104件中 61 - 70件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た経済産業大臣

    通産省では大臣官房総務課、生活産業局、資源エネルギー庁等で勤務した。1987年から1年間、アメリカ合衆国ハーバード大学国際問題研究所に留学。通産省に復帰後、1990年から首相官邸に出向して海部内閣・宮澤内閣の下で内閣副参事官を務め、首相の施政方針演説の下書きを担当していた。1992年より再び通産省に復帰し、産業政策局総務課長補佐、経済協力室長を経て、1994年の村山内閣発足により橋本龍太郎通商産業大臣事務秘書官。1996年、橋本内閣発足により内閣総理大臣秘書官(政務担当)に起用され、行財政改革等の構造改革(いわゆる橋本行革)推進の旗振り役を務める。1998年、橋本首相の退陣により通産省へは戻らず、そのまま退官した。退官後はハワイで過ごす。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た江田グループ

    2016年3月27日、民主党・維新の党の合流により結党した民進党に参加。結党にあたり、代表代行への就任を打診され、「新党結成を実現させた松野氏が就任すべきだ」として固辞したが、松野が江田を推薦したため、民進党代表代行に就任。2017年3月14日、旧維新の党系議員ら13人で民進党内に新たなグループ(江田グループ)を発足させた。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た衆議院解散

    2014年11月9日、消費税率の10%への引き上げを先送りする方針を決定した安倍晋三首相に対し、「これまでの方針の大転換だから、やはり国民に信を問うべきだ」と述べ、衆議院の解散による総選挙の必要性を主張した。一方で、同年11月21日の衆議院解散後には「何のための解散なのか、国民そっちのけ解散では?」と、安倍首相による衆議院の解散を批判した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たハワイ

    通産省では大臣官房総務課、生活産業局、資源エネルギー庁等で勤務した。1987年から1年間、アメリカ合衆国ハーバード大学国際問題研究所に留学。通産省に復帰後、1990年から首相官邸に出向して海部内閣・宮澤内閣の下で内閣副参事官を務め、首相の施政方針演説の下書きを担当していた。1992年より再び通産省に復帰し、産業政策局総務課長補佐、経済協力室長を経て、1994年の村山内閣発足により橋本龍太郎通商産業大臣事務秘書官。1996年、橋本内閣発足により内閣総理大臣秘書官(政務担当)に起用され、行財政改革等の構造改革(いわゆる橋本行革)推進の旗振り役を務める。1998年、橋本首相の退陣により通産省へは戻らず、そのまま退官した。退官後はハワイで過ごす。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た大阪市特別区設置住民投票

    2015年5月17日、維新の党が最大の政治課題に掲げてきた大阪都構想が大阪市特別区設置住民投票で否決され、党最高顧問の橋下徹大阪市長は市長任期を満了したうえでの政界引退を表明。江田も責任を取り、維新の党代表を辞任。5月19日の両院議員総会で、後任に松野頼久幹事長が選出された。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た環境権

    日本国憲法の改正に賛成だが、日本国憲法第9条の改正には反対。緊急事態条項の創設には賛成であり、自民党が打ち出した、憲法改正論議において環境権、財政規律条項、緊急事態条項の3項目について優先的に議論する方針については「国民的な合意が得やすいところからやっていこうというのは一つのやり方だ」と述べ、理解を示した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第48回衆議院議員総選挙

    10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙に際し、前原誠司民進党代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明したが、江田は希望の党や立憲民主党への合流を見送り、無所属での立候補を表明。神奈川8区では、自民党前職で現職の内閣府副大臣だった福田峰之(比例復活)が衆院解散直前の9月25日に離党届を提出し、希望の党公認で東京5区に国替えして出馬したため、自民党はかつてみんなの党で江田の同僚だった元職の三谷英弘を神奈川8区で擁立した(なお、三谷は福田が国替えした東京5区からの立候補経験がある)。江田は12年ぶりに無所属で神奈川8区から出馬し、三谷らを破り6選を果たした。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た桐蔭横浜大学

    2000年、神奈川2区選出の衆議院議員だった菅義偉の勧めもあり、第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川8区から出馬したが、無所属の会前職の中田宏に惨敗。2001年4月より桐蔭横浜大学客員教授、日本環境財団理事を務める。2002年、中田の横浜市長選挙出馬に伴う神奈川8区補欠選挙に無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎ら4人の対立候補を大差で破り、初当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、神奈川8区で民主党前職の岩國哲人(比例東京ブロックから国替え)に2千票弱の僅差で敗れ、落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬し、民主党前職の岩國、自民党新人の福田峰之を破り、2年ぶりに国政復帰(岩國、福田はいずれも比例復活)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第43回衆議院議員総選挙

    2000年、神奈川2区選出の衆議院議員だった菅義偉の勧めもあり、第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川8区から出馬したが、無所属の会前職の中田宏に惨敗。2001年4月より桐蔭横浜大学客員教授、日本環境財団理事を務める。2002年、中田の横浜市長選挙出馬に伴う神奈川8区補欠選挙に無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎ら4人の対立候補を大差で破り、初当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、神奈川8区で民主党前職の岩國哲人(比例東京ブロックから国替え)に2千票弱の僅差で敗れ、落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬し、民主党前職の岩國、自民党新人の福田峰之を破り、2年ぶりに国政復帰(岩國、福田はいずれも比例復活)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た2002年日本の補欠選挙

    2000年、神奈川2区選出の衆議院議員だった菅義偉の勧めもあり、第42回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で神奈川8区から出馬したが、無所属の会前職の中田宏に惨敗。2001年4月より桐蔭横浜大学客員教授、日本環境財団理事を務める。2002年、中田の横浜市長選挙出馬に伴う神奈川8区補欠選挙に無所属で出馬し、自民党新人の山際大志郎ら4人の対立候補を大差で破り、初当選した。2003年の第43回衆議院議員総選挙では、神奈川8区で民主党前職の岩國哲人(比例東京ブロックから国替え)に2千票弱の僅差で敗れ、落選した。2005年の第44回衆議院議員総選挙に神奈川8区から無所属で出馬し、民主党前職の岩國、自民党新人の福田峰之を破り、2年ぶりに国政復帰(岩國、福田はいずれも比例復活)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「江田憲司」のニューストピックワード

  • 県内国会議員

  • 歴代首相も地元出席者あった

  • 歴代内閣でも招待基準があいまいだったのは事実。歴代内閣でも地元の方々の出席はあった