78件中 61 - 70件表示
  • 江田憲司

    江田憲司から見た第46回衆議院議員総選挙

    2012年12月16日 第46回衆議院議員総選挙にて4回目の当選。127,294票。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た内閣総理大臣秘書官

    村山内閣当時の通商産業大臣秘書官事務取扱として橋本龍太郎に仕えたことがきっかけとなり、橋本内閣では橋本の政務担当内閣総理大臣秘書官(首席秘書官)に現役官僚から当時39歳で異例の抜擢を受け、メディアは“官邸の森蘭丸”と報道した。橋本の下で中央省庁再編や金融改革等、重要案件の調整に当たった。橋本内閣総辞職と同時に退官。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たアフガニスタン

    2007年8月の『朝まで生テレビ!』の番組内におけるテロ対策特別措置法延長問題に関する議論で、自身が調査した米軍のホームページに掲載された資料を提示し、アフガニスタンの米軍に給油されていたと思われていた自衛隊の燃料が、実際にはイラク派遣の米軍の後方支援に当てられていたことを明らかにし、視聴者から大きな反響が寄せられた(この件に関して米海軍は否定している)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た朝まで生テレビ!

    2007年8月の『朝まで生テレビ!』の番組内におけるテロ対策特別措置法延長問題に関する議論で、自身が調査した米軍のホームページに掲載された資料を提示し、アフガニスタンの米軍に給油されていたと思われていた自衛隊の燃料が、実際にはイラク派遣の米軍の後方支援に当てられていたことを明らかにし、視聴者から大きな反響が寄せられた(この件に関して米海軍は否定している)。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た通商政策局

    1979年に大学を卒業し通商産業省入省。大臣官房、生活産業局、資源エネルギー庁などを経て、1987年-1988年ハーバード大学国際問題研究所研究員として在米。帰国後は、工業技術院、産業政策局総務課長補佐、通商政策局経済協力室長を歴任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見たアメリカ合衆国

    1987年 アメリカ・ハーバード大学国際問題研究所研究員。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た政治資金収支報告書

    江田自身が代表を務める政治団体「憲政研究会」の2006年度政治資金収支報告書(2007年3月23日報告)によると、2003年4月1日に横浜市青葉区内の建物を840万円で購入したと記載されている。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た官僚国家日本を変える元官僚の会

    2008年に官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)を結成して代表幹事に就任。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た奈良県警察

    入省同期に、押田努(貿易経済協力局貿易管理部長)、高橋英樹(官房政策評価審議官、奈良県警本部長)、谷みどり(経産研究所上席研究員)など。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た第2次橋本内閣

    2008年9月に発足した麻生内閣に対して、自身の公式サイトで「今日から、一日も早い麻生政権打倒に向けて行動を起こそうと思う。なぜなら、麻生政権が続く限り、日本の将来はないと考えるからだ」と意思表明した。その理由として、麻生が第2次橋本内閣でマクロ経済上の影響を判断する責任者の経済企画庁長官を務めていながら、総裁選で「橋本政権で13兆円の目論み違いがあった。ここから学習しないのは愚かだ」と発言したことや、麻生の部下だった大来洋一が麻生は「万事、よきにはからえ」だったと証言していること、麻生セメントや麻生病院を立て直したのは麻生の弟であり、麻生が会社を辞した時に父・太賀吉が「太郎が早く会社をやめてくれてよかった」と話したことなどを挙げ、麻生が日本を90年代の「失われた10年」に引き戻す危険性が極めて高いと批判した。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示

「江田憲司」のニューストピックワード