78件中 41 - 50件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た岡山県

    岡山県岡山市出身。1979年東京大学法学部卒業。大学在学中は合コンや麻雀などに明け暮れ、後年「英語の勉強とか、一つでもいいから本気で打ち込んだものがあったら」との後悔を述べている。大学在学中に公務員試験及び旧司法試験の第二次試験択一式試験及び論文式試験に合格。翌1979年旧司法試験に最終合格した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たワイドショー

    他、ワイドショーのコメンテーターやバラエティ番組など。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た衆議院議員

    江田 憲司(えだ けんじ、1956年4月28日 - )は日本の政治家。衆議院議員(4期)。通商産業大臣秘書官、内閣総理大臣秘書官、みんなの党幹事長などを歴任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た神奈川県第8区

    2000年6月25日の第42回衆議院議員総選挙で衆議院神奈川県第8区から自民党公認で出馬したが、落選。その後、自民党を離党し、テレビ番組のコメンテーターなどをしながら無所属で政治活動を続けた。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た秘書官

    村山内閣当時の通商産業大臣秘書官事務取扱として橋本龍太郎に仕えたことがきっかけとなり、橋本内閣では橋本の政務担当内閣総理大臣秘書官(首席秘書官)に現役官僚から当時39歳で異例の抜擢を受け、メディアは“官邸の森蘭丸”と報道した。橋本の下で中央省庁再編や金融改革等、重要案件の調整に当たった。橋本内閣総辞職と同時に退官。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た経済企画庁長官

    2008年9月に発足した麻生内閣に対して、自身の公式サイトで「今日から、一日も早い麻生政権打倒に向けて行動を起こそうと思う。なぜなら、麻生政権が続く限り、日本の将来はないと考えるからだ」と意思表明した。その理由として、麻生が第2次橋本内閣でマクロ経済上の影響を判断する責任者の経済企画庁長官を務めていながら、総裁選で「橋本政権で13兆円の目論み違いがあった。ここから学習しないのは愚かだ」と発言したことや、麻生の部下だった大来洋一が麻生は「万事、よきにはからえ」だったと証言していること、麻生セメントや麻生病院を立て直したのは麻生の弟であり、麻生が会社を辞した時に父・太賀吉が「太郎が早く会社をやめてくれてよかった」と話したことなどを挙げ、麻生が日本を90年代の「失われた10年」に引き戻す危険性が極めて高いと批判した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た公務員試験

    岡山県岡山市出身。1979年東京大学法学部卒業。大学在学中は合コンや麻雀などに明け暮れ、後年「英語の勉強とか、一つでもいいから本気で打ち込んだものがあったら」との後悔を述べている。大学在学中に公務員試験及び旧司法試験の第二次試験択一式試験及び論文式試験に合格。翌1979年旧司法試験に最終合格した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た桐蔭横浜大学

    2001年 桐蔭横浜大学客員教授就任(政治学-統治構造論、行政改革)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たバラエティ番組

    他、ワイドショーのコメンテーターやバラエティ番組など。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た岡山県立岡山操山中学校・高等学校

    1975年 岡山県立岡山操山高等学校卒業、東京大学教養学部文科1類入学。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示

「江田憲司」のニューストピックワード