25件中 11 - 20件表示
  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た世界室内陸上競技選手権大会

    2010年、3月ドーハで開催された世界室内選手権60mでは準決勝7着となった。6月6日の第94回日本選手権100m決勝では10秒26の記録で塚原を抑えて連覇を果たした。9月の第79回日本インカレ100mで優勝し、吉岡隆徳以来77年ぶり2人目となる同種目大会4連覇を飾った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た100メートル競走

    鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝。2007年に早稲田大学入学、1年目から日本インカレ100mで優勝を果たすなど活躍を見せた。その後故障に見舞われた時期があり、オリンピックへ出場はしていない。大学3年に進級した後、2009年6月28日の第93回日本選手権男子100m決勝で、10秒14のタイムで初優勝を飾った。この結果、世界選手権の代表に選出された。また、同日行われた同レースの準決勝で、日本歴代4位となる10秒07をマークした。8月の世界選手権では100mで2次予選に進出し8着、4×100mリレーには塚原直貴、高平慎士、藤光謙司と出場し4位に入った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た2009年世界陸上競技選手権大会

    江里口 匡史(えりぐち まさし、1988年12月17日 - )は、日本の陸上競技選手で、専門は短距離。熊本県菊池市出身。熊本県立鹿本高等学校、早稲田大学スポーツ科学部卒業。大阪ガス所属。世界陸上競技選手権大会ベルリン大会男子短距離日本代表。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た日本学生陸上競技対校選手権大会

    鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝。2007年に早稲田大学入学、1年目から日本インカレ100mで優勝を果たすなど活躍を見せた。その後故障に見舞われた時期があり、オリンピックへ出場はしていない。大学3年に進級した後、2009年6月28日の第93回日本選手権男子100m決勝で、10秒14のタイムで初優勝を飾った。この結果、世界選手権の代表に選出された。また、同日行われた同レースの準決勝で、日本歴代4位となる10秒07をマークした。8月の世界選手権では100mで2次予選に進出し8着、4×100mリレーには塚原直貴、高平慎士、藤光謙司と出場し4位に入った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た短距離走

    江里口 匡史(えりぐち まさし、1988年12月17日 - )は、日本の陸上競技選手で、専門は短距離。熊本県菊池市出身。熊本県立鹿本高等学校、早稲田大学スポーツ科学部卒業。大阪ガス所属。世界陸上競技選手権大会ベルリン大会男子短距離日本代表。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た400メートルリレー走

    鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝。2007年に早稲田大学入学、1年目から日本インカレ100mで優勝を果たすなど活躍を見せた。その後故障に見舞われた時期があり、オリンピックへ出場はしていない。大学3年に進級した後、2009年6月28日の第93回日本選手権男子100m決勝で、10秒14のタイムで初優勝を飾った。この結果、世界選手権の代表に選出された。また、同日行われた同レースの準決勝で、日本歴代4位となる10秒07をマークした。8月の世界選手権では100mで2次予選に進出し8着、4×100mリレーには塚原直貴、高平慎士、藤光謙司と出場し4位に入った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た60メートル競走

    2010年、3月ドーハで開催された世界室内選手権60mでは準決勝7着となった。6月6日の第94回日本選手権100m決勝では10秒26の記録で塚原を抑えて連覇を果たした。9月の第79回日本インカレ100mで優勝し、吉岡隆徳以来77年ぶり2人目となる同種目大会4連覇を飾った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た第61回国民体育大会

    鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝。2007年に早稲田大学入学、1年目から日本インカレ100mで優勝を果たすなど活躍を見せた。その後故障に見舞われた時期があり、オリンピックへ出場はしていない。大学3年に進級した後、2009年6月28日の第93回日本選手権男子100m決勝で、10秒14のタイムで初優勝を飾った。この結果、世界選手権の代表に選出された。また、同日行われた同レースの準決勝で、日本歴代4位となる10秒07をマークした。8月の世界選手権では100mで2次予選に進出し8着、4×100mリレーには塚原直貴、高平慎士、藤光謙司と出場し4位に入った。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た第96回日本陸上競技選手権大会

    2011年、大阪ガスに入社。指導を仰ぐ朝原宣治コーチによると自己管理 とプラス思考 を長所とする選手であり、織田記念・静岡国際に出場する中で足首のケガを原因とする調整の遅れが伝えられていたが、6月の第95回日本選手権100mでは貫禄を見せて大会3連覇を飾った。10月、山口国体でロンドンオリンピック派遣標準記録Aを上回る10秒14の記録で優勝。2012年6月9日、日本選手権100mで4連覇を達成し、ロンドンオリンピック出場が決定した。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

  • 江里口匡史

    江里口匡史から見た日本

    江里口 匡史(えりぐち まさし、1988年12月17日 - )は、日本の陸上競技選手で、専門は短距離。熊本県菊池市出身。熊本県立鹿本高等学校、早稲田大学スポーツ科学部卒業。大阪ガス所属。世界陸上競技選手権大会ベルリン大会男子短距離日本代表。江里口匡史 フレッシュアイペディアより)

25件中 11 - 20件表示

「江里口匡史」のニューストピックワード