沖縄のできごと ニュース&Wiki etc.

沖縄県(おきなわけん)は日本で最も西に位置する県であり、沖縄本島・宮古島・石垣島など多くの島々から構成される。県庁所在地は那覇市。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「沖縄県」のつながり調べ

  • 源空寺 (宜野湾市)

    源空寺 (宜野湾市)から見た沖縄県

    源空寺(げんくうじ)は沖縄県宜野湾市にある浄土宗の寺院。山号は高台山。所在地は宜野湾市嘉数1-4-17。(源空寺 (宜野湾市) フレッシュアイペディアより)

  • ヒルギダマシ

    ヒルギダマシから見た沖縄県

    成木で高さ10m程度となる常緑高木だが、生息地北限となる沖縄では高さ数mの低木となる。同じマングローブ植物のハマザクロと同じく、干潟の泥の中に放射状に広く水平に根を張り、高さ数cm程度の柔らかい筍根と呼ばれる呼吸根を、土壌表面より垂直に突き出すのが大きな特徴となる。この呼吸根は二次肥大成長をしないため、マヤプシギと比較してなめらかで弾力性に富む。また根には葉緑素を持つ。葉は卵状からへら状、太被針状とバラエティに富み、革質で、対生する。葉には本種のもう一つの大きな特徴として塩類腺がある。塩類腺は、常に海水に曝される本種の塩分の排出機構であり、葉の表面・裏面に存在するため、代謝が活発で気温が高い夏季などには、塩類腺から排出された塩分が結晶化しているのを観察できることがある。雌雄異株。花期は夏で、葉腋または枝先に集散花序をつけ、5mm程度の大きさの黄色ないし橙色の花を数個咲かす。蜜腺は花弁自体に細かい突起状の分泌腺として存在する。果実は2cm程度の楕円形で表面に細かい毛が生え、灰白色に熟す。海水に浮くため、海流に流されることで分布域を広げる。(ヒルギダマシ フレッシュアイペディアより)

「沖縄県」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「沖縄のできごと」
地図情報

「沖縄のできごと」のニューストピックワード