前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示
  • 江波杏子

    江波杏子から見た東宝

    曾祖父は、最後に沖田総司を匿った植木職人の柴田平五郎。母・江波和子は戦前に東宝で活躍した映画女優。子供の頃はシャイで自意識が強く、本ばかり読んでいた子だったという。小学生の頃にキャロル・リード監督の『落ちた偶像』を観たのがきっかけで、本人曰く「現実逃避的に」女優になろうと思ったことや、また幼い頃に亡くなった母の仕事を継ぎたい一心で中学生の頃から女優を志し、1959年に大映に入社。ニューフェイスのオーディション時、まだ16歳の宝仙学園高等学校在学中の高校生だった彼女は年齢を1歳上にサバを読み、母親が女優だったことは言わなかった。江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た松本清張

    火曜サスペンス劇場 / 松本清張作家活動40年記念特別企画「けものみち」(1991年、NTV) - 正木米子江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た松竹

    再会(1975年、松竹) - 村田葉子江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見たテレビ朝日

    江戸の鷹 御用部屋犯科帖 第4話「大江戸の暗黒を斬る!」(1978年、ANB / 三船プロ)江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た若尾文子

    長く助演が続いたが、負傷した若尾文子に代わり主演した1966年の『女の賭場』で出演本数58本目にして初の主役の座を獲得。女賭博師ぶりがうまくハマり、「昇り竜のお銀」として親しまれた(1971年の『新女賭博師・壺ぐれ肌』まで、全17本が制作された)。新幹線の中でヤクザに「姐さん、きょう西成(釜ヶ崎)で賭場が開いてます」と言われたほどの当たり役となった。江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た萩本欽一

    欽ちゃんファミリー時代劇スペシャル / 俺たちの熱い風(1984年、NTV)江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た川内康範

    作詞:川内和子 / 作曲:森川登 / 編曲:森川登江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た佐藤純彌

    作詞:佐藤純弥 / 作曲:菊池俊輔 / 編曲:菊池俊輔江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見た日本テレビ放送網

    太陽にほえろ! 第34話「想い出だけが残った」(1973年、NTV / 東宝) - 三浦加代子江波杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 江波杏子

    江波杏子から見たライオン (企業)

    LION「香りとデオドラントのソフラン アロマリッチ」(2014年)江波杏子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
189件中 1 - 10件表示

「江波杏子」のニューストピックワード