62件中 41 - 50件表示
  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た満塁

    3月22日、広島市民球場の最後のプロ野球試合となった広島東洋カープとのオープン戦で9回裏にリリーフ登板し、同球場のマウンドに最後に立った投手となった。同年は同じ中継ぎ左腕のウィリアムスが故障で離脱する中、62試合に登板。6月26日の対横浜戦では6者連続三振の快投を演じるなど、シーズン中盤までは安定した成績を残す。ところが、8月27日の対横浜戦では2死満塁の場面で登板しながら、押し出しとなる2四球・1死球を記録。翌9月3日には、対ヤクルト戦で2点を追う8回表の1イニングを託されるも、1被安打を挟む3四球の押し出しで1失点。この前々日(9月1日)でも3四球しており、夏場以降は制球難から四死球や痛打を受ける場面が増えた。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見たWHIP

    最速148km/h、平均140km/h前半の速球と、しばしばスライダーやフォークボールと誤認されるツーシームを軸に、フォーク、スライダーを交え、投球間隔を空けずに奪三振率の高い投球をする。細かい制球力に欠ける面があり、四球や暴投が多く、防御率に比べてWHIPが高い傾向にある。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た横浜DeNAベイスターズ

    3月22日、広島市民球場の最後のプロ野球試合となった広島東洋カープとのオープン戦で9回裏にリリーフ登板し、同球場のマウンドに最後に立った投手となった。同年は同じ中継ぎ左腕のウィリアムスが故障で離脱する中、62試合に登板。6月26日の対横浜戦では6者連続三振の快投を演じるなど、シーズン中盤までは安定した成績を残す。ところが、8月27日の対横浜戦では2死満塁の場面で登板しながら、押し出しとなる2四球・1死球を記録。翌9月3日には、対ヤクルト戦で2点を追う8回表の1イニングを託されるも、1被安打を挟む3四球の押し出しで1失点。この前々日(9月1日)でも3四球しており、夏場以降は制球難から四死球や痛打を受ける場面が増えた。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た防御率

    9月21日の対巨人戦でプロ初登板。はプロ初先発も経験し、9試合と少ない登板数ながら防御率2.76を記録。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    ドラフト会議において自由枠で阪神タイガースに入団。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見たマウンド

    3月22日、広島市民球場の最後のプロ野球試合となった広島東洋カープとのオープン戦で9回裏にリリーフ登板し、同球場のマウンドに最後に立った投手となった。同年は同じ中継ぎ左腕のウィリアムスが故障で離脱する中、62試合に登板。6月26日の対横浜戦では6者連続三振の快投を演じるなど、シーズン中盤までは安定した成績を残す。ところが、8月27日の対横浜戦では2死満塁の場面で登板しながら、押し出しとなる2四球・1死球を記録。翌9月3日には、対ヤクルト戦で2点を追う8回表の1イニングを託されるも、1被安打を挟む3四球の押し出しで1失点。この前々日(9月1日)でも3四球しており、夏場以降は制球難から四死球や痛打を受ける場面が増えた。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た福山市

    1980年に広島県福山市で生まれる。盈進高等学校から一般入試で専修大学に進学。3年時までは登板機会に恵まれなかったが、4年春の東都大学野球連盟2部リーグで5勝0敗の成績を残してMVPを獲得し、1部昇格の原動力となった。2部リーグ通算5勝0敗、1部リーグ通算1勝3敗。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た野手

    は同じ左腕の井川慶が移籍したこともあり先発でスタートする予定だったが、最初の先発登板となるはずだった試合が雨で流れ、以降中継ぎでの登板になった。シーズン当初からビハインド時、同点時、リード時、JFKへのつなぎ役で50試合に登板して5勝0敗、防御率1.95を記録した。しかし、同年オフの契約更改では推定700万円(約27%)のアップを提示され保留、メディアに対し「3年間頑張ったら上がると聞いていて、今年が3年目。もうちょっと評価して欲しい」「誰とは言わないが野手でポンと上がっている選手がいる」とコメントするなど、リリーフ投手に対する球団の査定方法に疑問を呈した。最終的には3度目の交渉で合意。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た盈進中学校・盈進高等学校

    1980年に広島県福山市で生まれる。盈進高等学校から一般入試で専修大学に進学。3年時までは登板機会に恵まれなかったが、4年春の東都大学野球連盟2部リーグで5勝0敗の成績を残してMVPを獲得し、1部昇格の原動力となった。2部リーグ通算5勝0敗、1部リーグ通算1勝3敗。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見たプロ野球選手

    江草 仁貴(えぐさ ひろたか、1980年9月3日 - )は、広島東洋カープに所属するプロ野球選手(投手)。妻はバレーボール日本代表の竹下佳江。マネジメント契約先はスポーツビズ。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「江草仁貴」のニューストピックワード