95件中 11 - 20件表示
  • 江波和子

    江波和子から見た江波杏子江波 杏子

    江波 和子(えなみ かずこ、1920年1月24日 - 1947年)は日本の女優である。福岡県久留米市出身。女優の江波杏子は娘。江波和子 フレッシュアイペディアより)

  • ブランド (テレビドラマ)

    ブランド (テレビドラマ)から見た江波杏子江波 杏子

    日向遥子(52) - 江波杏子 ブランド (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤米二郎

    斉藤米二郎から見た江波杏子江波 杏子

    1967年(昭和42年)、日ソ合作映画『小さい逃亡者』(衣笠貞之助監督)を企画。この映画でソ連の映画人との交流を深める。江波杏子主演の『女賭博師』(弓削太郎監督)を企画、江波の代表作となり、以後『女賭博師シリーズ』としてシリーズ化され、シリーズ作品すべての企画を担当。斉藤米二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 不毛地帯 (テレビドラマ)

    不毛地帯 (テレビドラマ)から見た江波杏子江波 杏子

    里井勝枝(里井達也の妻) - 江波杏子不毛地帯 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤泰

    加藤泰から見た江波杏子江波 杏子

    その創作活動は1967年から1970年にピークを迎え、藤純子主演の『緋牡丹博徒シリーズ』では、シリーズ中屈指の傑作である『緋牡丹博徒 お竜参上』など3本を監督し、安藤昇を主演に迎え『男の顔は履歴書』や『懲役十八年』などのアクション映画を成功させ、大映の任侠スターだった江波杏子を東映に迎えて一種異様な怨念に彩られた復讐物語『昭和おんな博徒』を手掛けた、更に野村芳太郎、山田洋次ら松竹の映画監督たちとの交流から、佐藤允が復讐の連続殺人鬼を演じる異色サスペンス『みな殺しの霊歌』を監督した。加藤泰 フレッシュアイペディアより)

  • 炎加世子

    炎加世子から見た江波杏子江波 杏子

    1960年(昭和35年)に松竹大船撮影所の社員監督大島渚にスカウトされ、同年8月9日に公開された映画『』で、満19歳にして初主演・映画デビューを果たす、とされるが、同年3月15日に東映が配給して公開された東映東京撮影所製作、小沢茂弘監督の映画『ずべ公天使』 に小さな役ですでに映画出演はしている。以降、同年中に篠田正浩監督の『乾いた湖』、田村孟監督の『悪人志願』(主演)などの6作に出演、強烈な印象を残す。郷鍈治、加山雄三、松方弘樹、江波杏子、三上真一郎、佐々木功、橋幸夫、森山加代子、星由里子らとともに、新進女優として注目される。炎加世子 フレッシュアイペディアより)

  • 川、いつか海へ 6つの愛の物語

    川、いつか海へ 6つの愛の物語から見た江波杏子江波 杏子

    増田エミ(6):江波杏子川、いつか海へ 6つの愛の物語 フレッシュアイペディアより)

  • 黒シリーズ

    黒シリーズから見た江波杏子江波 杏子

    出演:宇津井健、藤由紀子、高松英郎、江波杏子、三島雅夫、浜村純、早川雄三、他黒シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 高崎電気館

    高崎電気館から見た江波杏子江波 杏子

    1966年12月には鉄筋コンクリート造地下1階・地上4階の現在の建物を新築。群馬県唯一の大映の直営館として、高崎大映電気館に名称を変更した。座席数は473席に縮小されたが、高い天井高やスタジアム形式の座席の配置などが話題となった。移転時の開館公演は勝新太郎主演の『酔いどれ波止場』と田宮二郎主演の『出獄の盃』の二本立てであり、江波杏子や宇津井健らが記念式典に来場している。ビルの1階には小料理屋などのテナントが、地階にはダンスホールのあるキャバレーが入居した。『ガメラ』シリーズ(1965年-)や『大魔神』シリーズ(1966年)などは子どもたちに特に人気を博し、深夜から客が並んだという。高崎電気館 フレッシュアイペディアより)

  • 三条魔子

    三条魔子から見た江波杏子江波 杏子

    歌手としてはあまり目立った活躍は出来ず、同年に女優へ再転向。芸名も元に戻し、江波杏子主演の「女賭博師シリーズ」の「三匹の女賭博師」で復帰するが、1971年(昭和46年)、大映の倒産とともに芸能界を引退。三条魔子 フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示