二郎、本郷功次郎、江波杏子、安田道代(現・大楠道代)スター・システム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
95件中 1 - 10件表示