前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た小沢一郎

    2006年9月、2007年9月に行われた首班指名選挙では投票者(江田自身)の名前だけを書き、被投票者の氏名を書かず無効票を投じた(それぞれ選出されたのは安倍晋三、福田康夫)。いずれの指名選挙でも、全衆議院議員で唯一の白票を投じている。2008年の指名選挙では過去2回の首班指名選挙で白票を投じたのとは違い、第一野党党首である小沢一郎民主党代表に投票した(後述)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た小泉純一郎

    いかなる政党・会派にも属さない完全無所属の立場を取り、野党の動向に関わらず、政府案に賛成をすることも反対することもあった。2005年の衆議院選挙で郵政民営化が有権者の支持を得たことを理由に、首班指名選挙では小泉純一郎を支持し、翌10月に採決された郵政民営化法案に賛成票を投じた。2006年3月2日の本会議では一般会計予算案に賛成票を投じた。2009年には「みんなの党」に参加し、無所属生活に終止符を打った。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た渡辺喜美

    2009年1月、自民党を離党した渡辺喜美と共に政治団体「国民運動体」を結成。5月に「国民運動体 日本の夜明け」へ改称し、渡辺と共にパートナー(共同代表)へ就任。同年8月の第45回衆議院議員総選挙に際して「みんなの党」を結党し、「パートナー(党務)」(幹事長に相当)に就任した。総選挙では再選され、9月に役員名称の変更で幹事長となった。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た幻冬舎

    『財務省のマインドコントロール』幻冬舎2012年3月 ISBN 4344021584江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た工業技術院

    1979年に大学を卒業し通商産業省入省。大臣官房、生活産業局、資源エネルギー庁などを経て、1987年-1988年ハーバード大学国際問題研究所研究員として在米。帰国後は、工業技術院、産業政策局総務課長補佐、通商政策局経済協力室長を歴任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た新潮社

    『誰のせいで改革を失うのか』新潮社1999年12月江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たみんなの党

    江田 憲司(えだ けんじ、1956年4月28日 - )は日本の政治家。衆議院議員(4期)。通商産業大臣秘書官、内閣総理大臣秘書官、みんなの党幹事長などを歴任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た通商産業省

    1979年に大学を卒業し通商産業省入省。大臣官房、生活産業局、資源エネルギー庁などを経て、1987年-1988年ハーバード大学国際問題研究所研究員として在米。帰国後は、工業技術院、産業政策局総務課長補佐、通商政策局経済協力室長を歴任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た岡山市

    岡山県岡山市出身。1979年東京大学法学部卒業。大学在学中は合コンや麻雀などに明け暮れ、後年「英語の勉強とか、一つでもいいから本気で打ち込んだものがあったら」との後悔を述べている。大学在学中に公務員試験及び旧司法試験の第二次試験択一式試験及び論文式試験に合格。翌1979年旧司法試験に最終合格した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たハーバード大学

    1979年に大学を卒業し通商産業省入省。大臣官房、生活産業局、資源エネルギー庁などを経て、1987年-1988年ハーバード大学国際問題研究所研究員として在米。帰国後は、工業技術院、産業政策局総務課長補佐、通商政策局経済協力室長を歴任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「江田憲司」のニューストピックワード