38件中 21 - 30件表示
  • 中西清起

    中西清起から見た江草仁貴江草仁貴

    現役時代の主力打者だった岡田彰布が阪神の一軍監督に就任した2004年に、一軍投手コーチとして同球団に復帰。高校の後輩・藤川球児をセットアッパーとして大成させたほか、ブルペン担当コーチとして、JFK(ウィリアムス、藤川、久保田智之)やSHE(桟原将司、橋本健太郎、江草仁貴)と称されるリリーフ投手陣の整備で大きな成果を残した。その実績を買われて、2009年からは、二軍投手コーチとしてファーム投手部門の強化に尽力した。中西清起 フレッシュアイペディアより)

  • 桟原将司

    桟原将司から見た江草仁貴江草仁貴

    は前年不調だった夏場は好調だったものの、9月以降失速し登板数は減少。しかし、9月6日には中日戦で日本プロ野球史上14度目、セントラル・リーグ史上9人目、球団史上石川緑以来2人目となる3者連続3球三振を記録。二軍では主に抑えとして21試合に登板、防御率2.29、リーグトップの12セーブを記録した。JFKに対して、橋本健太郎、江草仁貴らとあわせてSHEと命名された。千葉ロッテマリーンズと対戦した日本シリーズでは第3戦で初登板したが、福浦和也に満塁本塁打を浴びるなど打者4人に対し一死も取れずに降板。以後シリーズでの登板がなかった為、日本シリーズにおける生涯防御率は未算出のままである。桟原将司 フレッシュアイペディアより)

  • ダーウィン・クビアン

    ダーウィン・クビアンから見た江草仁貴江草仁貴

    はエステバン・ジャンとライアン・ボーグルソンの加入により、外国人登録枠の関係で二軍暮らしの期間が長かったものの、ジャンが8月に登録抹消されてからは一軍に定着。中継ぎとして渡辺亮・江草仁貴らとともにリード時・ビハインド時問わず登板、またローテーションの谷間では先発もこなすなど活躍した。しかし、この年チームが3位に終わり、先発投手陣の補強が急務とされたことや、中継ぎ中心の投手としては比較的高年俸だったことなどから戦力構想外となり、シーズンオフに自由契約となった。ダーウィン・クビアン フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た江草仁貴江草仁貴

    は同年から東北楽天ゴールデンイーグルスから中日に復帰した山崎武司とのポジション争いの結果、開幕直後は代打での出場が中心だったが、山崎の故障もあり、4月下旬からスタメンに復帰。また、応援歌コール「かっとばせ ブランコ!」は、今シーズンから「Go Go Let's Go ブランコ!」に変更された。5月には月間打率3割3分3厘、9本塁打、23打点を挙げ月間MVPを獲得した。7月8日のDeNA戦では山口俊から死球を受けた際に左手中指を骨折し登録を抹消、選手間投票で選ばれたオールスターゲームおよびファン投票で選出された本塁打競争の出場も辞退した(代わりに巨人の阿部慎之助が出場)。ブランコが不在の間、4番は和田一浩と森野将彦と山崎武司が務めた。8月28日の巨人戦で一軍復帰すると、早速連続タイムリーでチームに勝利をもたらす活躍を見せた。9月4日の対広島戦で、江草仁貴から来日初の満塁本塁打を放った。同年オフの残留交渉では、球団側は成績にかかわらず、「マネーゲームはしない」として当初から厳しい契約を示唆していた。その結果、金銭面での乖離で難航した。中日は、11月の段階でブランコの自由契約を前提とした行動をしており、11月9日には監督の高木守道が「ブランコなんて三振、三振、三振だ。落ちるボールを放っときゃいいわ!」「前に監督やった時も落合が出て行ったけど、出て行きたいヤツは出て行けばいい。去る者は追わず。無理して引き留めんでいい」と、この時点でまだ自分の部下であったブランコへの挑発的な言動を見せた。高木監督は夫人から「いらんこと言うな」とたしなめられている。11月30日に正式に保留選手名簿から外れ、自由契約公示された。中日新聞によると、金銭面以外の原因としては、この年の途中にブランコが契約した代理人との交渉が上手くいかなかっただけでなく、本人との直接交渉ができなかったこと、チーム編成のバランスを重視していた中日サイドとの乖離もあった。ちなみに、クライマックスシリーズ終了後にブランコは母国に帰国していたが名古屋市内にあった自宅は片付けられていたということから中日に残留することは既に頭の中になかったことが窺い知れる。ただし、同じく中日新聞社の中日スポーツによると、ドミニカに帰国中のブランコを取材した時は、中日の提示した待遇に満足している旨の発言をしていたといい、「義理人情に厚い男が、カネだけで動いたとは思えない。」と他の要因を示唆している。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た江草仁貴江草仁貴

    阪神球団では、狩野の引退表明を受けて、2017年9月27日のウエスタン・リーグ対広島戦(甲子園)を狩野の引退試合として開催。「4番・指名打者」としてスタメンに起用された狩野は、元・チームメイト江草仁貴の引退登板と重なった8回裏の最終打席で、江草から現役最後の安打を二塁打で記録した。さらに、自身と同じく現役引退を表明している安藤が登板した9回表2死からは、2009年の一軍開幕戦で組んだ安藤とのバッテリーが久々に実現。捕手としての公式戦出場は2011年以来6年振りであったが、広島の打者・堂林翔太からの三振によって、捕手生活に終止符を打った。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 田中大貴

    田中大貴から見た江草仁貴江草仁貴

    野球界での人脈を大切にしており、大学の先輩である高橋由伸と交友が深い。また同世代である和田、館山昌平、木佐貫洋、後藤武敏、江草仁貴らとも交友が続いており、同メンバーで2015年11月に『CSプロ野球ニュースここだけの話』で東京六大学×東都大学連盟の特番を放送した。田中大貴 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本

    1980年の日本から見た江草仁貴江草仁貴

    9月3日 - 江草仁貴、プロ野球選手1980年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 獣神ライガー

    獣神ライガーから見た江草仁貴江草仁貴

    「怒りの獣神」はプロレスラー・獣神サンダー・ライガー(デビュー時は獣神ライガー)の入場テーマ曲として、アニメ放送終了後も長きにわたって使用され続けている。また、プロ野球チーム広島東洋カープの投手・江草仁貴の登板テーマ曲として、阪神タイガース・埼玉西武ライオンズ在籍時より使われている。獣神ライガー フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た江草仁貴江草仁貴

    JFK以外で2005年の優勝に貢献したリリーフ、桟原将司 (Sajikihara)・橋本健太郎 (Hashimoto)・江草仁貴 (Egusa) の3人は、ウィリアムスによってSHEと名付けられた。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • 嶋重宣

    嶋重宣から見た江草仁貴江草仁貴

    2012年3月10日、江草仁貴との交換トレードにより埼玉西武ライオンズに移籍することが発表された。背番号は42となった。開幕からDHでスタメン出場し、3月31日にはプロ入り通算1000試合出場(史上448人目)を果たしている。嶋重宣 フレッシュアイペディアより)

38件中 21 - 30件表示

「江草仁貴」のニューストピックワード