420件中 11 - 20件表示
  • 沖縄県

    沖縄県から見た沖縄セルラー電話

    電気通信事業者では、携帯電話のauのサービスを提供する地域会社として沖縄セルラー電話がある。この会社は沖縄県の経済振興を目的として設立された企業であることから、同社の過半数株式を所有するKDDIだけでなく、地元企業の沖縄電力のほか県内の財界人・有力企業も出資している。沖縄県独自のサービスも展開していることもあり、県内では他県では市場占有率が首位のNTTドコモを抑えている(2005年(平成17年)現在の市場占有率は49%)。なお、同社は政治的な配慮によりドミナント規制対象外だったが、のちにau本体(KDDI)が対象となっている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たウィルコム

    また、アステルグループのPHSサービスを提供していた沖縄電力グループの旧アステル沖縄を引継ぎ、2005年(平成17年)1月25日に事業を開始したウィルコム沖縄(本州などでPHSサービスを提供するウィルコム(旧DDIポケット)の子会社)がある。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たゆうちょ銀行

    金融機関は、店舗数では県内の地方銀行のほか郵便局(ゆうちょ銀行)やJAバンク(JAおきなわ)が圧倒的である。都市銀行についてはみずほ銀行那覇支店が店舗として唯一存在するほか、三菱東京UFJ銀行が那覇市に法人営業所を設置しているのみである。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たRKB毎日放送

    沖縄本島北部・先島諸島および大東諸島では夜間?早朝を中心に近隣国の混信をまともに受けやすいため、FM電波を使って中継放送が行われている。沖縄本島周辺では夜間のみ関東から九州にかけてのラジオ局が受信できるほか、本島北部の一部では昼間でもRKB毎日放送・南日本放送が受信できる。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たテレビ東京

    大東諸島では長らく県内のテレビ放送が受信できなかったため、アナログ放送では関東広域圏を放送対象とするテレビ局のうち日本テレビ・テレビ東京を除く各局の放送を、小笠原諸島向けに送信されている衛星回線を使用し中継していた(このほか、NHK衛星第1・NHK衛星第2テレビも地上波で中継)。なお、県内の話題については電話回線を利用した字幕情報が必要に応じて挿入されていた。その後、2011年(平成23年)初頭から敷設工事が進められた海底光ケーブルで送られてくる信号で沖縄本土からのテレビ放送波を送ることができるようになり、同年7月のNHK沖縄放送局・民放各局のデジタル中継局の開局によって、RBCは本島のテレビ放送開始から51年、OTVは本島の開局から52年、QABは本島の開局から16年でようやく視聴可能になった(詳細は大東諸島を参照)。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たテレビ朝日

    なお、琉球朝日放送(QAB)は大東諸島だけでなく、先島諸島でもかつてアナログ放送での受信は不可能であったが、宮古島および石垣島ではケーブルテレビの自主放送によりテレビ朝日の番組を時差放送していた。2009年(平成21年)10月21日、デジタル新局としてQABの中継局が設置され、本島の開局から14年でようやく視聴可能になった。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た沖縄電力

    電気通信事業者では、携帯電話のauのサービスを提供する地域会社として沖縄セルラー電話がある。この会社は沖縄県の経済振興を目的として設立された企業であることから、同社の過半数株式を所有するKDDIだけでなく、地元企業の沖縄電力のほか県内の財界人・有力企業も出資している。沖縄県独自のサービスも展開していることもあり、県内では他県では市場占有率が首位のNTTドコモを抑えている(2005年(平成17年)現在の市場占有率は49%)。なお、同社は政治的な配慮によりドミナント規制対象外だったが、のちにau本体(KDDI)が対象となっている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た梅雨

    2005年(平成17年)から2007年(平成19年)各年の6月に梅雨前線の影響で大雨と雷が沖縄本島を襲い、各地で冠水、土砂崩れ、崖崩れ等が相次いだ。平年値では年間を通じて降水量が多いが、梅雨と台風による降雨が多いこと、年による変動が大きいこと、大きな河川がなくすぐに海に流出してしまうことなどから、気候・地形的に水不足に陥りやすい。また、1946年に約51万人だった人口が、本土復帰の1972年(昭和47年)に約96万人と増加し、需給関係から1990年代前半までしばしば水不足による断水が行われた。特に1981-1982年の渇水では日本最長の326日間にわたって給水制限が実施された。そのため、屋根の上などに給水タンクを設置している家が多い。しかし、沖縄本島北部から南部への導水が進み、また1997年(平成9年)に気候に左右されず安定して水の供給が可能な海水淡水化施設が北谷町に完成し、2005年(平成17年)に県人口が約136万人と増加したものの、断水に見舞われることは減った。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た在日米軍

    2010年度の国勢調査結果より前回の2005年度と比較して、沖縄県の人口は2.3%増加し、都道府県別で全国第4位の人口増加率となった。国立社会保障・人口問題研究所は、2025年に143万3千人まで増加すると予測している。2010年の自然増加率は人口千人あたり5.0人増と全国最高であるが、社会増加率は各年により増減が変動する。また2010年度の合計特殊出生率は1.87人と1975年度以来連続で全国1位を維持している。年齢構成に関しては、14歳以下の人口(年少人口)の割合が17.8%と全都道府県で最も高く、また65歳以上の人口(老年人口)は17.4%と最も低い。老年人口割合が20%以下の都道府県は本県のみで、年少人口が老年人口を上回った唯一の都道府県である。粗死亡率は男女ともに全国で最も低いが、年齢調整死亡率は全国平均に近く、特に成人男性は全国3位以上の年齢調整死亡率となっている。沖縄県在住の外国人は、国籍別で2010年現在アメリカ(米軍とその関係者は含まれない。)が最も多いが、中国・韓国籍の外国人も増加傾向にある。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た与那国島

    日本列島の南、南西諸島の内琉球諸島を占める地域である。南西諸島のうち、屋久島、種子島、トカラ列島、奄美群島は鹿児島県に所属する。それより南で大東諸島や尖閣諸島まで含む。気候は大部分の地域で亜熱帯に属し、宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島・波照間島・沖大東島などでは最寒月平均気温が18°C以上の熱帯に属する。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

420件中 11 - 20件表示

「沖縄のできごと」のニューストピックワード