1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示
  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年のNPBドラフト会議で、自由枠制度によって阪神タイガースから指名。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た死球

    3月22日、広島市民球場の最後のプロ野球試合となった広島とのオープン戦で9回裏にリリーフ登板し、同球場のマウンドに最後に立った投手となった。同年は同じ中継ぎ左腕のウィリアムスが故障で離脱する中、62試合に登板。6月26日の対横浜戦では6者連続三振の快投を演じるなど、シーズン中盤までは安定した成績を残す。ところが、8月27日の対横浜戦では2死満塁の場面で登板しながら、押し出しとなる2四球・1死球を記録。9月3日には、対ヤクルト戦で2点を追う8回表の1イニングを託されるも、1被安打を挟む3四球の押し出しで1失点。この前々日(9月1日)でも3四球しており、夏場以降は制球難から四死球や痛打を受ける場面が増えた。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た経営管理論

    江草 仁貴(えぐさ ひろたか、1980年9月3日 - )は広島県福山市出身の元プロ野球選手(投手)。妻は元バレーボール日本代表で、女子バレーボールクラブチーム・ヴィクトリーナ姫路監督の竹下佳江。マネジメント契約先はスポーツビズ。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見たマウンド

    3月22日、広島市民球場の最後のプロ野球試合となった広島とのオープン戦で9回裏にリリーフ登板し、同球場のマウンドに最後に立った投手となった。同年は同じ中継ぎ左腕のウィリアムスが故障で離脱する中、62試合に登板。6月26日の対横浜戦では6者連続三振の快投を演じるなど、シーズン中盤までは安定した成績を残す。ところが、8月27日の対横浜戦では2死満塁の場面で登板しながら、押し出しとなる2四球・1死球を記録。9月3日には、対ヤクルト戦で2点を追う8回表の1イニングを託されるも、1被安打を挟む3四球の押し出しで1失点。この前々日(9月1日)でも3四球しており、夏場以降は制球難から四死球や痛打を受ける場面が増えた。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た先発投手

    より先発投手に転向。神宮球場での開幕3戦目、8回終了時点で9対0と圧倒。99球を投じて被安打4という完封ペースだったが、WBCへ参戦しながら無登板で調整の遅れていた抑えの久保田智之に調整登板させたい首脳陣の意向もあって、8回限りで降板した。同月3度目の先発となった16日の対広島戦では初完封の機会が巡ってきたものの、9回表に力尽きて2失点、味方打線は相手先発の黒田博樹から1点のみと援護にも恵まれなかったため、このシーズン唯一の完投ながら敗戦投手となっている。先発投手を6人で回すチーム事情もあって日曜日の試合に登板することが多く、「サンデー江草」と呼ばれた。また捕手との相性の関係で、主に浅井良とバッテリーを組んだ。4月こそ5登板で3勝と好調だったが、5月以降は5月27日の5勝目を最後に勝ち星から遠ざかった。6月下旬に久保田が右手骨折で離脱したことに伴い、シーズン途中から中継ぎに再転向した。しかし再転向後も精彩を欠き、登板機会が減った。同年12月1日に婚姻届を提出。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た札幌ドーム

    初勝利:2005年5月6日、対北海道日本ハムファイターズ1回戦(札幌ドーム)、7回裏2死から救援登板、1/3回無失点江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た埼玉県

    3月10日に、嶋重宣との交換トレードで広島東洋カープへ移籍。阪神を離れてから1年足らずで、セントラル・リーグ加盟の球団に戻った。背番号は29。江草は広島県出身、嶋は西武の本拠地がある埼玉県の出身であることから、このトレードによって2人とも地元の球団へ初めて籍を置くことになった。貴重な中継ぎ左腕として26試合に登板、直球の球速も140km/h台半ばまで回復するも、防御率は4.43と不安定さが残った。8月11日、ロンドンオリンピックでバレーボール全日本女子が銅メダルを獲得した直後、全日本にメンバーとして選ばれていた竹下佳江と江草が結婚していたことが報道された。8月24日に竹下と連名で、3月24日に入籍していたことを公表した。江草にとっては再婚になる。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た如水館

    1980年に広島県福山市で生まれる。1998年の盈進高等学校3年の夏にはエースとして同高校の全国高等学校野球選手権広島大会準々決勝進出の原動力に。準々決勝の如水館戦でも好投するが0-1で敗れる。盈進高等学校から一般入試で専修大学に進学。3年時までは登板機会に恵まれなかったが、4年春の東都大学野球連盟2部リーグで5勝0敗の成績を残してMVPを獲得し、1部昇格の原動力となった。2部リーグ通算5勝0敗、1部リーグ通算1勝3敗。江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示

「江草仁貴」のニューストピックワード