53件中 21 - 30件表示
  • 小泉旋風

    小泉旋風から見た江田けんじ江田憲司

    選挙の結果、大都市部で自民党が圧倒的勝利を収めた(逆1区現象)。例えば、東京都の小選挙区では東京18区の前民主党代表菅直人以外の民主党候補がすべて与党候補に敗れ、千葉県の小選挙区では千葉県第4区の野田佳彦以外の民主党候補がすべて与党候補に敗れ、神奈川県の小選挙区では民主党の議席がゼロという極端な数字になった(神奈川県第8区で自民・民主双方から距離を取っていた江田けんじが当選したため、神奈川県与党独占は阻止されている)。小泉旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 西野智彦

    西野智彦から見た江田憲司江田憲司

    『改革政権が壊れるとき』(江田憲司との共著、日経BP)西野智彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪維新の会

    大阪維新の会から見た江田憲司江田憲司

    野田佳彦首相による「近いうち」解散が囁かれはじめた2012年夏以降になると、国政進出を睨んだ動きが具体的に出てきている。2012年9月8日、公明党との国政での連携も視野に、衆院選での公明党の公認全9区への擁立見送りを決めた。 その一方、地方組織などが弱いみんなの党は切り崩されており、3人の「維新」への合流を余儀なくされている。 これに関して、みんなの党側は「党対党の関係」(江田憲司幹事長)での合流を求めていたのに対して、維新の側は「議員個人が参加する」よう求めているとされ、現に2012年9月12日、みんなの党とは無関係に日本維新の会がすでに結成されている。さらに、中京維新に対しても「日本維新の傘下なら」と明言しており、「みんなの党に、大阪維新の会も全て吸収するような話でした」という自身の説明とは逆の離合集散が起きている。2012年9月17日には、次期衆院選でみんなの党と競合する小選挙区にも公認候補を擁立する方針を固めており、「基本政策が一致している以上、次の段階としては選挙協力や連携の話をするのが自然だ(江田憲司談)」とみられていたみんなの党とは組まず、TPPや憲法9条の扱いなどで維新八策と意見の隔たりがある公明党とは組む形となった。大阪維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 田中秀征

    田中秀征から見た江田憲司江田憲司

    2008年5月5日の『朝日新聞』朝刊では橋本大二郎元高知県知事(橋本龍太郎の異母弟)、江田憲司衆議院議員の2人に助言していると報じられた。その15ヶ月後に江田が初代幹事長として結成したみんなの党を支援している。同党の参院議員候補松田公太や、さきがけ結成メンバー井出正一の甥・井出庸生を熱心に指導。田中秀征 フレッシュアイペディアより)

  • 第171回国会

    第171回国会から見た江田憲司江田憲司

    前国会で野党提出の衆議院解散要求決議案に賛成して、自民党から勧告処分を受けていた渡辺喜美元行政改革担当大臣が今国会でも首相批判を展開、1月13日に渡りの斡旋禁止などを求めた意見書の受理を拒否されたことを理由に自民党を離党。無所属で活動していた江田憲司と共に政治団体「国民運動体 日本の夜明け」を立ち上げた。第171回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺喜美

    渡辺喜美から見た江田憲司江田憲司

    2009年1月9日、国家公務員のワタリ斡旋に関する公開質問状を、事前のアポイントを取らずに首相官邸に持参するが、首相秘書官から公開質問状の受け取りを拒否された。1月13日、自民党に離党届を提出、2月11日「国民運動体」を発足させ、5月1日に団体名を「国民運動体 日本の夜明け」に改める。この組織を母体に、総選挙前の8月8日にみんなの党を結党。無所属の江田憲司に加え、自民党離党組の山内康一、広津素子、民主党を離党した浅尾慶一郎が参加し、所属国会議員5名を集めて政党要件を満たした。渡辺喜美 フレッシュアイペディアより)

  • 岩國哲人

    岩國哲人から見た江田憲司江田憲司

    2003年の第43回衆議院議員総選挙では神奈川県第8区に国替えして出馬し、無所属の江田憲司(元橋本龍太郎首相秘書官)、自由民主党の吉田たかよしらを破り、当選。2005年の第44回衆議院議員総選挙では江田に敗れたが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、4選を果たした。2006年、民主党国際局長に就任。岩國哲人 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県立岡山操山中学校・高等学校

    岡山県立岡山操山中学校・高等学校から見た江田憲司江田憲司

    江田憲司(通産官僚、衆議院議員)岡山県立岡山操山中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中田宏

    中田宏から見た江田憲司江田憲司

    2000年の第42回衆議院議員総選挙では、民主党の支援を受けて神奈川8区から出馬。自民党が擁立した、橋本龍太郎首相の首席秘書官を務めた新人の江田憲司を破り、3選。翌2001年、森喜朗首相の辞任を受けて行われた首班指名選挙では、会派「民主党・無所属クラブ」の所属ながら、鳩山由紀夫民主党代表ではなく同じ神奈川県選出の小泉純一郎自由民主党総裁に投票。この行動が菅直人民主党幹事長の逆鱗に触れ、会派から除名された。以後、2002年に議員辞職するまでは無所属で活動する。中田宏 フレッシュアイペディアより)

  • 島田検定!! 国民的潜在能力テスト

    島田検定!! 国民的潜在能力テストから見た江田憲司江田憲司

    江田けんじ - 第1回:2時間SP同点優勝島田検定!! 国民的潜在能力テスト フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「江田憲司」のニューストピックワード