前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示
  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た江田憲司江田憲司

    郵政問題に絡む自民党からの離党者などを除く無所属議員は3名(江田憲司・田中眞紀子・徳田毅)となり、死票を増やすデメリットと引き換えに安定政権を創出しやすい(わずかな世論の変化が大きな議席数変動をうながす)小選挙区制度の功罪が改めて浮き彫りとなった。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのTVタックル

    ビートたけしのTVタックルから見た江田憲司江田憲司

    江田憲司(衆議院議員、元橋本総理大臣補佐官)ビートたけしのTVタックル フレッシュアイペディアより)

  • 江田けんじ

    江田けんじから見た江田憲司江田憲司

    江田けんじ フレッシュアイペディアより)

  • 道正邦彦

    道正邦彦から見た江田憲司江田憲司

    2010年2月、みんなの党、江田憲司議員の国会質問で90歳の元官僚が未だに公益法人の会長を務めていると取り上げられたことをきっかけとして引退した。道正邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年日本の補欠選挙

    2002年日本の補欠選挙から見た江田憲司江田憲司

    当選者:江田憲司(無所属)2002年日本の補欠選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 官僚国家日本を変える元官僚の会

    官僚国家日本を変える元官僚の会から見た江田憲司江田憲司

    代表幹事 - 江田憲司(通商産業省脱藩・国会議員)官僚国家日本を変える元官僚の会 フレッシュアイペディアより)

  • 国民運動体 日本の夜明け

    国民運動体 日本の夜明けから見た江田憲司江田憲司

    当初は衆議院議員の渡辺喜美・江田憲司らを中心メンバーとして2009年2月に設立された政治団体であった。2009年1月、自由民主党を離党した渡辺と無所属の江田に加え、PHP総合研究所社長の江口克彦や評論家の屋山太郎らが参集し、同団体の発足が発表された。同年2月、渡辺、江田、江口、屋山らに加え、参加を表明した首長らが集まり、発足式が開かれた。発足当初は団体名は未定となっており「国民運動体」(こくみんうんどうたい)の仮称を使用していた。公募による選定を経て、同年5月11日に「国民運動体 日本の夜明け」と命名された。設立時には公職選挙法、政治資金規正法、政党助成法などに規定される政党としての要件を満たしておらず、政治団体として発足した。国民運動体 日本の夜明け フレッシュアイペディアより)

  • 無党派

    無党派から見た江田憲司江田憲司

    政策をまったく異にする候補者がひと括りにされることも多い(例えば、川田悦子と江田憲司、橋本大二郎・田中康夫と東国原英夫・石原慎太郎・中田宏など)。無党派 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年消費税増税法案

    2012年消費税増税法案から見た江田憲司江田憲司

    浅尾慶一郎((比)南関東)、江田憲司((比)神奈川8)、柿沢未途((比)東京)、山内康一((比)北関東)、渡辺喜美(栃木3)2012年消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

  • 消費税増税法案

    消費税増税法案から見た江田憲司江田憲司

    浅尾慶一郎((比)南関東)、江田憲司((比)神奈川8)、柿沢未途((比)東京)、山内康一((比)北関東)、渡辺喜美(栃木3)消費税増税法案 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
53件中 1 - 10件表示

「江田憲司」のニューストピックワード