前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • 維新の党

    維新の党から見た江田憲司江田憲司

    しかし2015年11月、旧結いの党代表江田憲司(橋下は2014年12月に共同代表辞任)から代表を引き継いだ松野頼久率いる執行部に反発したグループがおおさか維新の会を、また同年12月に松野執行部にもおおさか維新にもつかない議員5人が改革結集の会を、それぞれ結成して離脱。維新の党 フレッシュアイペディアより)

  • 民進党

    民進党から見た江田憲司江田憲司

    「民進党」という党名について、発案者の江田憲司は「読んで字のごとく、『民』とともに『進む』政党。国民の立場に立って政治を進めていく意味を込めた。『進』という字は進化、進歩という言葉があるように、改革を前進させていくという意味も込めた」と説明した。民進党 フレッシュアイペディアより)

  • 藤巻幸大

    藤巻幸大から見た江田憲司江田憲司

    2010年7月にはみんなの党から第22回参議院議員通常選挙に出馬、落選するが、2012年12月に第46回衆議院議員総選挙立候補により、当選者が退職(自動的に失職)したことにより参議院議員へ繰り上げ当選。参議院では国土交通委員会委員となり、ビジットジャパンの施策や日本の「デザイン戦略」を提唱、「クールジャパン」を売り込む活動にも関わった。2013年12月に江田憲司らと共に結いの党結党に参加するが、直後にすい炎を患い入院。藤巻幸大 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た江田憲司江田憲司

    7日 - みんなの党が両院議員総会を開き、幹事長江田憲司を解任し、後任に政調会長浅尾慶一郎、浅尾の後任に参院国対委員長水野賢一をそれぞれ任命。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 第3次安倍内閣 (第1次改造)

    第3次安倍内閣 (第1次改造)から見た江田憲司江田憲司

    2015年は消費の低迷が続いており、9月から11月までの3ヶ月連続で1世帯あたりの消費支出が対前年比で減少した。主要五大紙で消費税の影響についての言及は行われていないが、産業競争力会議のメンバーである竹中平蔵は、「2012年の民主党政権の時の政策そのものが間違っている。当時の野党だった自民党政権がそれに賛成してしまった」と消費税について批判した。野党の間では消費増税の先送り議論がすでに活発化しており、おおさか維新の会は1月18日に増税延期方針を参院選の公約に盛り込む考えを表明。また、維新の党も江田憲司が「(消費税再増税の凍結で一致しない場合)参院選前の新党もあきらめざるを得ない」と民主党との合流構想断念を示唆した。民主党の一部にも増税反対の意見があるが、朝日新聞はこの動きを「増税をやめて財政再建の道筋をどう描くのか」と批判した。海外ではウォールストリートジャーナルが行き詰まりの原因について「第二の矢である財政出動は財務省の圧力を受けた」「第三の矢に盛り込まれた女性の雇用推進などの構造改革は、短期的効果を意図したものではない」「(消費税率引き上げで)個人消費が冷え込み、倹約ムードが広がった」といった見方を示し、フィナンシャルタイムズのは「消費増税はなすべきことの真逆になる」「最初のステップは核心にある問題、すなわち民間需要の不足という問題を認識することだ」と指摘した。第3次安倍内閣 (第1次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た江田憲司江田憲司

    みんなの党渡辺喜美代表、同党両院議員総会で、自身と対立していた江田憲司幹事長を更迭、浅尾慶一郎政調会長を後任とする。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た江田憲司江田憲司

    郵政問題に絡む自民党からの離党者などを除く無所属議員は3名(江田憲司・田中眞紀子・徳田毅)となり、死票を増やすデメリットと引き換えに安定政権を創出しやすい(わずかな世論の変化が大きな議席数変動をうながす)小選挙区制度の功罪が改めて浮き彫りとなった。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 落合貴之

    落合貴之から見た江田憲司江田憲司

    東京都世田谷区生まれ。世田谷区立駒沢小学校、世田谷区立駒沢中学校、國學院高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。大学卒業後、三井住友銀行に入行。その後、江田憲司衆議院議員、松田公太参議院議員の公設第一秘書を務めた。落合貴之 フレッシュアイペディアより)

  • 創新会

    創新会から見た江田憲司江田憲司

    民進党結党に際して維新の党から合流した国会議員26人(第24回参議院議員通常選挙後は23人)で形成された旧維新の党グループから、2016年9月の代表選で江田憲司ら主流派が蓮舫を支持したことなどに反発した松野頼久ら非主流派が分離し、2017年4月6日に旗揚げしたグループである。「創新会」の名称は、「新しい政治を創る」という意味を込めて命名され、3月30日に発表された。創新会 フレッシュアイペディアより)

  • 江田グループ

    江田グループから見た江田憲司江田憲司

    民進党結党に際して維新の党から合流した国会議員26人(第24回参議院議員通常選挙後は23人)の集まりとして発足し、2016年8月3日に旧維新の党グループとして政策グループ化した。9月の代表選後、蓮舫を支持した江田憲司ら主流派と蓮舫以外を支持した松野頼久ら非主流派が対立して活動を停止したが、2017年3月14日に江田ら13人がグループを再出発させ、4月6日に松野らが新グループ「創新会」を旗揚げして分裂したため、その後は旧結いの党出身者が中心となる。また、再出発に際しては、「原発ゼロ基本法案」の策定などに積極的に取り組む方針を確認し、今後毎週火曜日に定例会を開くこととなった。江田グループ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「江田憲司」のニューストピックワード