420件中 61 - 70件表示
  • 沖縄県

    沖縄県から見た沖縄慰霊の日

    沖縄慰霊の日 - 条例によって沖縄戦の慰霊の日と定められた沖縄県の休日。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た一級河川

    本県には国内で唯一、一級河川が存在しない。二級河川の開発は知事の要請に基づき沖縄振興特別措置法により、日本政府の直轄事業として改良・修繕工事を行っている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たソウル特別市

    県庁所在地である那覇市の1,000km圏内には台北、福岡、上海、福州、1,500km圏内には大阪、ソウル、マニラ、香港等があり、東アジア・東南アジアと日本との接点とも言える位置にある。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た猛暑日

    宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島・波照間島・沖大東島は熱帯性気候でケッペンの気候区分では熱帯雨林気候(Af)に、それ以外の地域では亜熱帯性で温暖湿潤気候(Cfa)に属する。沖縄県各地方ともに高温多湿で年間降水量は2,000mm以上で、年間平均気温は約22°Cとなっている。しかし、最高気温が35°Cを超える猛暑日になることはほとんど無い。これは、沖縄は陸地面積が狭く、周りを海に囲まれていて(海洋性気候)、また、東京や大阪のような大都市が無く、ヒートアイランド現象が起こらないためである。また沖縄は台風銀座と呼ばれており、毎年多くの台風が接近する。月別で注目すると、降水量は梅雨入りの平均期間である5月と台風が多く接近する8月に多い。また、日照時間は7月に長く、冬期の1月・2月では短い。梅雨明け頃には、夏至南風(沖縄本島ではカーチーベー、宮古・八重山周辺ではカーチーバイ)と呼ばれる秒速10m以上の南寄りの強い風が吹き、夏の到来を告げる季節風として知られている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た日本野球機構

    日本プロ野球の春季キャンプ地が沖縄県に集中しており、2011年(平成23年)は、12球団中10球団(1軍のみ)が県内でキャンプを行った。以下に主な運動公園・野球場を挙げた。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た那覇都市圏

    沖縄本島、特に那覇都市圏では渋滞が激しく、県内の1km当たりの渋滞損失額は三大都市圏の都府県に次いで大きい。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た生物

    亜熱帯で生物に好適な気候に恵まれ、貴重な動植物が多い。沖縄本島北部には山原(やんばる)と呼ばれる森林が広がっており、ノグチゲラ、ヤンバルクイナ、ヤンバルテナガコガネといった天然記念物等貴重な生物が生息している。山原と沖縄本島の海岸線の一部、慶良間諸島等が沖縄海岸国定公園に指定されている。西表島一帯および石垣島の一部が西表石垣国立公園に指定されており、マングローブ林が広がるほか、イリオモテヤマネコ等の貴重な生物が生息している。なお、環境省が指定する日本の重要湿地500のうち、54か所が沖縄県内にある。これは、北海道(61か所)に次いで日本で2番目に多い。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た民謡

    琉球王国時代に広まった琉球古典音楽は、中国に起源をもつ三線を始め、琉球舞踊や日本芸能である能、狂言等の要素を取り入れた組踊が発展し、さらに琉歌による文学的表現も確立させた。琉球処分後には庶民にも三線音楽が普及し、現在でも民謡が盛んに歌われるほか、ポピュラー系の音楽ジャンルにも影響を及ぼしている。また、エイサーは浄土宗の念仏が基となり形成された伝統芸能であり、近年では宗教色のない創作エイサーへも発展している。太平洋戦争中までは琉球競馬が盛んに行われていた。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た尚真王

    1500年 - 尚真王、八重山諸島を征服。さらに1522年には与那国島を征服し王府の支配下に置く。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た季節風

    宮古島・多良間島・石垣島・西表島・与那国島・波照間島・沖大東島は熱帯性気候でケッペンの気候区分では熱帯雨林気候(Af)に、それ以外の地域では亜熱帯性で温暖湿潤気候(Cfa)に属する。沖縄県各地方ともに高温多湿で年間降水量は2,000mm以上で、年間平均気温は約22°Cとなっている。しかし、最高気温が35°Cを超える猛暑日になることはほとんど無い。これは、沖縄は陸地面積が狭く、周りを海に囲まれていて(海洋性気候)、また、東京や大阪のような大都市が無く、ヒートアイランド現象が起こらないためである。また沖縄は台風銀座と呼ばれており、毎年多くの台風が接近する。月別で注目すると、降水量は梅雨入りの平均期間である5月と台風が多く接近する8月に多い。また、日照時間は7月に長く、冬期の1月・2月では短い。梅雨明け頃には、夏至南風(沖縄本島ではカーチーベー、宮古・八重山周辺ではカーチーバイ)と呼ばれる秒速10m以上の南寄りの強い風が吹き、夏の到来を告げる季節風として知られている。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

420件中 61 - 70件表示

「沖縄のできごと」のニューストピックワード