420件中 31 - 40件表示
  • 沖縄県

    沖縄県から見た2009年

    2009年(平成21年)度の県内総生産は3兆7211億円である。一人あたり県民所得は204万5000円(全国平均の73%)であり、高知県に次いで全都道府県中下から2番目である。また失業率は日本一高い。産業別人口の割合では、全国平均と比べて加工業を主とした第二次産業の比率が日本一低く、サービス業を主とする第三次産業の割合が東京都に次いで2番目に高いという特徴がある。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たオリオンビール

    酒税の軽減措置がある(→泡盛、オリオンビール参照)。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た東恩納寛惇

    「おきなわ」という地名の由来は、「沖あいの漁場」を意味する「おき(沖)な(魚)は(場)」を由来とする説(伊波普猷)と、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」を由来とする説(東恩納寛惇)とがあるが、いずれも定説には至っていない。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た三条実美

    琉球処分のさい、明治政府内では「琉球県」の名称も検討された。これは1879年(明治12年)、琉球藩を廃して沖縄県が設置される際に俎上に上っていたものである。内務卿の伊藤博文から太政大臣の三条実美に提出した同年3月1日付の琉球処分に関する文章には「琉球藩ヲ廃シ、更ニ琉球県ヲ被置候、此旨布告候事但県庁ハ首里ニ被置候事」とあり、琉球県の名称が使われていたが採用には至らなかった。この間の経緯は不明であるが、中国語由来の琉球に対し、沖縄は琉球語(沖縄方言)の「うちなー」由来の名称であり、こちらのほうがより日本帰属の意思が明確になるため選ばれたと考えられる。用語としての「沖縄」は元々は沖縄本島を指す言葉であったが、沖縄県設置により鹿児島県奄美群島を除く琉球諸島が沖縄と呼ばれるようになり、より広義に解釈されるようにもなった。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た伊波普猷

    「おきなわ」という地名の由来は、「沖あいの漁場」を意味する「おき(沖)な(魚)は(場)」を由来とする説(伊波普猷)と、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」を由来とする説(東恩納寛惇)とがあるが、いずれも定説には至っていない。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たマンゴー

    日本唯一の熱帯・亜熱帯性気候を生かし、マンゴー、アセロラ、パイン、ドラゴンフルーツ等のトロピカルフルーツや、サトウキビ、タバコ、ゴーヤー(ニガウリ)といった農作物が生産されている。また、マグロ、ブリやクルマエビの養殖も盛んである。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た四国

    古来より日本本土とは同族と認識されてきたが、地理的・歴史的・文化的な経緯から琉球民族とする主張もある。人種的には先史時代から10世紀にかけて南九州から移入したとされ、分子生物学の研究でも本土と遺伝的に近いことが確かめられている。北琉球と呼ばれることもある沖縄諸島の住民は、分子生物学的(Y染色体による系統分析)にほぼ九州、本州、四国の住民と同じである。南琉球である先島諸島の住民は、Y染色体DNAの系統の1つであるO2bの純度が高く、沖縄諸島以北とはやや異なる独自の特徴を示しているが、もっとも近接するのは沖縄諸島である。(日本人を参照)沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た政策

    沖縄の名字の多くは、地名に由来する。琉球王国時代では、王族、士族らは現在の名字に相当する家名を名乗り、領地が変わるたびにそれも変化した。薩摩藩による侵攻以降、薩摩藩の政策と琉球王府の施策により、日本風の二字姓家名からいわゆる沖縄風の三文字姓に改名した家系が多い。琉球処分後、一般庶民にも姓を名乗ることが許され、また明治以降は琉球語読みの名字の多くは日本語読みに改まった。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た青木恵哉

    近代医学的なハンセン病医療の場を作る動きに、沖縄県民は激しく抵抗した。癩療養所設置を阻止するための暴動(嵐山事件)が起きたり、療養所設置を求めた青木恵哉ら患者が焼き討ちにあったりもしている。その青木らによりようやく開園にこぎつけた沖縄県立国頭愛楽園(現在の国立療養所沖縄愛楽園)は、地域社会との交流が他の療養所以上に乏しかった。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た空手道

    以前から存在していた沖縄固有の武術「手(ティー)」と、琉球王国時代に伝来した中国武術により融合して誕生したのが、唐手(からて、トゥーディー)であり、後の空手道に発展した。戦後、空手を習得したアメリカ軍人や、日本から海外へ渡った空手家により、次第に世界へと普及した。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

420件中 31 - 40件表示

「沖縄のできごと」のニューストピックワード