676件中 31 - 40件表示
  • CDMA2000 1x

    CDMA2000 1xから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    KDDIおよび沖縄セルラー電話のauブランドが提供しているEZニュースフラッシュ、EZチャンネルプラスはこの技術を用いている。CDMA2000 1x フレッシュアイペディアより)

  • Long Term Evolution

    Long Term Evolutionから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    しかし、2012年6月27日付で、上述したように、700MHz LowバンドがKDDI/沖縄セルラー電話に、700MHz MiddleバンドがNTTドコモに、700MHz Highバンドがイー・アクセスにそれぞれ割り当てし、免許を認定する方向であることが明らかになっている(3グループとも、LTE向けの帯域として利用を表明)。これを承ける形で、翌日、免許が交付された。このため、AWFバンドが日本の3つの帯域へのハーモナイズに応じるかどうかが、今後の焦点になる。その後、3GPPでは3社の帯域を包括して「バンド28」に定めた。Long Term Evolution フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクモバイル

    ソフトバンクモバイルから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    ソフトバンクの傘下になった2007年度から純増数がNTTドコモやKDDI・沖縄セルラー電話連合のau、イー・アクセスのイー・モバイルなどを抑え1位となる月が多い。そして純増数が26ヶ月連続で首位となり、翌月NTTドコモに抜かれるが再度その翌月に首位となるなど激しいシェア競争をしている。これは、端末ラインナップの増加、料金プラン「ホワイトプラン」「ホワイト家族24」などの人気が高いこと、加えて、いわゆるスパボ一括、法人向けには大規模な無料貸し出し(実質の相対無料プラン)を行っていること、iPhone・iPadの人気などが理由として挙げられる。ソフトバンクモバイル フレッシュアイペディアより)

  • 2GHz帯

    2GHz帯から見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    主に、携帯電話(NTTドコモのFOMA・Xi、ソフトバンクモバイルのSoftBank 3G・SoftBank 4G LTE、KDDI/沖縄セルラー電話(au)のCDMA 1X WIN・au 4G LTE)や、移動衛星業務などに使われている。海外での携帯電話周波数帯である2.1GHz帯(2100MHz帯、UMTSバンド1)は、日本での2GHz帯とほぼ同義であるため、UMTSローミング利用時の判断規準となる。なお、KDDI/沖縄セルラー電話が採用するCDMA2000方式の場合は、3GPP2が策定したBand Class 6の帯域に当たる。2GHz帯 フレッシュアイペディアより)

  • モバイルSuica

    モバイルSuicaから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    2006年1月28日にNTTドコモとau(KDDI、沖縄セルラー電話)の対応機種を初めにサービスを開始した。同年12月2日にソフトバンクモバイル、2009年7月5日よりウィルコムでもサービスを開始した。モバイルSuica フレッシュアイペディアより)

  • x-アプリ

    x-アプリから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    携帯電話(au(KDDI/沖縄セルラー電話)向け)x-アプリ フレッシュアイペディアより)

  • BREW

    BREWから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    日本では、2010年8月現在、KDDI、並びに沖縄セルラー電話の各au携帯電話の一部機種(2010年8月現在での例・W11H、W11K、W21H、A101K(簡単ケータイS)、A1405PT、A1406PT、A1407PT、KYY01(mamorino・KCP対応機種では唯一)、E30HT(スマートフォン)、SHI01(IS01・スマートブック)、TSI01(IS02・スマートフォン)、PT001(簡単ケータイS)、E31T(ヤマト運輸専用スマートフォン)等)を除くほとんどの機種がEZアプリ(BREW)を使用している。BREW フレッシュアイペディアより)

  • 携帯電話の絵文字

    携帯電話の絵文字から見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    なおKDDI、並びに沖縄セルラー電話の各auはiモードの絵文字に一部対応している、あるいは互換仕様になっている。携帯電話の絵文字 フレッシュアイペディアより)

  • 京セラ

    京セラから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    2012年11月現在、スマートフォンはau(KDDI・沖縄セルラー電話連合)、およびソフトバンクモバイル、ウィルコム向けに、携帯電話(フィーチャーフォン)はau向けに、PHSではウィルコム向けに端末をそれぞれ供給している。過去にツーカーやNTTドコモなどにも供給していた。日本で初めてのフルブラウザ搭載端末であるAH-K3001V(ウィルコム)やシンプル携帯電話のツーカーSは携帯電話にあまり縁のない65歳以上の高齢者層(2004年 - 2005年当時)から大きな反響を呼んだ。また京セラ製のウィルコム向け音声通話用PHS端末は「京ぽん」と呼ばれている。京セラ フレッシュアイペディアより)

  • クアルコム

    クアルコムから見た沖縄セルラー電話沖縄セルラー電話

    一時期、CDMA2000、W-CDMAに関わらず、3G携帯電話およびCDMA通信モジュールには同社のベースバンドチップセットを搭載していない場合ですら、端末本体に「QUALCOMM 3G CDMA」と表記された刻印、もしくはシールが付けられていたことがあった。これは、同社が、CDMA2000/W-CDMAの実現に必須の特許を保有しており、ライセンスの条件として、レリーフ添付およびプリント添付、シール添付などが要求されていたからである。現在はKDDI/沖縄セルラー電話の各auの2.5G(cdmaOne)/3G(CDMA 1X)/3.5G(CDMA 1X WIN)/3.9G(au 4G LTE)音声通話用端末(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)製、および韓・パンテック&キュリテル製および韓・サムスン電子製以外の海外ブランド製を除くほぼ全ての機種)および同2.5G(cdmaOne)/3G(CDMA 1X)/3.5G(CDMA 1X WIN)データ通信用端末(ほぼ全機種)、3.5G(CDMA 1X WIN)対応スマートフォン(ごく一部を除く)、3.5G(CDMA 1X WIN)対応スマートブック(ほぼ全機種)、旧・ボーダフォン(日本)時代を含むソフトバンクモバイルのスマートフォンを含む東芝製およびシャープ製3G(SoftBank 3G(旧・Vodafone 3Gを含む))音声通話用端末、NTTドコモの一部の三洋電機(大阪、現・京セラSANYOブランド)製FOMA対応音声通話用端末および東芝製スマートフォン、イー・モバイルの東芝製3G音声通話用端末の本体にロゴの刻印やシールの添付がされている。クアルコム フレッシュアイペディアより)

676件中 31 - 40件表示

「沖縄セルラー電話」のニューストピックワード