前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • シャーロック ホームズ (人形劇)

    シャーロック ホームズ (人形劇)から見た池松壮亮池松 壮亮

    また声優選びに関しては、少年といってもひとくせあるキャラクターで、それなりの演技力を必要とするため、山寺宏一にオファーを出した。山寺は、自身の年齢から15歳の役は無理と伝えたため、まずオーディションを行い、何通りかの声を試してみた。その時、三谷が出した「人の目を見てしゃべれない少年のイメージ」の条件に、山寺の声が合致し、彼がホームズの声を担当することになった。また、三谷は山寺について「ナイーブで、繊細で、当然少年という役を、ナイーブでも少年でもない人が演じて、あれだけぴったりはまるのはすごい」と言っている。ちなみに、ホームズ、ワトソン、そしてモリアーティを演じる山寺、高木渉、江原正士は、『新・三銃士』でそれぞれ三銃士のアトス、ポルトス、アラミスの声を担当している。その他にも『新・三銃士』で主人公・ダルタニアンの声を担当した池松壮亮はステイプルトン役、ミレディの声を担当した戸田恵子はクライン役、アンヌ王妃の声を担当した瀬戸カトリーヌはサザーランド役でゲスト出演している。シャーロック ホームズ (人形劇) フレッシュアイペディアより)

  • 信さん

    信さんから見た池松壮亮池松 壮亮

    『信さん・炭坑町のセレナーデ』(しんさん・たんこうまちのセレナーデ)のタイトルで2010年11月27日公開。撮影は2008年の秋に福岡県をはじめとする九州の各地でオールロケが行われ、その後しばらく公開予定は未定だったが、2010年5月15日に福岡で、全国に先がけ先行公開されることが決定した。原作者、監督、俳優、エキストラと多くの福岡県出身者が参加している。小雪と池松壮亮は映画『ラストサムライ』以来の親子役共演となる。信さん フレッシュアイペディアより)

  • MOZU

    MOZUから見た池松壮亮池松 壮亮

    演 - 池松壮亮(少年期 - 佐藤瑠生亮)MOZU フレッシュアイペディアより)

  • 半分の月がのぼる空

    半分の月がのぼる空から見た池松壮亮池松 壮亮

    2010年4月3日全国公開。監督・深川栄洋、主演・池松壮亮により実写映画化。半分の月がのぼる空 フレッシュアイペディアより)

  • この世で俺/僕だけ

    この世で俺/僕だけから見た池松壮亮池松 壮亮

    『ドラマスペシャル「この世で俺/僕だけ」TV版』(このよでおれぼくだけ テレビばん)は、2013年3月31日の14:00 - 16:00(JST)に、BSジャパンで放送されたテレビドラマの特別番組である。主演はマキタスポーツ、池松壮亮この世で俺/僕だけ フレッシュアイペディアより)

  • 連続人形活劇 新・三銃士

    連続人形活劇 新・三銃士から見た池松壮亮池松 壮亮

    登場人物の数に比べて声優の数が7人と少ないのは、歴代の人形劇と同じように少人数でやったほうがひとつの劇団のようなアットホームな雰囲気が出て良いだろう、という三谷幸喜の意向である。また、先に声優陣の台詞を収録して、その声に合わせて人形の操演を撮影するプレスコ技法が採用されている。声優のキャスティングは池松壮亮や貫地谷しほりといった本業が声優でない若手俳優も起用されており、これらの点は歴代の人形劇に共通している。連続人形活劇 新・三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • 長澤まさみ

    長澤まさみから見た池松壮亮池松 壮亮

    「カルピスウォーター」(2005年 - 2008年、2011年) (2007年度は池松壮亮、2008年度は事務所の後輩でもある朝倉あき、2011年度は川島海荷と共演)長澤まさみ フレッシュアイペディアより)

  • デスノート (映画)

    デスノート (映画)から見た池松壮亮池松 壮亮

    2016年10月29日公開。監督は佐藤信介。主演は東出昌大・池松壮亮・ 菅田将暉。デスノート (映画) フレッシュアイペディアより)

  • バンクーバーの朝日

    バンクーバーの朝日から見た池松壮亮池松 壮亮

    KAT-TUNの亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮など、実際に野球経験のある俳優を起用して撮影が行われた。バンクーバーの朝日 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくたちの家族

    ぼくたちの家族から見た池松壮亮池松 壮亮

    描かれているのがどこにでもある普通の家族で、自分の家族を振り返って誰もが共感できる家族ドラマになっていることが映画館スタッフなどの間で高評価を得た他、作家のあさのあつこは「単純な言葉では決して言い表せない不思議な情動に駆られた。何度でも見たくなる映画である。」、スタジオジブリの映画プロデューサーである鈴木敏夫は「絶望は希望の始まりということを教えてくれる作品。大傑作!」と評価。映画評論家の宇田川幸洋は、「母親の病気発覚を機に家族がまとまっていく話と言えなくはないが、単純な美談ではなく、闘病記である以上に多額の借金をめぐる金の話が作品にリアリティを与え、おもしろくしている。」と述べた。リリー・フランキーは「妻夫木聡演じる引きこもりの過去をもつ浩介の笑顔でリアリティを感じたし、俊平を演じていた池松壮亮は人間と子犬との中間のような独特な空気感が素晴らしく、彼は天才だ。」と、作品だけはなく俳優陣についても称賛した。原作者の早見和真は「自らが小説で訴えたかったことを100%汲み取ってくれた映画になっていて、小説家として幸せ。間違いなく素晴らしい映画だ。」と監督に感謝のコメントを述べている。その他にも有川浩、よしもとばなな、市村正親ら著名人も絶賛のコメントを寄せている。ぼくたちの家族 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「池松壮亮」のニューストピックワード