600件中 21 - 30件表示
  • 沖縄県

    沖縄県から見た鹿児島銀行

    金融機関は、店舗数では県内の地方銀行のほか郵便局(ゆうちょ銀行)やJAバンク(JAおきなわ)が圧倒的である。都市銀行については、みずほ銀行那覇支店のみが存在する。県外の地方銀行は鹿児島銀行の沖縄支店が2015年になって設置された。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た太平洋戦争

    琉球王国成立以前から日本本土の影響を受けつつ、中国大陸や東アジアの文化も受け入れ、混ざり合う文化を築き上げてきた。また太平洋戦争後から沖縄返還に至るまで、長期間米軍に統治されていたため、アメリカ合衆国の文化も多岐にわたって浸透している。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た梅雨

    2005年(平成17年)から2007年(平成19年)各年の6月に梅雨前線の影響で大雨と雷が沖縄本島を襲い、各地で冠水、土砂崩れ、崖崩れ等が相次いだ。平年値では年間を通じて降水量が多いが、梅雨と台風による降雨が多いこと、年による変動が大きいこと、大きな河川がなくすぐに海に流出してしまうことなどから、気候・地形的に水不足に陥りやすい。また、1946年に約51万人だった人口が、本土復帰の1972年(昭和47年)に約96万人と増加し、需給関係から1990年代前半までしばしば水不足による断水が行われた。特に1981-1982年の渇水では日本最長の326日間にわたって給水制限が実施された。そのため、屋根の上などに給水タンクを設置している家が多い。しかし、沖縄本島北部から南部への導水が進み、また1997年(平成9年)に気候に左右されず安定して水の供給が可能な海水淡水化施設が北谷町に完成し、2005年(平成17年)に県人口が約136万人と増加したものの、断水に見舞われることは減った。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た尚円王

    同地にはかつて三山を統一した尚巴志により建国された琉球王国が存在し、明国や清国に朝貢し冊封を受けていた。1469年、首里城でクーデターが起き、家臣の金丸(後に尚円王と号す)が王位を簒奪する。1609年(慶長14年)に薩摩藩の侵攻を受け尚寧王は降伏し、当時王国の領土であった奄美群島は薩摩藩に割譲、王府は薩摩藩の影響下におかれた(琉球侵攻)。以来、琉球王国は日本側の薩摩藩と清国に『両属』する曖昧な国際的地位となっていたが、鎖国体制下の両国の中継貿易地としての役割を担い、交易を通じて独自の文化を保っていた。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た海上保安庁

    国土地理院、海上保安庁によると、沖縄県は363の島から成っている。49の有人島と多数の無人島からなり、0.01km2以上の面積を有する島は160島存在する。最東端から最西端までは約1,000km、最北端から最南端までは約400kmと、広大な県域を持つ。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た与那国島

    同県与那国島は日本最西端の領土であり、八重山郡与那国町は日本の最西端の地方自治体である。また正確な日本の東西南北の最端部の中で唯一自由に訪れることができる場所である。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た那覇市

    沖縄県(おきなわけん)は日本で最も西に位置する県であり、沖縄本島・宮古島・石垣島など多くの島々から構成される。県庁所在地は那覇市沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た大阪市

    県庁所在地である那覇市の半径1,000km圏内には九州島全域や下関市、上海、福州や台湾島全域が含まれ、1,500km圏内には大阪、南京、ソウル、平壌、マニラ、香港などが位置する。2000km圏内には東京、仙台、北京、瀋陽、海南省海口市、長春、ウラジオストク等が存在し、2500km圏内には稚内、成都、重慶、ハノイ、グアム、北マリアナ諸島、パラオが収まるなど、まさに東アジア・東南アジアと日本との接点とも言える位置にある。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た沖縄自動車道

    ガソリン税(本土より1リットル当たり7円引き)や、沖縄自動車道の通行料金(本土より約4割引)などが軽減されている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た台風

    2005年(平成17年)から2007年(平成19年)各年の6月に梅雨前線の影響で大雨と雷が沖縄本島を襲い、各地で冠水、土砂崩れ、崖崩れ等が相次いだ。平年値では年間を通じて降水量が多いが、梅雨と台風による降雨が多いこと、年による変動が大きいこと、大きな河川がなくすぐに海に流出してしまうことなどから、気候・地形的に水不足に陥りやすい。また、1946年に約51万人だった人口が、本土復帰の1972年(昭和47年)に約96万人と増加し、需給関係から1990年代前半までしばしば水不足による断水が行われた。特に1981-1982年の渇水では日本最長の326日間にわたって給水制限が実施された。そのため、屋根の上などに給水タンクを設置している家が多い。しかし、沖縄本島北部から南部への導水が進み、また1997年(平成9年)に気候に左右されず安定して水の供給が可能な海水淡水化施設が北谷町に完成し、2005年(平成17年)に県人口が約136万人と増加したものの、断水に見舞われることは減った。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

600件中 21 - 30件表示

「沖縄のできごと」のニューストピックワード