78件中 31 - 40件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た日経BP

    (西野智彦)『改革政権が壊れるとき』 日経BP ISBN 4822242471江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た文藝春秋

    (龍崎孝)『首相官邸』 文藝春秋 ISBN 4166602225江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第43回衆議院議員総選挙

    2002年10月27日、第42回衆議院議員補欠選挙に神奈川県第8区から立候補して初当選。2003年の第43回衆議院議員総選挙に神奈川県第8区から無所属で立候補して落選。2005年の第44回衆議院議員総選挙で神奈川県第8区から無所属で立候補して当選。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たテロ対策特別措置法

    2007年8月の『朝まで生テレビ!』の番組内におけるテロ対策特別措置法延長問題に関する議論で、自身が調査した米軍のホームページに掲載された資料を提示し、アフガニスタンの米軍に給油されていたと思われていた自衛隊の燃料が、実際にはイラク派遣の米軍の後方支援に当てられていたことを明らかにし、視聴者から大きな反響が寄せられた(この件に関して米海軍は否定している)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た民主党代表

    2006年9月、2007年9月に行われた首班指名選挙では投票者(江田自身)の名前だけを書き、被投票者の氏名を書かず無効票を投じた(それぞれ選出されたのは安倍晋三、福田康夫)。いずれの指名選挙でも、全衆議院議員で唯一の白票を投じている。2008年の指名選挙では過去2回の首班指名選挙で白票を投じたのとは違い、第一野党党首である小沢一郎民主党代表に投票した(後述)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第44回衆議院議員総選挙

    2002年10月27日、第42回衆議院議員補欠選挙に神奈川県第8区から立候補して初当選。2003年の第43回衆議院議員総選挙に神奈川県第8区から無所属で立候補して落選。2005年の第44回衆議院議員総選挙で神奈川県第8区から無所属で立候補して当選。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た東京大学法学部

    岡山県岡山市出身。1979年東京大学法学部卒業。大学在学中は合コンや麻雀などに明け暮れ、後年「英語の勉強とか、一つでもいいから本気で打ち込んだものがあったら」との後悔を述べている。大学在学中に公務員試験及び旧司法試験の第二次試験択一式試験及び論文式試験に合格。翌1979年旧司法試験に最終合格した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第42回衆議院議員総選挙

    2000年6月25日の第42回衆議院議員総選挙で衆議院神奈川県第8区から自民党公認で出馬したが、落選。その後、自民党を離党し、テレビ番組のコメンテーターなどをしながら無所属で政治活動を続けた。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第45回衆議院議員総選挙

    2009年1月、自民党を離党した渡辺喜美と共に政治団体「国民運動体」を結成。5月に「国民運動体 日本の夜明け」へ改称し、渡辺と共にパートナー(共同代表)へ就任。同年8月の第45回衆議院議員総選挙に際して「みんなの党」を結党し、「パートナー(党務)」(幹事長に相当)に就任した。総選挙では再選され、9月に役員名称の変更で幹事長となった。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た旧司法試験

    岡山県岡山市出身。1979年東京大学法学部卒業。大学在学中は合コンや麻雀などに明け暮れ、後年「英語の勉強とか、一つでもいいから本気で打ち込んだものがあったら」との後悔を述べている。大学在学中に公務員試験及び旧司法試験の第二次試験択一式試験及び論文式試験に合格。翌1979年旧司法試験に最終合格した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「江田憲司」のニューストピックワード